--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03.31
Wed
毎年旧暦の2月の満月の頃に、ここ屋久島永田の氏神さまのお祭り(例祭)が執り行われます。
今年は3/30でした。
妙見祭り4
前日の月。



以前から地元の神社で正式にクリスタルボウルの奉納演奏をさせて頂きたいと思っていて、
去年のお祭りの時に地元のみなさんにお伺いしていました。
お祭りが終わった後の『なおらい』お酒を飲む席で演奏して、皆さんに聞いて頂きました。
『最近のお祭りはだいぶ形骸化しているから、もっともっと盛り上げていくのがいい。』と
部落長におっしゃっていただき、今年の奉納演奏が正式に決まりました。
あれから、ちょうど一年。。
ついに私と縁の深い、『天之御中主大神神社』(あめのみなかぬしおおみかみ)で演奏を奉納させて頂きました。
ご縁についてはこちらをご覧下さい。『北海道シンクロハーモニー

妙見祭り

ここの神社のお祭りを執り行って頂くのは、いつもお世話になっている益救神社の宮司さんのお父さんです。
演奏の前に祝詞をあげて頂き、お祓いして頂きました。
当初の予定通り晴れたので、外での演奏となりました。
妙見祭り1

ここ屋久島の永田に住まわせて頂いている感謝の気持ち。
この永田を住めるようにして頂いた、ご先祖さま、地元の方々に対する感謝の気持ち。
そしてここに引き合わせてくれた、天之御中主大神への感謝の気持ちを演奏を通じて伝えました。
妙見祭り2

子どもたちも聞いてくれていたようです。
妙見祭り5


永田集落のご神山は、屋久島第二の最高峰永田岳です。
永田岳の少し下にローソク岩と言う巨岩があります。
このローソク岩に天之御中主大神が宿っているそうです。(益救神社の宮司さん談)
天之御中主大神は姿形のない、エネルギーとしての宇宙の根源的な神様です。
全国各地にローソク岩の名を持つ岩があります。
その一つに私の生まれ故郷北海道にもローソク岩があるという話を、余市出身の絵描きの友達の∀KIKOさん夫婦から聞きました。
余市の観光名所にローソク岩が鎮座しているのです。
田舎のおばあちゃんに話を聞くと、実はおばあちゃんも昔、余市に住んでいたことがあったと。
∀KIKOさん夫婦とは、ここ永田に越してきてから急速に仲良しになりました。
この土地でまた出会えたことに感謝ですね。
(∀KIKOさんは2010,5/21から永田のohana cafeで個展を開催します。オープニングでクリスタルボウルの演奏をさせて頂きます。皆さんよかったらお越し下さい。)

神様とは空間を流れる風のように感じることがあります。
その同じ風の中に吹かれている人たちが縁の深い人たち。
そして今自分がどんなエネルギーの中にいるのか。
この氏神さまのもとで、生活していることが今最も自然なことで、ただただ感謝の気持ちが膨らみます。 
幸いにもこの土地から呼んで頂き、この土地に何かを還元していかなければと思っています。
妙見祭り3
去年演奏を聴いてくれた方が『佐藤さんさえよければ今年の9月の敬老会でみんなの前で演奏してくれないか』
とおっしゃって頂きました。
実は前に嫁さんと「敬老会で演奏できたらいいね!」なんて話をしていたところだったので、気持ちが伝わったのだと思います。

他にどんな形で屋久島に還元できるのか、模索していきたいと思います。

なーや

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://kaihoya.blog53.fc2.com/tb.php/78-2cdaf6a1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。