--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03.27
Sat
私の周りにいる屋久島の女の人(男の人もいますね)は、みんな家事の名人ばかりです。

まずとにかく料理がおいしい。

移住してきた当初は、色んな友達の家に行って、食事をごちそうになるたび、そのレベルの高さに驚きました。

食べることが大好きな私は、東京にいた頃はおいしいと評判の店はあっちこっちずいぶん食べにいきました。
どのお店も確かにおいしかった。

でも、屋久島の友達の家で出てくる料理はそれよりもさらにおいしく感じました。どれもこれもオリジナリティーに溢れ、レシピを聞くと、手順も量も「適当!」という答えが多いです。

その名人級の腕は料理だけではなく、色んな方面に行き届いていて、色んな場面で「すごーい!」と思うのです。

それに比べ、私はといえば・・・

いわゆる家事は全般的に苦手。

料理も今でこそ色々作りますが、移住当初は「毎日3食作るなんて、全然無理」という感じでした。

手際が悪いので、すごく時間がかかってしまい、なおやも待ちきれず、「もう、眠いから寝るよ。」と、食事をとらずに寝てしまったこともあるくらい。
(レシピ本を見ながらつくってると、めっちゃ時間がかかります。所要時間約○○分に何度だまされたことか!)

こうなってくると、自分の境遇がとにかく悲しくて、泣きながら料理を作ったりしていました。

手際の悪さは相変わらずなので、急いでつくらなければならないときなど、今でも作りたくないなぁと思うこともしばしば。

そして料理を作りたくないなぁという心がむくむくと沸き上がってくると、それと同時にものすごい罪悪感もやってきて、こんなんじゃ、主婦失格!と自分を責めてしまっていたのです。

そしてそこから「私は家族へきちんと愛情を注いでいないのかも」「子どもがかわいいとか言って、食事つくるの嫌がってるよ、私」「母親失格!」みたいにどんどん自己嫌悪に陥って・・・
こうなってくるとどっと疲れが!

でも最近友達と話していて大きな転機が訪れました。

「ゆっくり色んなものつくるのが幸せ。」「台所に一日中立っていられるなんて夢のようだ。」「編み物とかしてると幸せがこみ上げてくる。」などなど、屋久島での日々の暮らしについて目をキラキラさせながら語ってくれました。

私は、そういうことが大好きな人ってほんとにいるんだなぁとびっくりしながら聞いていました。

そして周りにいる、いわゆる家事の達人、キングオブ主婦のような友人を一人一人思い出してみました。

そういえば、みんなそんなようなこと言ってたかも・・・
のんびり手作り生活って楽しい!って。

そばには、せっせとおままごとでお料理をしている娘のカフウがいました。

私は子どもの頃、おままごとは全く好きじゃなかったなぁ。
家事の手伝いとか、興味がなかったし。
子どもの頃、みんながこぞってお手伝いをしては「えっへん!」となっている中、一人、黙々と本を読んだり、絵を描いたりしていたな。

と、子どもの頃からこれまでの自分の食事作りをはじめ、家事全般との関わり方に思いを巡らせていたら

「なーんだ、私って、家事とか大嫌いなんだ。」という事実に行き着きました。

でも、でも・・・嫌いな割には、すごーく一生懸命やってるよなぁ。
毎日ご飯つくってるし、お菓子まで手作りしてるよ~!

「もしかして、私、すごくえらいかも!!」と思えてきたのです。

そしてこの苦手な家事に一生懸命に取り組んでいる自分の姿は、愛以外のなにものでもないと思いました。

家族、そして、誰かのためにつくる料理。
全く好きなことじゃないのに、おいしく食べて喜んでもらいたいとか、
いっぱいの旬の野菜を、なんとかあきずに毎日おいしく食べれないかと考えて色々つくったり。

家事をおっくうに感じる自分を発見すると、私はダメなやつ!って決めつけてたけど、実はすごいがんばってたよ。

家事嫌いは今に始まったことじゃなく、子どもの頃から嫌いでした。

そんな私をみてかどうか、両親は「別に結婚しなくたっていいんだよ。結婚するだけが幸せじゃないからね。」とよく言っていました。

私から見たら、母親は家業も家事も子育ても完璧です。
60歳を過ぎた今でも、1日三食、全て手作りのものが用意され、お店の帳簿や仕入れ等、家業も完璧にこなしています。家族のために一日中あれやこれやしています。

私は当然のようにそれが正しい主婦の姿だと思い込んでいました。

屋久島に来てからも完璧に家事をこなしている(ように見えます)友人たちを見て、相当自分にダメ出しをしていました。

それから両親の「結婚しなくったっていいんだよ。」の台詞。

家事全般が完璧にできなきゃ、結婚して愛ある家庭を築けないと思い込んでしまったいたのです。

今のところ、家事って嫌いでもやるしかないからやるし、でも毎回イヤなわけじゃない。
大抵は、やりだしてしまえば集中して楽しくできる。
というより、料理に関してはほとんど楽しくやっているように思います。

でも、やりたくないと思うときだってあります。
その度に私は「こら、たかえ!母親失格!妻失格!」とやたら厳しく自分を叱り飛ばしていたのです。
落ち込むのも当然です。

私は家事が苦手だし、好きじゃないって気づいてからは毎日がとっても楽。

家事全般、全く得意じゃないと自覚したら、それ以降は反対に自分をほめたたえることの連続です。
何かをするたび自分の中からあふれてくる愛を感じます。

なおやも「屋久島に来たばかりに比べたら、たかえの料理の上達っぶりはすごいよ。」と言います。

東京時代、さんざんあちこち食べ歩いてできた舌が十分役に立っています。
何事も無駄は無しです。

私の子どもたちはある意味恵まれていますね。
だって、こんな私が母親だから、何でもオッケーで育つんだから。
なんでも完璧じゃなくっていいんだから。
よかったね。

ちなみにカフウはシンデレラになりたいといいます。
どうしてシンデレラが好きなのか聞いたら、「だって、ドレス着て踊ったり、お掃除したり、お料理したりしてるから。」と答えました。
いろいろ聞いてみると、カフウにとって、家事は舞踏会と同じくらい素敵なことのようです。

「大きくなったら、かあさんの代わりに色々やってくれる?」と聞くと
「えー、カフウがお料理したり、お掃除してもいいの?カフウ早く大きくなりたーい!」とぴょんぴょん飛び跳ねながらうれしそうに答えてくれました。

補い合って、暮らしていきましょうね!やったー!愛してるよ~!!

家事は苦手
シンデレラドレスで納豆作りをするカフウ

たかえ













comment 10 trackback 0
トラックバックURL
http://kaihoya.blog53.fc2.com/tb.php/77-0bbafcf1
トラックバック
コメント
たかえはスーパ主婦だと思うよ。
人と比べられないほど、
本当によくやっているって思うよ。
え~苦手なの?
そんなふうに全然思わなかったよ。
その苦手にあんなにスーパ主婦やっているのはすごいと思うよ。
ステキすぎます!
大丈夫だね。
花風がもうすぐやってくれるよ。
楽しみだね。

いつも美味しい料理、おかしありがとうね。

宮之浦の奈央 | 2010.03.27 05:50 | 編集
たとえ「主婦失格」でも「自分合格」だったらいいんだよね!

というか、自分のありのままを素直に表現出来たら皆合格だ!

でもたかえちゃんは良くやっているといつも関心しているよ。

ボクからみたら全部合格だよ!
ましまし | 2010.03.27 07:15 | 編集
私もね、最近お菓子作りとか凝った料理とか、マメにやってる子を見て、すごいな~偉いな~と思ってたんだけど、彼女はそれが好きでたまらないんだよね。
そっかあ、と思ったとこだった。
たかえちゃんも、いつもすごいな~って思ってたの。
それが実は家事大嫌いだとは!その大告白が気持ちよか!!あはは。

ちなみに、最近うちは家事をほぼ全部マシマシに任せています(笑)。

シンデレラドレスで納豆仕込み、最高だわ~~~あはは。
いっちゃん | 2010.03.27 20:01 | 編集
苦手なものって認めちゃうと楽になるよね。

でも・・・
>「もしかして、私、すごくえらいかも!!」
そう!たかえちゃんはとってもえらいよ~!!

あたしもたかえちゃんのごはんも、お菓子も
大好き☆愛情あるお料理。

また食べに行かせてね。
そして今度はうちにも食べに来てね~


みほ | 2010.03.27 22:01 | 編集
そうそう、比べてもしょうがないよね。
でも、ついつい比べてしまった時に感じたことを大切にしようと思ってる。
奈央ちゃんと自分を比べて感じること。
明るさ、元気さの違い。
でもそれが私だし、奈央ちゃんなんだなぁって思う。
いつもそばにいてくれてありがとう。
あったかいよ~!
たかえ | 2010.03.27 22:31 | 編集
ありのままの自分を素直に表現

これ表現しようと意図していない時に、ふと出るものなのだと思った。
屋久島ぽめろんの会の時、あの「おばさん」の件の話で、私は泣きながら話しているのに、みんなが大爆笑になったのがすごく面白かった。
あの瞬間、私が見えたかも。
最高だった。
そして見事「自分合格」になったよ。
ありがとね。

たかえ | 2010.03.27 22:42 | 編集
大告白しちゃいました!
いいなぁ~ましましがほとんど全部やってくれてるんだ?!
うちは料理は任せられないから(ほんとなおやの料理はギャグ!)
ちなみにカフウはシンデレラドレスで田んぼとか。
飛ばしてます。
たかえ | 2010.03.27 22:47 | 編集
どんどん苦手なもの認めてくようにしようと思ったよ。
楽だね~。リラックスってこうゆうことだ!
みほちゃんの料理、めっちゃおいしかったよ。
みほちゃんが作ってくれて以来、けんちん汁にしばらくハマってました。
ぜひぜひ今度遊びに行かせてね。

それにしても、今日はみんながあまりにほめてくれるから相当上がってます。
ほめられるのってこんなに気持ちよかったんだー。
私もすごいなーとか思った気持ちはどんどん表現していこうって思いました。
たかえ | 2010.03.27 22:52 | 編集
コメントが遅くなりましたが・・・

私も料理が苦手なので共感してしまいました。
すごくわかります・・(笑)

でも、偉いって思ったことなかった。
そっか、認める事をしてなかった。

ずっと心の中の奥底に
「自己嫌悪感」があって、そのループから抜け出せずにいました。

たかえさんの日記読んだら、すごく気が楽になった。。
ありがとう☆

お米を作ったり、味噌を作ったらり、
納豆を作ったり・・・・
それだけで、素晴らしい事です。
愛が沢山こもってます。
まゆじま | 2010.03.30 23:04 | 編集
気が楽になってくれてありがとう。
みんなでどんどん楽になりたいって思って書いたから、すごくうれしいです。
私は最近「自己嫌悪感」からちょっとずつ解放されていってるかも。
今までいやだーって感じてた自分を「しょうがないなぁ、もう~。よしよし。」ってしてあげれるようになって、すごく楽になったかも。でも、まだ行ったり来たりですけど。
で、不思議なのが、家事が苦手って認めたら、私なりに頑張らずにできるようになってきたかな?
家事だけじゃなく、全て私なりでいいんですね。

たかえ | 2010.03.31 23:39 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。