--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03.15
Mon
今日も永田浜へ。

いつもの麻布に置いて撮る写真から、ビーチに連れ出して砂の上で撮影してみました。
最近は一日に一個のペースで仕上がっていきます。
どこでどんなふうに作品を撮るか、考えるのが面白いです。
深いですね。。
磨きすぎで自分の指先や爪まで磨いてしまっているみたいで、爪はいつも極短で指紋がほとんどない。。
紙などつかみにくくて大変です。


長老。
風の中



つながる、雲。山へ海へ。
風の中3






この砂浜は我が家のある屋久島、永田の前浜というビーチ。
風の中6
この写真は何十年も前の永田の航空写真。
美しいですね~~~
写ってませんが上の方に永田岳がひかえています。

平地には見事に家と田んぼが並んでいます。
右と左に大きな部落、そして真ん中に小さな部落そこにカイホー屋はあります。

最近、前浜の他にいなか浜と四つ瀬浜も一緒になって、永田浜と呼ばれるようになりました。

磨いている屋久杉の流木たちは、ほとんどこの浜で拾われています。
神々のすむ奥岳と私を繋いでくれるところ。
山はほとんど入り込んでいなくて、ストレートに山のエネルギーが流れ込んできます。
谷をつたって降りてくる水のエネルギーや、山からの吹き下ろしの風も重なり、気が通りまくります。
この浜は私にとって永田の聖地の一つです。

はじめて屋久島に遊びに来た時、県道の橋から見た永田岳。
真っ白で何も見えませんでした。
何も見えないけど、その雲の奥に確かに何かいらっしゃるという感覚を覚えました。

その雰囲気だけで永田に住むと決めたのです。
当時はなぜここに住むことに決めたのか、なんて全く分かっていませんでした。
ここの氏神様と佐藤家と馴染み深い神様に関係がありました。
天之御中主大神という神様。
そして益救神社の宮司さんによると、ここ永田浜には金の龍神さまが最近帰ってきたそうです。
おかげさまで色々と道が開けていき、本当にありがたい日々です。






風の中4

道すがら旬の山菜を頂きに山へ。
山菜、大好き!
たらの芽は今年2回目の収穫でした。
もう来年以降に残しておかないといけないので、今年最後のたらの芽。

一番上はボタンボウフウ。これは浜で。
味比べしたら、たらよりボタンボウフウ派でした。
かふうも、たらの芽よりボタンボウフウが好きみたい。
たかえはたらの芽大好き!
お土産で持って帰ると、たちまちホッペがゆるみます。

一番下は、よもぎの新芽。
これは田んぼのあぜで。

それぞれ天ぷらで頂きました。
みんな大はしゃぎ。

本当にごちそうさまでした。

ずっと一緒にお供をしてくれバーバママ。
風の中2
あっ、撮影に夢中でこの葉っぱ『ゆきのした』を天ぷらにするの忘れた~~

なーや
comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://kaihoya.blog53.fc2.com/tb.php/72-57b6b1f6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。