--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03.12
Fri

寒波が訪れた日に、山の案内で縄文杉に会いにいきました。
お客さんは卒業旅行で来た女の子仲良し2人組。
一緒に山登りできて楽しかったよ~ありがとう!

今年初めての縄文杉とのご対面の日。
縄文杉へと続く森への、今年の挨拶ができました。

朝から予報通りにやってきた、大寒波!
歩き始めて早々に大雪。
すぐに軽アイゼンを装着。
完全に吹雪いていて、途中一瞬だけホワイトアウト現象まで起こり、お客さんはかなり引いていた。
ホワイトアウトは初めての経験でした。夜の中の吹雪みたいな感じで、わずかに光る漆黒の吹雪という感じでした。
まさか屋久島で雪山を登るなんて全く想像していなかったお客さんは、さすがにちょっと引き気味だったので、『バスを降りたら、そこは北海道だった!と思って遊んで行こうね~』と声を掛けた。
寒波縄文8



たったの一日でこんなに雪が降る屋久島って、すごい。。。
実感でした。
雨が凍ってあられになったり、雪になったり。
途中結晶化した雪も降ってきて、たぶん森の中は氷点下の世界だったはず。
つい何日か前に子どもたちは裸で外で遊んでいたのに。
寒波縄文6



雪は白い。
普段見えている、苔の緑、葉っぱの緑、土の茶色や空の色。
そういう色を全て包み込んでしまった、白の世界。
北海道生まれだから、こういう白銀の世界の入ると、心象風景の中に自分がいる感じになる。
この森を歩いていると、あれっここ屋久島だったと、違う世界に行っていた意識が帰ってくる自分がおかしい。
その時確かに北海道と同じエネルギーを感じた。
雪のない日でも、屋久島にいるだけで、何か匂いや風とかで心象風景を思い出す瞬間が多いですね、


寒波縄文4
木魂神社『こだまじんじゃ』が中に祭られているウィルソン株。


寒波縄文7
無事ご対面。
今年もどうぞよろしくお願いします。
どんな時会ってもやはり大好き縄文杉。
この巨木達の森で起こるあらゆる自然現象。
その一日を一緒に過ごせて幸せでした。
今回のスペシャルな日の森で、仲間のガイドたちに出会えたこともうれしかったです~


挨拶をすませ、早々にお昼ご飯。
お客さんは寒すぎて指が動かず、箸をうまく使えなくて途中でお弁当をしまってしまう程。




いろいろな虫たちも寒くてほとんど動けません。
暖かくなってまた復活するのかなあ、なんて考えていると、
急に自分がその虫になったような感覚になりました。
どんな現象もただ受けとめているんだな~きっと。
寒波縄文3



雪の上を雪が走るなんていう現象まで見てしまいました。
降ってきた雪が積もっている雪の上を川のように流れている。。
美しすぎる~~
杉の緑の葉っぱに積もる雪も美しい!
寒波縄文9








翌日は、前回見れなかった雪のリベンジ屋久島雪祭り。
寒波縄文1
翌日雪を見ようと、家族で白谷雲水峡へ。
かふうとはねいを連れて来たのは初めて。
いつも水を汲みいくのに永田岳登山口まで行っているので、山道は得意。




前日の雪が今日の温度で猛烈に融け始めている。
苔の先に大量の雫。
雫おたくにとってたまらない時間でした。
寒波縄文00



竹で編んだカゴにクリスタルボウルを入れて運んでいたら、知り合いのガイドさんに『山菜採りに来たの~?』と。


久しぶりに、白谷雲水峡の森でクリスタルボウル。
今年もよろしくお願いしますと、クリスタルボウルで挨拶できました。

寒波縄文



なーや
comment 8 trackback 0
トラックバックURL
http://kaihoya.blog53.fc2.com/tb.php/70-ed59c41e
トラックバック
コメント
ほんっとにすごかったね~。
あの特別な日に、なーやと同じ森にいれたこと、私もすっごく嬉しかった。
あれを体験できて、大感謝だね。
私たち一行は最終グループだったんだけど、帰りのトロッコ道では、吹雪く中もう前後には誰も見えないし、積もり続ける雪の上、人の足あとはもう消えてなくなってるんだけど、シカや鳥の足あとがいっぱいついてて。
あ~ほんとに良い体験でした。写真撮る余裕なかったな~(笑)。なーやのが見れて嬉しい。
いっちゃん | 2010.03.12 07:04 | 編集
木魂神社『こだまじんじゃ』が中に祭られているウィルソン株。
の写真!真ん中に誰か居るよね~(^^;)/
まんぷく天満 | 2010.03.12 07:22 | 編集
あの日いっちゃんと会えたこと、とても象徴的だったね~~~
相当うれしかったよ~

当たり前だけど、雪は雨とは全然違うエネルギーだったね。
洗い流すのではなくて、全て包み込む。
完全に包んでもらったね!!

小さいカメラはいいね~。
あんなときでもばっちり撮れるもね。
なーや | 2010.03.12 08:32 | 編集
そうなんです。
人が入れる切り株なんです。
子どもだと何と150人入ってしまう。。

木に包まれましょう!!
なーや | 2010.03.12 08:44 | 編集
ふさふさの苔とふかふかの雪でこんなにも景色が違うなんてすごいね!

こんなひにそうそう登ることはないだろうから、貴重な体験ですね。
ウィルソン株の中が暖かそうv-48
フジモ | 2010.03.12 18:34 | 編集
1日ぁりがとぉござぃました☆お世話になったちびっこの方のともです^^
ほんとに凄い1日でした。ガイドブックゃパンフレットで見て想像してたのとは全く違う真っ白な世界★はじめはこの世界を受け入れられなぃ感じでしたが途中からは私はなんて貴重な体験をしてるんだ!!と思い感慨深いものとなりました☆
この1日のことが目を閉じると全部鮮明に浮かび上がります。
いろいろと迷惑をおかけしましたがとても楽しかったです♪これも全て佐藤さんのぉかげ☆ガイドさんとぃぅょりは一緒に山を探索したお兄さんとぃぅ印象ですo(^-^)o本当にありがとうございました★ここには書ききれない思いがたくさんぁります><;
絶対一生忘れない1日と旅になりました。
また絶対屋久島を訪れたぃと思います(*≧ヮ≦*)
とも | 2010.03.12 18:46 | 編集
久しぶり~

ほんと貴重な経験だったよ!
かなりがん上がりだったね~~
にやけてる場面が多かったと思うよ。。
なーや | 2010.03.12 20:28 | 編集
一緒に山登りできて楽しかったよ~!
2人の屋久島の思いでに加わることができて、光栄です~
どうもありがとう!!

歩きながら葛藤があり、それに打ち勝ったんだね。
自分の行動や心の動きは、まさに自分自身の鏡なんだね。

屋久島は、また必ずともちゃんを呼ぶ時が来るはず!
その時また会えるのを楽しみにしてるよ~~!

祝卒業!おめでとう!!
なーや | 2010.03.12 20:34 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。