--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.09
Mon
先日、紫乃&崇光さんご夫婦にお会いしました。紫乃さんは魂の即興ピアニスト、崇光さんがプロデュースをされています。ホームページhttp://cosmomaris-piano.com/是非是非見てみてください!!

会いに行く途中、車の中から見ていた綺麗なイチョウの紅葉。北海道の紅葉は本当に美しい!自然の彩りに感謝です。
その時、後ろの木が語りかけてきた。いつもは目に入ってこなかった後ろにいる葉っぱを全て落とした木が鮮明に見えた!!美しすぎる!!今まで、葉っぱを落としてさびしい木としか見ていなかった自分に気がついた。衝撃。今までこの木が生きてきた軌跡がすべて丸見え。その木の、気の流れや生き方が見えてきます。葉っぱという衣を脱ぎ、そぎ落とされた木のフォルムにとっても親しみを覚えた瞬間でした。

そういえば子供時代、札幌の藻岩山によく夜間スキーに連れて行ってもらった。南斜面へと続く林間コースは明かりが少なく、月のある晩に木漏れ月をきれいだなあと見ていた。その時の木々の枝の影や、枝の上に積もる雪を思い出した。
そしてさらに思い出した。子供時代に見た、ダイヤモンドダスト。見える世界すべてきらきら、キラキラ。小学生ながら感動、感動。そのバックには枯れた木の記憶。

ふと、人間も、身も心も本当にピュアになったとき、その人が本当に美しくみえるのかなあと思いました。赤ちゃんが光って見えるのはそういうことなのかも。自分自身、これからもっともっとすっきりしていきたい!

さらに考えてみた。人と人や土地とのご縁など、縁というのはこの枯れた木に象徴されているんじゃないかなあ。大きなエネルギーの流れの幹があり、成長するにしたがってたくさん枝分かれし数え切れないほどの道が出来ていく。そのどこかで誰かとご縁を頂く。細~く濃密なところで出会ったり、大河のような大きな流れの中ですれ違ったり、時には花の咲く季節に同じ花を咲かせた仲間だったり。そして根っこは前世?

紫乃&崇光さんとはたくさんたくさん話しました。札幌に来て感じていること、二人とも優しく包み込むように話を聞いてくれました。話していくうちに二人の顔がどんどん輝いていく様子がとっても印象的でした。今度会ったときは是非屋久島でセッションしたいですね!と盛り上がりました。屋久島でピアノがあるところといえば屋久島徳洲会病院が浮かびました。じゃあ今度は病院のホールのコンサートがいいかもしれないですねとお話しました。

別れ際、紫乃さんのCD「グリーンターラ」を頂きました。ありがとうございます!!グリーンターラとは観音菩薩が苦しんでいる人たちを救いきれずに左目から慈愛の涙を流したときに、その涙から蓮華(ロータス)が咲き出で、そこから生まれた美しい女神のこと。紫乃さんは7月の皆既日食の翌日に屋久島でコンサートを開かれました。その後にうまれたCD。娘の病気で腫瘍が良性と判明したのも同じ日でした。

翌日ワークショップに来てくれた一人の女性は、屋久島で紫乃さんのコンサートに参加された方でした。屋久杉の玉磨きを終えクリスタルボウルの瞑想会のときに、舞踏とのセッションをさせていただきました。素敵なセッションをありがとうございました。セッション後話をしていたら、舞踏家の女性は7月に札幌で行われた{チベットの秘宝展}に行き、受付で様々な神様のうち1神様を選ぶコーナーでグリーンターラを選ばれていたのです。私自身、前日にCDを頂きワークショップ当日にグリーンターラを聞き込んでから行ったので、完璧なエネルギーの流れの中に包まれているんだな~と実感しました。


紫乃&崇光さんと一緒にお邪魔していた「あじとⅡチキでき」というお店では、お互いの友人にばったりばったり会え、不思議なシンクロデイでした。最後に再会できたのは前の日記にも書いたマヤ暦の占い師のちーぼーでした。ちーぼーとのご縁は「夢横丁」という雑貨屋さんで頂きました。
その流れを大切にしたいと思い、紫乃さんと崇光さんと別れた後夢横丁に行きました。そこで出会ったカップルは1年ぶりに夢横丁に来ていたそう。話をしていたら、女の子は今年の4月まで屋久島の徳洲会病院で働いていたことが発覚。屋久島はいつもなんて粋な取り計らいをしてくれるのでしょう!!!!また屋久島で紫乃&崇光さんとの再開を確信しました。

葉っぱの枯れ木を美しい!!と感じたのは実家のある札幌の中島公園内にある弥彦神社(やひこ)のすぐそばでした。前回の奉納演奏の旅のときはご縁がなかったのですが、今回呼ばれた気がしてうかがってみました。天香山命(あめのかぐやまのみこと)といって天照大神(おまてらすおおみかみ)の孫にあたる神様を祀っている神社です。
今日はその神社へ奉納演奏をさせていただきました。弥彦神社と我が佐藤家はまた繋がりがあり、何年か前に妹が東京で働いているときに弥彦神社の方と知り合っていたのです。神主さんは「クリスタルボウルはまさに自然界の音」「屋久島のような自然がたくさんある場所ではさぞ共鳴するでしょうね」とおっしゃって頂きました。そして「自然とは神そのもの」ともお話ししていただきました。すばらしい、機会をありがとうございました!!
また1月に執り行われる献花祭での奉納演奏のお話しを頂きました。タイミングを合わせてぜひ演奏させていただきたいと思っています。
献花祭とは毎年1月の末、太宰府天満宮より梅の使節が来道し、太宰府天満宮の神職と巫女により紅梅・白梅が献花され、菅公様 ( 天神様 ) のお御霊をお慰めすると共に、崇敬者の心に開運・繁栄がもたらされるお祭です。

iyahikojinja.jpg

弥彦神社の本殿に通じる廊下に祀られている天宇受売命(あめのうずめのみこと)。自分自身と本当に繋がりを持つというメッセージ。岩戸に隠れてしまった天照大神を踊りで誘い出した、踊る神様です。
雨のうずめの尊

なーや

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://kaihoya.blog53.fc2.com/tb.php/43-8f2cc885
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。