--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05.13
Sun
鹿児島指宿かなちゃんより

なーやさん♪たかえさん♪

こんばんは!
記念すべき第1回リトリートツアー参加(←めでたいッ(^^)v)のかなです!
ツアーに参加してからどんどこ過ぎていきますが…

いまだに…屋久島の余韻に~五感が解放しっぱなしでございます(^^)
本当に本当に楽しくて~癒され~自然の恵みを感じ、美味しく頂き~身体中をキレイに浄化していただきました。

心豊かな気持ちになれたのも、ご縁に恵まれたおかげです!
なーやさんやたかえさんをはじめ、素敵なメンバーに本当に恵まれました♪
これも屋久島パワーですね!!

屋久島の自然に寄り添いながらの~まったり癒しのミステリーツアー感覚(笑)…この後はどこへ…何をするんだろう~とこりゃまた気になること満載でツアー中わくわくしてました♪
なーやさんの自然に対する恩恵の気持ちを目の当たりにしたり~自然を肌で実際に感じることで~
改めて感じるたくさんの気付きもいただきました。

心にも身体にも気持ちのよい~そしてわくわくする屋久島の旅…カイホー屋さんのツアーに参加できて本当に良かったぁ~♪♪

またぜひ!!参加したいです!!
ますます屋久島のとりこになったわたしです(*^^*)♪

心よりご縁に感謝いたします!
ありがとうございましたm(__)m☆

PS…いくつかお願い事が…m(__)m
なーやさんのDVD(←自然と涙が…たまってた想いが浄化されたようです~)を2枚いただきたいのですが…
大好きな友達にどうしても贈りたくて(^人^)☆
それと!!(たくさんすみません(苦笑))
たかえさんからごちそうになった手作りお菓子のレシピを教えていただきたいのですが…
美味しかったので~子ども達にも食べてもらいたくてッ(^^)d
ごちそうさまでした!!ありがとうございました(^人^)☆
よろしかったらお願いします!!

またお逢いできる日を楽しみにしていま~す\(^^)/♪
2012年3月リトリート合宿三日目210








東京 直ちゃん

なーやさん

このたびはめいっぱいお世話になりました!
いろいろわがままも聞いていただいて・・・ありがとうございました。
おかげさまで,私史上最高の屋久島時間を過ごせましたよ。


今までお世話になったAZAMIさんのツアーはありえないくらい島の魅力が
満載で,それはそれで贅沢な時間を過ごさせていただきました。
屋久島初心者としては,それもとてもありがたいことやったと思います。

だけど今回のように,その時の気分,気候などでいちばんベストな選択をする
旅というのも,悪くないどころか むしろ屋久島を楽しむにはいちばんの方法
やったなーと,終えた今感じています。

「あれもしてこれもして」っていう,普段の余裕のない欲張り気味な姿勢のままでは,
屋久島の自然には立ち向かえないように思います。

もちろん私にも屋久島でやりたいことが全くないわけではないですが,
屋久島に降り立つと,そういう多くを求めすぎる心みたいなものがすっと抜けて
いくんですよね。

与えられるがままに過ごして,
何も与えられなかったらそれが今の自分には相応なんだと,
そういう謙虚な姿勢にさせられるというか。

そういう屋久島らしい,本当にいい企画やったと思います^ ^

私としては,行きたかった白谷雲水峡に二方面からアプローチできて,
しかもコケがメインの日は程よい小雨,
景色を楽しむ日は快晴!
という 身に余るほどの自然の配慮に,ただただ感謝するばかりです。

ごはんもどれも美味しかったし(カフェめし最高!),
きれいな夕焼けも撮れたし,
海中温泉では満天の星空も拝めたし,
最高のカイホー感を味わえました。

真夜中の滝と山びこもいろんなものを洗い流してくれたように思うし,
クリスタルボウルの音色もとても美しかったし,
新旧すてきな出会いもあったし,

まぁ,なんか正直やりたいこと全てやりつくしたっていうか(笑)
それでも「また来るね!」って思える何かが自分の中に残っています。

よしみさんのように初上陸の方にとっては,
その後も島と繋がるための,良いきっかけになるものだったのではないかと。

リピーターの私でも,より深く繋がった気がします。

屋久島から帰還してからというもの,頭の中がポジティブ回路にリセットされたのか
今までストレスを感じていた日々の雑多なことがどうでもよくなってきました。

そして些細なことでも感謝の気持ちがわいてくるようになりました。
何ひとつ変わらない日常を,非常に穏やかに過ごしています。

リトリートされた状態って,こういうことなんですね~
屋久島パワーおそるべし!
2012年4月リトリート合宿20








札幌きよちゃん

リトリートツアーは、不思議なことも起こりましたが、本来の自分が、再発掘されました。
それを、期待して行ったわけではなかったので、きっと、潜在意識が、屋久島に呼ばれた
のでしょうか。  

振り返ってみると、なーやさんと知り合う前に、去年、下北沢の街を散策
してたり、娘が、以前なーやさんが住んでいた街に引っ越したり、今、住んでるところが、
なーやさんの生まれた天使病院の近くだったり、3年前には、たかえさんの実家の浜松
の近く(でもないかな)掛川に行っていたり、(その時に、浜松に泊まろうかとも考えたり)
何より、初めて参加したなーやさんのイベントで、屋久島に行きのパンフレットを、頂け
たり、すんなり、屋久島に行けて驚きも半分でした。

屋久島は、本当に、あたしにとって意味深い一生の思い出になりました。
ご一緒したメンバーと出会えてお友達になれたこと、なーやさんの家族、ひろみさんに
出会えたこと。(普段に着れる着物に興味を持っていたから、ひろみさんの着物姿に感動)
(たかえさんのはなつオーラに感動、カフウちゃんと、ハネイちゃん、たまちゃんのめんこさ)
すべてが、新鮮で、気持ちが温かくなり、ほっとして、楽しく元気になりました。

屋久島は、噂では聞いていましたが、現世の場所とはおもえないまさに神秘的なところ
でした。まだまだ、素敵な場所が、あるんだろうなあ。

月並みな言葉になりますが、屋久島は、国内とか、海外とかの次元ではありません。
体験した人にしか味わえない、言葉にできない何かを体験できます。

なーやさん、大変お世話になりました。本当に感謝しています。
ありがとうございました。

屋久島も素敵ですが、なんでもできるなーやさん、なのに気負わずいつでも自然体で、
真摯に人と関わっていて、出会えてよかったあ。生きててよかったあ(笑い、大袈裟?!)

6月にまたお会いできること楽しみにして待ってます^ ^

2012年3月リトリート合宿二日目206








福岡きぃちゃん

私にとって、今回は人生で二度目の屋久島でした。
初めてお会いする方々との二泊三日…でも
初対面である気恥ずかしさも、なんだか皆さんとのやわらかな空気の中で 自然に打ち解けていたきがします。ご縁があっての出逢いだからかな…?
初日のクリスタルボウル(*^^*)
雰囲気のある古民家での、とってもリラックスした夜となりました。
二日目はいよいよ屋久島の森へ。カナさんが連れた木霊ちゃんが思い出の1つです(笑)幸い天気もよくて、気持ちよかった!森に入れたことが嬉しくて、なんだか『よくきたね』とさえ言って貰えているような気持ちでした。
なーやさんに連れられて、
行き着いた『苔むす森』。
一言では言い表せないほど 私には神秘的で、来れたことが嬉しく思いました
道中頂いた水照玉のお弁当が また美味しかった♪♪それに、なーやさんが必ず煎れてくれるお茶が なんとありがたかったことか(笑)ご飯食べるときはやっぱり身体が冷えるんですね~!お茶、美味しかったです♪

3日目はクリスタル岬!暗いうちからの移動…風が強くてドキドキしましたが、日の出をバッチリ見れて、朝日のパワーをおもいっきり吸収しました!あんな光景、あそこでしか味わえないですね…
そして全員揃って行った最期の場所、ガジュマルの森…包み込むように枝(というか、根)をのばしたガジュマルさんに ハグしてご挨拶。 樹は繋がっている、ということで ガジュマルさんを通じて屋久島の木々にありがとうございました~と伝えました。
ガジュマルと1つになって 過ごす時間…今思いだすだけで、まだガジュマルがそばにいるようです(^-^)
あの森に次に行く時のために、ぜひとも足裏を鍛えておきたいです(笑)

時間に縛られず
自由に遊ばせてくれたなーやさんのおかげで、とっても楽しい時間が過ごせました(^-^)

樹を見ると 屋久島を思い出します♪
またいきたいなぁ…☆
2012年3月リトリート合宿三日目212








神奈川オーロラさん


<初日>
・空港、港への出迎え、見送りは助かります。

・登山靴は必要な事がわかりました。
  聖母ガジュマルへ行くなら登山靴でなくても大丈夫と思っていましたが、
  入り陽の大岩や白谷雲水峡の入り口の岩盤(憩いの大岩?)を歩くときは
  フリクションの効いた靴が必要ですね。
  ナカガワスポーツ店で登山靴が借りられるのは助かります。重い荷物を持って歩かなくてすみます。
  あのお店はパワーストーンの隠れた穴場ですね。

・益救神社の宮司さんとお話ができる企画はとても良いです。
  今回はたまたま結婚式の予行演習があったので時間がとれませんでしたが、
  土地の方のお話が聞けるのはいいですね。

・自己紹介
  なーやさんのリードでくだけた雰囲気で自己紹介ができました。
  実名でなくニックネーム、ハンドルネームで呼び合うと親近感が出ます。
  
・クリスタルボウルはやはり素晴らしいです。寝ながら聞けたのも良かった。

・玉磨きもOK。二度目なのでやりやすい材料を選びました。

<2日目>
・牛床詣所
  清々しくて良かった。さすがだなと思ったのはなーやさんが掃き清めていたことです。
  山に入る前のセレモニーとして敬虔な気持ちになります。
  レオンさんが言っていた場所も気持ちが良かった。
  自分は霊感が強くないんで教えてもらえるとありがたい。

・益救雲水
  9月に行ったときも湧き水の所に行きましたが、屋久島ならでの特色だと思います。
 
・白谷雲水峡
  風が強くて太鼓岩までいけなかったのは残念でしたが、屋久島を満喫することができました。
  もののけ姫の森に満足。あの場所だけでなく、途中の景色も素晴らしい。
  雨のあとだったことも幸いしていたかもしれません。
  ただ黙々と歩くだけでなく、所々で解説が聞けたのが良かったです。
  写真を撮りながら無理のない行動だったので私は疲れませんでした。
  昼食のお茶は温かくて美味しかった。
  山岳捜索隊が行方不明者を捜している現場を通りかかり、ガイドに案内されている安心感を感じました。

・清流でクリスタルタイム
  もっとパワーストーンを持って行けば良かった。

・クリスタルボウルのワークショップ
  自分でクリスタルボウルを自由に演奏できるとは思いませんでした。
  以前ノアシンフォニーで「じゅん☆さん」にクリスタルボウルを演奏させてもらいましたが、
  この時は各自がクリスタルボウルの一つを担当して、ボードに書かれた番号に合わせて
  順番に音を出していき全員で演奏する形でした。
  全部自分一人で叩いたり、共鳴させたりできるので満足できましたね。
  みんな15分ごとにチャンと来ていましたね。
  他の人は2階で玉磨きをしていたので一人で没頭できたと思います。

・プレゼント交換会
  それぞれが思いを込めたプレゼントを用意してきていたので、各人の個性が感じられました。

<3日目>
・ご来光・クリスタル岬
  さすがに朝起きるのは辛かったですね。4時半出発なので女性陣は3時半頃から動き出していました。
  前日も寝るのが早いわけではありませんでした。それでも日の出を見るためには仕方ないですね。
  LEDのヘッドライトは明るくて良いですね。両手が使えるので安全です。
  クリスタル岬は素晴らしいところでした。
  前日の影響から風が強かったですが、ちょうど日の出の頃に雲を吹き飛ばしてくれました。
  なーやさんが日の出の時に各人の素晴らしい写真を撮ってくれました。良い思い出になりますね。
  日が出たあとのクリスタル岬は屋久島のセドナと言われるだけあって素晴らしいところです。
  入り口がまたしゃれていました。門をくぐって入っていきます。
  朝のお弁当は美味しく食べました。
  時間をたっぷり取っていただいたので菜の花は太陽瞑想をしていました。

・レンゲ畑
  我々のためにレンゲ畑を耕さずにとっておいてくれました。ありがとうございます。

・トイレタイム
  トイレタイムを考えてくれていてありがたかったです。
  永田浜のあんな所にトイレがあるなんて思いもしませんでした。

・夕陽岩(勝手に名付けました)
  名前はまだ無いようですが是非ともなにか命名して欲しいですね。
  登るには微妙なルートを使っていて登山靴でないとチョット危ない気がしましたが、島の西端で絶景でした。
  夕陽が抜群だそうですが、日が落ちたあとは暗くなるので少し大変なようです。
  でもあそこで波音を聞きながら星空を見ると素晴らしいでしょう。
  夕陽は見ませんでしたが素晴らしいところでした。

・野点の沢(名前を聞きましたが忘れました)
  ここがまた素晴らしいところでしたが、ゆっくりと通過という感じで、滞在して何かイベントがあると良かっ  たですね。
  夏は水着を持ってきて水浴びとか、ハンモックでお昼寝。河床の岩の上での昼寝でも良いですね。

・聖母ガジュマル
  今回の圧巻の一つだと思います。
  9月に来たときも感動しましたが、何回来ても飽きません。
  菜の花は前回は時間が短くて不満だったようですが、今回は満喫したようです。
  せつこさんの時はみんなで声明をしたりしましたが今回はじっとガジュマルと対話ができました。

・昼食
  トビウオの唐揚げは美味しかった。

・秘境の沢
  どこに連れて行ってくれるのかと期待していましたがここも素晴らしいところです。
  もう少し暖かければ昼寝をするところでしたがまだチョット寒かったですね。
  でも時間がたっぷりあったのでスケッチが2枚描けました。
  水の流れを見ているだけで癒やされます。

・サイレントウォーク
  チョット思いつきだったような気もしましたが、菜の花にはえらく評判の良い企画でした。
  ひとりになって屋久島を味わうと言う意味で成功だったようです。
  菜の花はもう少し時間を取って欲しいと言っていました。10分でしたからね。
  せつこさんの時のサイレントウォークは時間が決まっていたので(1時間?)時計が気になりましたが、
  今回はなーやさんが後ろから拾いにに来てくれるので時間を気にしないで自然に浸っていられました。

<その他>
・リトリートツアー
  メンバーがばらばら、天候はわからない等の制約がありますが
  のんびりとした行程でリラックスできました。あのくらいのんびりしていると神経がほぐれます
  トイレタイムだけは適宜取って下さい(永田浜でのトイレタイムは良かった)
  また白雲水郷は適切なところにトイレがありました。
  案内があるとガイドブックに載っていない穴場(?)に行けます
  観光地でない本来の屋久島に出会えます。
・海、空が荒れたときの対応
  船が出なかったり飛行機が飛ばないと予定通り帰れないので不安になります。
  以前、家族で甲府の山奥の温泉に行ったら豪雨で途中の道が土砂崩れになり、
  バスが来ず閉じ込められたことがありました。
  宿の4駆で水が引いた河床を通って帰り着いたことがあります。
  いつになったら天候が回復するのか、道路は通れるようになるのか、
  いつまで閉じ込められるのか、お金は足りるのか、心配になりました。
  今回も2日目は船が欠航していましたね。地続きでない島だと船や飛行機や欠航になると
  身動きできないことを思い知らされました。
2012年3月リトリート合宿三日目223

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://kaihoya.blog53.fc2.com/tb.php/399-7fc48ed7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。