--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03.31
Sat
春の訪れとともに咲くオーゴカヨウオーレン。
トーフ岩くみちゃん4
そんなタイミングに何度も屋久島に来てくれている、くみちゃんを黒味岳までご案内させて頂きました。


予定では黒味岳へ登る予定でしたが、当日の天気予報では昼から曇りマーク。
トーフ岩くみちゃん11

黒味岳は眺望が素晴らしいところですが、周りが真っ白では見応えが薄いなあと思いながら歩いていると、
まえから友達ガイドさんが歩いてきて、今日初めてトーフ岩に行ってきたよ〜と。
目印のテープが狭い間隔であるから、行けるやろ〜と教えてくれました。

高盤岳の頂上に鎮座するトーフ岩。
大きな岩が包丁で割られたような形をしていて、巨岩だらけの屋久島の中でもひと際目を引く存在です。

くみちゃんに、花之江河についたら決めようか?と。
トーフ岩くみちゃん12

当初の予定でいくか?今日の流れを重視するか?
くみちゃんはトーフ岩に決めました。


花之江河から湯泊歩道に行く途中は、普段ほとんど歩かれない歩道なので周りの木がせり出してきて、中腰で歩く場面が多いです。
その風景がまるでトトロに出てくる、裏庭から神社に続く葉っぱのトンネルにそっくり!
トーフ岩くみちゃん3(湯泊歩道は一般向けの歩道ではなく危険ですので、気軽に立ち入らないで下さいね)


頂上は想像以上の大岩でした。
滑らかな花崗岩が多い屋久島ですが、ここの花崗岩は風化がすごく触るとかなりギザギザしています。
トーフ岩くみちゃん2
南から吹いてくる風がこの岩に遮られて、岩の反対側は無風状態。
日陰では、まだ氷があるくらいの気温だったので長居は出来ませんでしたが、暖かくなったらお昼寝したいところ。


トーフ岩くみちゃん1
不思議とこの岩の近くに行くとすっごく眠気が襲ってきます。
なんらかの岩との共鳴を感じる時間でした。



帰りは二人でミクロ写真撮影会に!!

登りの急ぎ足では気がつかなかった小さな宇宙が、ばしばしと目に飛び込んできます^^
トーフ岩くみちゃん5
ゼニゴケの仲間がたっくさん胞子を出していました。
カメラに緑色の胞子が付着してしまうくらい!
トーフ岩にも呼ばれたけど、このゼニゴケに呼ばれたんだね〜〜と大盛り上がり。


歩きながらそこそこに写真を撮るよりも、がっつりと対象物に意識を向けて腰を据えて撮る写真は、より屋久島との共鳴を感じることが出来ます。


しばらく歩くと、ハリギリの葉っぱがきれいにレース状に朽ちていました。
「やばいね〜〜〜」といいながら、二人で大爆笑!!&萌えまくり。
オタクの世界。オタクってすばらしい〜
トーフ岩くみちゃん7
今回の森歩きで一番盛り上がった!瞬間は、この小さな宇宙との出会いでした。
私も昔からこの世界が好きでしたが、一緒に感動してくれる仲間がいるともっと楽しい^^


トーフ岩くみちゃん6
次回は思う存分ミクロ撮影ができるツアーにしようね〜と言って、ツアー終了。
きっと一日かけても100mくらいしか進めないかもね〜笑



なーや

4月のリトリートツアーまだ空きがあります!
☆カイホー屋 春の屋久島リトリート大募集☆
合宿型のツアーです。ピンと来た方、お気軽にお問い合わせ下さいね。
みんなでピュア共鳴しましょう~

各回先着6名様です。
3月23日(金)~25日(日) 満員御礼 ありがとうございました!
4月13日(金)~15日(日) 残4名様となりました。

comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://kaihoya.blog53.fc2.com/tb.php/396-a180eb91
トラックバック
コメント
な~やさん、こんにちは!
素敵ですね(*^_^*)
時々BBC製作『アッテンボロー』の世界が放送されますが、普段は中々気付かないし、そんなチャンスは無いけど、本当にミクロの世界は生き生きしていますね。
ありがとうございます。
みんみん | 2012.03.31 10:22 | 編集
ありがとうございます!!
アッテンボローですか?テレビがないので、わかりませんがミクロマニアな番組なんですね^^
自分の目で見るのが一番ですね〜〜
なーや | 2012.03.31 10:50 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。