--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03.21
Wed
子どもたちが遊びに来て、3時になって「おやつ!おやつ!」と騒ぐので、クラッカーを5枚づつお皿に入れて渡した。
あっという間に食べ終わって、お皿を片付けたのは一人だけ。
あとは、みんな食べ終わったお皿を床に転がしたまま遊びに夢中になっていた。

それを見つけた私は「こら!お皿をちゃんと片付けて!」と注意した。

一人の子が「見つからなきゃ、怒られなかったのに~」と言うので
そりゃそうだ、見つからなきゃ怒られないよな。と思った。

そしてみんな片付けたのでそのまま終わらせようと思ったけど、だんだんその「見つからなきゃ、怒られなかったのに~」の一言が気になってきてしまった。

子どもたちを呼んで、「ちょっと話しがあるんだけど」と言うと、みんなおそるおそる私の前に座った。

「ねえ、見つかんなきゃいいんなら、こっそり母さんのおしっこであなた達のみそ汁作ってもいい?」と言ったら、みんな「うぎゃ~!!そんなのダメに決まってんじゃん!!」と言う。

「だって、見つかんなきゃ怒られなかったのに~って言うってことは、見つかんなきゃいいってことだよね?」

「。。うん。だって、みんなこっそり悪いことしてるよ。◯◯だっていつもそうだよ!」

「じゃあ、それ見てAはどう思うの?」

「。。ダメだよ。」

「そう思ってんならやっちゃダメじゃん!」

「。。うん」

「他のみんなは?」

「やっちゃダメと思う。」

「それは怒られるから?」

「それはねー、怒られるからじゃなくて、やっちゃダメだからダメなんだよ。」

「そうだよ。怒られるからじゃなくて、やっちゃいけないことだからやっちゃダメなんだよ。誰にも見つからないようにやったって、いけないことはいけないことなんだよ。わかる?」

「うん、わかる。だってねー、誰も見てなくても神様が見てるんだよ。」

「そうだよ。ところで、神様って?」

「天の神様」

「あのね、神様っていうのは自分のことだよ。」

「へっ!自分が神様??」

「そ、みんな神様なんだよ。」

子どもたちはげらげら笑ったりしながらも、嬉しそうにお互いを神様と呼び合っている。

子どもたちにはおしっこみそ汁がヒットしたらしく、自分たちで「じゃあ、見つからなかったらうんちでハンバーグ作ってもいい?」「げー、きもい~!!」「くさいからばれるって!」「焼いたらわかんないよ。」「じゃあつくる?」「ヤダヤダ~!!」と、そのネタでずっとゲラゲラ笑ってる。

私は「ちょっと、そういうことじゃなくって、見つかんなきゃっていいやって考え方は、どうかと思うよ。」ともう一回伝えた。
子どもたちは「わかりました~」と返事をしてくれた。

「見つからなければいい」このことについていろいろ考えちゃいました。
偉そうに子どもたちにいろいろ話しましたが、実際自分はどうだろう?
やったらいけないことと、あんまりよくないけどやらない方がいいこと、やったらいけないように思っているけど、本当は別に構わないこと、バレたら困るけど、やっても全く構わないこと等等。
この辺の線引きをどう考えるかは、一人一人の価値観によって全然違う。

ただ、やっちゃいけないのにバレなきゃいいと思ってやることは、明らかに自分自身の内なる神を軽んじる行為じゃないかな?
そういうことの積み重ねは、だんだん自分自身を美しさから遠ざけ、自分の価値観が広がるのではなく、ぐらつかせる。
だから、やっぱり自分の思いには正直に生きたいと思う。

そして、子どもには言葉じゃなく、態度でしか分ってもらえないと思う。
いくらあれこれ言葉で注意したって、私がぐらついていれば、子どもだって鋭く察知する。

自分の価値観をずっと一定に保ち続ける必要は全くない。
日々変化するものだし、価値観を握りしめることは息苦しいこともある。
でも、その変化する自分が感じてる世界に対して、いつも正直に真っすぐ向き合っていきたい。
それが私の神を信じる姿だし、子どもたちにも言葉よりもそういう私の在り方が強く影響すると思う。

基本的にはだらだら、ゆるゆるの私だけど、そういう部分ではストイックに生きていきたいな。

見つからなければ
     カフウに「ちゃんとしたカッコしてよ!」と言われ、ゆるゆる返上。夫婦揃ってびしっとスーツで。
     カフウの卒園式。



たかえ

☆カイホー屋 春の屋久島リトリート大募集!☆
合宿型のツアーです。ピンと来た方、お気軽にお問い合わせ下さいね。
みんなでピュア共鳴しましょう~

各回先着6名様です。
3月23日(金)~25日(日) 満員御礼 ありがとうございます!
4月13日(金)~15日(日) 残3名様となりました。
comment 10 trackback 0
トラックバックURL
http://kaihoya.blog53.fc2.com/tb.php/389-7ac30c7f
トラックバック
コメント
あぁ、エエ話ですね。

「それはねー、怒られるからじゃなくて、やっちゃダメだからダメなんだよ。」
って簡単な理由がいいです。
結局いいわけすりゃするほど、話がややこしくなるし。
逆に言えば、ややこしい事を言うてるってことは、アカンのが解ってるのに、それを正当化しようとして言い訳してる、と感じますね。
実際、真実ってとっても単純なモンやと思うし。

この子供の言葉を見た瞬間、以前、浜ちゃんがドラマ『検事・鬼島平八郎』の最後の最後に松方弘樹演じる優明党幹事長・橘 寛二に対して言い放った

『アカンもんは…アカンッ!!』

が脳裏をよぎりました。
そう、お子さんの言うように簡単なんですよね。
余計な理屈はいらない、ダメなモンはダメなんです~!
ヒビキ | 2012.03.21 08:38 | 編集
めっちゃ共感しました!
自分が神様!ほんとにそうだ!
私もややこしいこときらい。正直でいきたい。
最短距離で人に接していきたい。

ここに来るといつも空気がキレイ。ありがとうございます(#^_^#)
なおみん | 2012.03.21 09:38 | 編集
家族写真が、新鮮だ!!
思わず笑ってしまった( ´ ▽ ` )ノ

怒られなければ、なんでもありって大人の社会でもものすごく感じるときがある。
法に触れなければ、儲けられれば、ギリギリの線でいいじゃん、みんなそうだから、いいじゃんとか。

自分自身を裏切らないことが、常に試されるよね。
ozzy | 2012.03.21 13:04 | 編集
『アカンもんは…アカンッ!!』

まさにそれです。
子どもの頃から、ここをきっちりしておけば、大人になっても重大な何かを遂行するときに、きっとその人は自分という支えを頼もしく感じるはずだと思います。
一人一人がそれをちょっとづつ怠った結果が今、大変な事態になって現われているんだと思います。
だからこそ、ちょっとづつ「アカンもんは・・・アカンッ!」になれば、ぜーんぜん違う世界が広がってくるんじゃないでしょうか?
と、考えてます。
屋久島の「カイホー屋」たかえ | 2012.03.21 15:21 | 編集
いろいろ考えてややこしいことになっちったりすると、もう何が何だか分んなくなっちゃいますが、結局最後は自分の中の真実の声を聞くことができれば、それで解決!みたいな。。

だから、自分の中の神様の存在を信じつづけられるような自分でありたいですね。

屋久島は本当にキレイな場所です。そこに住んでいることに感謝ですね。
屋久島の「カイホー屋」たかえ | 2012.03.21 15:27 | 編集
スーツ姿のところを友達にばったり出会って「何やってんの?」って不審がられたよ。
このPTAという役回りがめっちゃ苦手でね。
私の中でPTAとか父兄というものに、ものすごい歪んだ思い込みを持っているんだと思うけど。。
ナオヤは普通?にスーツを着こなしていたよ。

私も広告代理店で働いていた時は、「本当にこれっていいのか?」と自問自答の日々だった。
そんな自分を弱いと思っていた時期もあるけど、今は、あの頃の自問自答していた自分をまた違う目で見れるようになってきているな。
そう、結局自分自身なんだよね。自分自身とどう折り合いをつけるか。つけれない場合はどう行動すればいいのか。
私は辞めたけど、今はもっと違う選択肢もあったなぁって思ったりもね。
人生いろいろだね。
屋久島の「カイホー屋」たかえ | 2012.03.21 15:38 | 編集
こんにちは。
自分以外の人の言葉や行動に違和感を覚えたりするときって、その出来事に自分自身を見ているのだなあ、と最近つよく思います。

全ての事柄にヒントが含まれているのだな、と感じて最近生活をしていたので、今回の記事にはとっても共感することが出来ました。ありがとうー

自分に正直であること。

素敵ですね。

スーツも素敵。
けい surfer | 2012.03.21 22:49 | 編集
うちも、同じような事で
注意したことがありました。
子供にいいきかせながら、
自分にどんどんはいってきました^^

卒園おめでとうございます☆
map | 2012.03.22 08:42 | 編集
自分の目の前に現われる人って、みんな鏡の役目をしてくれますね。
違和感を感じる人こそ、成長するためのメッセージを持っていたり。

ちょうど、今、全てがメッセージという内容の記事を書いていました。
最近はなかなか集中してPCに向かうことが出来ないので、なかなか書き上がりませんが。。

スーツ姿、何年ぶりでしょうか?
ファスナーが閉まって、ほっと一安心でした。
屋久島の「カイホー屋」たかえ | 2012.03.22 23:10 | 編集
子どもに話す時って、自分を振り返るいいチャンスだと、私もいつも感じています。
最近はカフウがだいぶ口が達者になってきて「ママだって、◯◯でしょ!ママのいうことなんて、聞かないよー。ベーだ!!」と言われちゃったり。
もう、大人の都合でごまかしたりが効かなくなってきてます。
踏ん張りどころですね~。
屋久島の「カイホー屋」たかえ | 2012.03.22 23:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。