--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.09
Fri
久しぶりの更新です。


10月4日に屋久島米祭りに参加しました。2月の初午のお稲荷様のお祭り(お米の神様の祭り)にちなんで10月の初午の日の4日です。
米祭り - 12

米作りをしている友達が集まって、お米を持ち寄りお米に感謝して恵みを頂きました。米作りをしていない人やしているけど今年も鹿に食べられ全滅させられた友達は旬の野菜や地元の魚を持ち寄ってみんなでお食事会です。
場所はいつもライヴなどでお世話になっている、自然食が美味しいお宿『天然村』。
米作りをしている人がうちを含めて4世帯。永田米と小島米が集まりました。そして米作りをしていない人は美味しいおかずを持ち寄り、みんなで心和む昼食会となりました。
米祭り - 13


米作り、今年は2月にモミの状態から発芽させてスタート、コシヒカリと赤米を作りました。

写真は暗い中で発芽したばかりのためまだ白色の新芽。
米祭り - 02

苗代(なわしろ)を作りお米の苗を育てます。
米祭り - 01


同時に米ぬかを田んぼに返します。肥料はこの米ぬかと木酢液のみ。毎年たくさんのお米を実らせてくれます。ヌカは発酵パワーがありヒエなどの米より大きくなってしまう、雑草抑えにも効果的。
米祭り - 03

4月にみんなで田植え。
米祭り - 04


田植え後一ヶ月で、緑が濃くなります。奥の米は化学肥料を使っている田んぼでお米の色が薄いです。
米祭り - 05

田植えは一本で植えますが、収穫の頃には一本の苗が十本以上に分けつして見事な株になります。一粒から何百ものお米さんがなるのです。
米祭り - 06


収穫は8月でした。多くの友達と旅人で一日で終わらせることができました。みんなどうもありがとう!!去年は大勢のスズメが干している米をほとんど食べてしまって、2週間分くらいしか穫れなかったけど、今年はなんとか4ヶ月分くらい穫れました。自然のきびしさやお米に対する配慮心を毎年学ばせてもらってます。
米祭り - 07

米祭り - 08

米祭り - 09

今年は晴れ続きだったので4日間の干しのあと、脱穀。
米祭り - 11


6,7月と娘の病気の件で屋久島を出ていたので、その間毎日の水管理をしてくれた友達には本当に頭が下がります。お米は稲の妻つまり『雷』がたくさん降りてきた方が美味しいお米になるそうです。今年も梅雨時に雷があったそうで、新米を食べたときはそんなことも考えてしまいます。

今年は初めて収穫後の田んぼで数日間私的お米祭りとして、家族でキャンプしました。屋久島に来てから仕事でトレッキングキャンプに行く以外はあまりキャンプに行くことがないので、子どもたちも大喜び。
米祭り - 10

朝永田岳の方向から昇ってるくる朝日での目覚めや、夜奥岳から吹いてくる岳下ろし。ずっと水が張られ命を育んだ土の上でのキャンプ。感慨深いものがあります。大いなる自然に生かされていることや、自然界に人間が生活する上での無意識の部分のインパクトなどなど、考えてしまいます。屋久島に来てから、ずっとありがたいことに田んぼを地元の方にかして頂き、お米作りをしてきて感じることがあります。お米を自分が作っているんだという感覚から、屋久島や地球、そしてよりもっと大きな宇宙の力がお米を作っていると思うようになりました。もちろん自分もその中にいるんだけど、自分はすごいたくさんの登場人物(存在)の中の一人なのです。

あるとき家の五右衛門風呂で薪で風呂を焚いている時に、おき火で焼き芋をしました。そのとき考えたことは、もしこの芋をまた春に植えて、でてきたツルを畑に植えれば何十個という芋になる。自分が食べるということで、そのエネルギーの循環を止めてしまうんだと。命の源を頂いているという意識は、ごく当たり前に頂きますと言っていた自分には欠けていたんだと思い、はっとしました。


自分が自然の一部であるということは、まさに今にいるという感覚に近い気がします。
今ここ屋久島に住んでいることに感謝です!!

またちょくちょく日記更新していきます。
よろしくおねがいします!

なーや
comment 12 trackback 0
トラックバックURL
http://kaihoya.blog53.fc2.com/tb.php/38-c733924f
トラックバック
コメント
ひさびさの「屋久島から宇宙」!うれしい!
去年は私も貴重なお米をいただいたねー
おいしくてびっくりしたな。忘れられない味。

最近ちょっと自分の中でモヤモヤモワモワした部分があったのだけど、
なーやくんの文を読んではっとした!今にいる(在る)感覚忘れてた!
ありがとう!
また日記楽しみにしてます~★
みほ | 2009.10.10 00:06 | 編集
お米がおいしそうですねi-237屋久島のきれいな水で育った作物はパワーがもらえそうですi-1娘さんの具合は大丈夫ですか?i-227お大事にしてください。7月頃か浜松でパヤカに行ったら、最近佐藤さんが来られたと聞きました。奥さまの実家に来られているのかなぁなんて言ってたんですが・・お忙しそうですが、お体に気をつけてくださいねi-228またいつか屋久島に行ける日を楽しみにしていますi-260
みかん | 2009.10.10 10:44 | 編集
よんでくれてありがと~~
あれから一年たつんだね!!
あの時はいろいろ屋久島からの恩恵を頂きまくった旅だったね。

今しかないって感覚は大切だと思ってるよ。
最近グラウンディングできてないときがあるから、改めて自分自身によく問いかけてるよ~
なーや | 2009.10.10 10:48 | 編集
みかんちゃんへ
コメントありがとう!!
屋久島の水は水晶の空間を通り抜けてきてる水。クリスタルウォーターなんです。だから全ての料理がおいしいんです!!そしてもう一つの料理の決めては真心!

そうそう8月に浜松の実家に滞在してました。娘は今は一安心の状態です。気にかけて頂き、ありがとうございます!!!
実はまた11月のなかばに屋久杉ピースボールのワークショップをパヤカでやらせてもらいます。その時にあえるといいですね。
心よりお待ちしてますね~~
なーや | 2009.10.10 11:03 | 編集
いやーーー、いい日記をありがとう。いいなーーー。米作りってぜひこの人生でやってみたいことだよ。なんか米作りの魅力がよく伝わってきた。いい日々を過ごしてますなーーー!!!ピーーース!
いまたか | 2009.10.10 11:45 | 編集
米のことを書こうと思ったら、もっともっと長くなってしまうよ。思い入れが強いからね。
米作りの魅力を感じてくれて嬉しいよ~!!

愛を伝えるのが一番大切かもね。
ありがとう!!!ピース!
なーや | 2009.10.10 12:14 | 編集
いやー、good vibesありがとうございます!!
お米はパワー半端じゃないね。
遂に縁あって今年終わりから農業を仕事に出来る事になりました!!
新しい展開。色々教えてもらう事もあるかと思うけど、宜しくおねがいしまーす!!!
かい | 2009.10.12 16:38 | 編集
わ~~!!
いきなり農家だ!素敵だね~~~~
引っ越すの?
色々話したいな~~!!

なーや | 2009.10.12 18:39 | 編集
お久しブリッツです!!

米祭り、ありがとうございます。


>田植え後一ヶ月で、緑が濃くなります。奥の米は化学肥料を使っている田んぼでお米の色が薄いです。


本当だね。自然栽培の方緑が濃いわ~。
味の濃さも違うんだろうね~。


>田植えは一本で植えますが、収穫の頃には一本の苗が十本以上に分けつして見事な株になります。一粒から何百ものお米さんがなるのです。


エネルギーの循環だね~。田んぼ結構広いように見えるけど1年分は育てられないんだ。。農業も難しいす。
ヴィッツ | 2009.10.14 00:38 | 編集
すごいねーー!ヨネ祭り!
スローライフっていいなあと思うっす・・・
ぽ卍ち | 2009.10.14 05:11 | 編集
エネルギーの循環ということはまさに自然ってことだと思うよ。
(そういえば、友達が死に際には裸で山に入って自然喪されたいって言ってたな。この場合まさにヒトの循環だね。)

たとえは化学肥料は規定量よりちょっとでも多くあげてしまうと、植物がオーバードーズで過労して枯れてしまう。

けど、薪の灰、つまり木の普段人間が見ているのとは別のエネルギーの形態としての灰は、野菜などにあげすぎても枯れることはなく、木のエネルギーを十分頂いた、野菜はよく育つよ。

自然界はすべて循環でできているんだね。
なーや | 2009.10.18 00:39 | 編集
田舎暮らしの毎日の生活は忙しいです!
台風がきたら風呂に入るための薪にするために流木を探しにいかなければならなかったり、米を食べる食べには2月に種をまかないと、8月にたべれないとか、そういう意味でのスローさがありますね。

田舎生活は是非、体が動くうちにどうぞです!
なーや | 2009.10.18 00:46 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。