--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02.28
Tue
先日阿蘇から新婚のマリオちゃん&ひでぼうが遊びに来た。

マリオちゃんは以前屋久島に住んでいて、ホントによく遊んだし、いろんなことを一緒にやった。
大親友。
ひでぼうと出会って、阿蘇に引っ越すときは、最大限の祝福の気持ちと最大限の寂しさがあった。

でも、結局なんだかんだで頻繁に会っている。
もしかしたら、屋久島島内の反対側に住んでる友達とよりも会ってるかもしれない。

そんなマリオちゃんが、初めてひでぼうを連れて屋久島に遊びに来た。
二人とは阿蘇で何度も会ってるけど、屋久島で見る二人はすごく新鮮だった。

私はいろんなことは脇においやって、3日間を一緒に過ごした。

1日目はまずはナオヤが白谷に案内した。
そして、夕方合流し、私は二人に内緒で計画していたサプライズウェディングパーティー会場へ出かけた。

天然村のゆうちゃんがすばらしいマクロビウェディングケーキを用意していてくれ、みんなとっておきの1品を持ち寄ってくれていた。
何度もウエディングパーティーをしたとのことだけど、ケーキは初めてだったようで、初めてのケーキカット。
包丁にもちゃんと花をあしらってくれてあって、かわいかった!

シャーマン
                    ゆうちゃんのケーキ。たっぷり20人前以上のボリューム!

そして、この日に私は連日の無理がたたって貧血で倒れてしまった。
そしてその日は私はそのままダウン。

翌日、朝からみんなで温泉へ行くことにした。

温泉では、歌を大きな声で楽しげに歌って、周りの人と屈託なくおしゃべりしている、やけに陽気な一人のおばあさんがいた。
お風呂に、いつの時代の歌かも分らないようなレトロさ満点の歌詞で成り立っている歌が響き渡っていた。

私たちが風呂から出てそれぞれ風呂道具を片付けたりしていたら、カフウとハネイがいつの間にかジュースを買ってもらっていた。
私はてっきりマリオちゃんが買ってくれたんだとばかり思って、「ありがとう!」と、マリオちゃんに言うと、「ちがうよ、あのおばあちゃんが買ってくれたんだよ」と、さっきのおばあちゃんを指差した。

おばあちゃんにお礼を言いにいくと、バックの中からタンカンを次々取り出して、「ほら、子どもたちに食べさせ
なさい。」とくれた。
「うちのはもうずーっと無農薬なんだよ。周りの人にね、無農薬で作ってることを「ばかなことをしている」と言われたけど、そう言われると「自分のとこのみかんを食べるのは誰だね?子どもや知り合いでしょ。私はひたすら草をせっせと刈ったり、抜いたりね~。なーんにもばかなことじゃない。と、ずーっとそうして作ってきたよ。」と、袋に入ってるタンカンを一つ残らず私たちに渡してくれた。

そのタンカンは濃い味がして、果汁がこれでもかってくらい詰まっててとても美味しかった。

温泉の入り口で、タンカン作り、子育ての話しを聞いているうちに、おばあちゃんを安房まで送っていくことになった。

道中でもおばあちゃんは陽気に歌を歌っていた。
その歌の歌詞ちゃんと覚えられなかったけど、ただあなたがいて、ちょっとした食べ物があればいいという歌だった。
あれこれ話しているうちに、そばを食べにいこうとしていた私たちにおばあちゃんも同行することになった。

安房にある「きらんく屋」
実は、ここのお蕎麦屋さん、それまで何度もチャレンジしたのだけど、いっぱいだったり、お蕎麦が売切れだったり、臨時休業だったりで、多分かれこれ10回ほど振られた経験があった。
それが、この日やっと実現した。
阿蘇のそば屋「日出や」のひでぼうと一緒に行くことで、やっと切符がもらえたのかも。

そこでお蕎麦を注文し終わると、おばあちゃんの語りタイムが始まった。

まずは自分の身の上話し。
病気を治した話しからはじまり、薬草の話しを聞いた。
その薬草とはヨモギ。

毎日欠かさずヨモギを摂取することでどんな病気でも治るそう。
ただし、これにはいくつかのルールがあって、その一つが「農薬がかかっていないヨモギ」という点。

不治の病が治った話しや、体調が改善した話しをみんなで真剣に聞いた。

そんな話しをしているとき、ふとおばあちゃんがマリオちゃんを見て
「目が悪い人もね。。」と言った。

その日の朝、マリオちゃんは「最近目の調子が悪くて。」と言い、みんなで目の神様の祠にお参りに行ったところだった。

マリオちゃんは、「え!目も治るんですか?」と聞いたら、おばあちゃんは「目が悪い人が治ったという話し?私は聞いたことがないけどね。」
と、数秒前に、自分が話したことを全く覚えていない様子だった。

そして、またヨモギの話しに戻っていった。

それからまた数分後、おばあちゃんは今度は私を見て指をくるくる回しながら「目が回る人もね。。」と言った。
私は前日、貧血で目が回って倒れていた。

みんなもうびっくりして「おばあちゃん、何者ですか?」「あなたはシャーマン?」と口々に言った。

私が「私、昨日貧血で倒れたんですよ。目が回ってね。」と言ったら、またさっきと同じように全く覚えていない様子で「目が回ったの?あれまぁ!」という調子。

みんなますます興味津々で、ヨモギについて、これまでの体験談について話しを聞いた。

そんな話しの中で新芽を採ったらいいよとおばあちゃんが言うので、一人が「今、まさに新芽の季節だ。まだこんなに小さいヨモギがいっぱい出てるよ!」と2cmくらいの大きさを示したら、
「だめだめ、そんな小さいのを採っちゃ。大きな株から採りなさい。そしたらまた脇からたくさん出てくるから。小さな物は採ったらおしまい。大きい株から少しだけ頂きなさい。」と言った。

おばあちゃんは全く特別なことを話すという様子もなく、淡々と体験談や自然との付き合い方を話していたが、それはまるで儀式のようだった。
一人一人にメッセージを下ろし続けた。
そして、そういったメッセージについては、その後もう一度詳しく聞こうとすると、全く記憶がない様子。
無思考の状態で言葉を発していた。

以前、オーラソーマをはじめたばかりの私の元にヒーラーの方が3名いらっしゃったことがある。
私にとって、その3名の方とのセッションはとても意義深いものだった。
ヒーリングとは一方向の物ではなく、双方向によるエネルギー交換であり、そこでのメッセージはクライアントの方だけではなく、私へのメッセージでもあるのだということを体感した。

その時の一人、クリスタルヒーリングのようこさんが、何気なくナオヤに「あなたは音を紡ぐ人」と言った。
その頃のナオヤはまだクリスタルボウルをやっているワケでもなかった。
ただ、その一言は何故か私の中にも、ナオヤの中にも残り続けた。

そして、それからしばらくしてナオヤは師匠の牧野持侑さんのライブに行き、いきなり「オレ、クリスタルボウルやりたい!」と言い、持侑さんに連絡し、翌月には持侑さんの元で教えてもらうという流れがあった。

それから何年も経ち、ようこさんと札幌で再会し、屋久島でようこさんが言った「あなたは音を紡ぐ人」の話しをしたら、「全然覚えてない!私、そんなこと言った?!」と、みんな大笑い。「でも、全然覚えてないってことは、それを言ったのは私じゃない、別次元からのメッセージってことでしょうね。」と一言。

このおばあちゃんが発するメッセージはまさにそんな感じだった。

その後、おばあちゃんを家まで送るという願いはかなわず、近所まで送り、そこからおばあちゃんは徒歩で歩いて帰ったのでした。
またこのおばあちゃんに会いたいな。
でも、必要な時にまた現われてくれそうな気もする。

さっそくずっと取りかかってみたかった庭の薬草酵素作りもやってみようという気になった。

薬草を採取する時は、無言だそう。
家族全員で、無言で庭の薬草を摘むといいらしい。
目が合ったものを摘む。
カフウとハネイがいたら、無言は無理だろうけど、出だしだけでも無言採取にチャレンジしよう!
そして、その酵素をみんなで毎日かき混ぜる。
そうすると私たち家族が持っている常在菌がその酵素に含まれて、私たち家族に必要な酵素を生み出してくれる。
目には見えないけど、ある菌。
これからの時代を担うものかもね。

そうそう、きらんく屋のお蕎麦はとっても美味しかった~!
カフウとハネイは、阿蘇の「日出や」や行くと、かるく2枚はペロリと食べてしまうのだけど、きらんく屋に行く前にタンカンをたくさん食べたにも関わらず、やっぱり大人用一人前づつをペロリと平らげ、「もっと食べたい!」ととても気にいった様子。

そして、初めて屋久島に来たひでぼうも屋久島をとっても気に入ってくれたようで、帰りの見送りの時には「また近々来るよ!」と嬉しいことを言って帰ってくれた。
今回は2回森へ入った。次回はもっと本格的に山に行けたらいいね。
マリオちゃんも自分が住んでいた場所にひでぼうを案内できて、うれしそうだった。

二人のエネルギーがあのおばあちゃんを引き寄せた気がする。
おばあちゃんは二人のために何度も何度も歌を歌っていた。

私たちは二人が乗ったフェリーに見えなくなるまで手を振った。

この大きな地球上にはたくさんの人が住んでいて、そのほとんどの人のことを私たちは知らない。
こうして、出会って、一緒にご飯を食べたり、おしゃべりしたりする関係性ってすごく濃いものですね。
そして、こういう濃密なものがあらゆる場所にある。
そこで混じり合うエネルギー、そしてまた新たなエネルギーになり、別の場所へ運ばれていく。
目には見えないけど、確かに存在するエネルギーが、いつか目に見えるカタチとなって現われるのかもしれない。

出会いって、面白い!

シャーマン1
                          ひでぼうとまりおちゃんと行った森。

たかえ

☆カイホー屋 春の屋久島リトリート大募集!☆
合宿型のツアーです。ピンと来た方、お気軽にお問い合わせ下さいね。
みんなでピュア共鳴しましょう~

各回先着6名様です。
3月23日(金)~25日(日) 満員御礼 ありがとうございます!
4月13日(金)~15日(日) 残4名様
comment 6 trackback 0
トラックバックURL
http://kaihoya.blog53.fc2.com/tb.php/377-3b5fa26e
トラックバック
コメント
わあ、なんだかすごい方に出会われましたね。
精霊のような方ですね。
蓬って本当にすごいんですよ。
チベットでも万能薬的によくつかわれる薬草らしくて。
お灸にもなるし。
お茶にしてもいいみたい。
あとスギナもいいときいてます。
屋久島に生えている植物は人の手をかけなくても自然に生えているというだけで十分エネルギーがあるとおもいます。
ハーブの酵素はつくるの難しいときいてますが
私も屋久島に本移住したら野草酵素試してみたいです。
ひのみ♪ | 2012.02.28 12:42 | 編集
ふしぎなおばあちゃん!

あぁ、よもぎつみたくなってきた^^
よもぎもちもたべたくなってきた^^
map | 2012.02.28 15:05 | 編集
時空を超えた存在のようなおばあちゃんでした。
ヨモギは本当にいいみたいですね。
うちの庭にもいっぱいいろんな薬草が生えています。
さあ、今の時期摘むべきか、どうか??
迷うところです。
野草酵素は屋久島で作っている人いっぱいいますよ。
みんなの酵素を混ぜたブレンド物もすごくよさそうです。
屋久島の「カイホー屋」たかえ | 2012.02.28 21:33 | 編集
何もかもが不思議なおばあちゃんだったんです。
帰りに車を降りたおばあちゃんを見たのですが、なぜか妙にしゃんとしてて、さっきまでのおばあちゃんじゃない感じで、颯爽と去っていく姿も印象的でした。

ヨモギ餅、私も大好物です!
屋久島の「カイホー屋」たかえ | 2012.02.28 21:35 | 編集
たかえちゃん、屋久島ではありがとうね!ゆうきと三人のセッションも楽しかったね。ひさびさに気持ちよくうたえたよ。ヨモギのおばあさん、ほんとうに不思議だったねー。よもぎ阿蘇ではこれからだな~。明日は、南阿蘇の地域通貨の集まりにいってくるよ☆
マリオ | 2012.03.02 16:13 | 編集
ゆうきとのセッション楽しかったね。私も久々に声出して歌ったりなんかしちゃって、カイホーだったよ。
ヨモギはぜひ試してみたいね。
マリオちゃんも試したら教えてね。

地域通貨が、いろんなところでどんどん発達していくといいなって思う。
今日は私は初めて水で支払ってもらったよ。
今まで使うばかりだったけど、初の収入。うれしい!

ひでぼうとの2回目の屋久島も楽しみに待ってるからね~
屋久島の「カイホー屋」たかえ | 2012.03.02 21:21 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。