--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02.29
Wed
福岡でのワークショップを終えて、目指すは出雲の国。

初の島根はちょうど冬至のころ。

毎年ツアーは、タイミング的に夏至や冬至をどこかで迎えるようなスケジュールになっています。
前回は福岡で夏至を迎えて、クリスタルボウルで夏至の祈りを捧げることができました。

何年か前から、屋久島の仲間と春分、夏至、秋分、冬至に祈りを捧げる「レインボープレイヤーズ」というイベントを行っています。
今はみんな個人の活動があり、それぞれ縁のあった場所で個人的に祈るようになってきています。


当初の予定では福岡で当時を迎えるはずだったのですが、、
福岡から夜行バスで出雲を出る予定が、バスセンターに連絡してみると予約でいっぱいで乗れないことに気がつきました。
冬至の当日。

急遽、電車で出雲に向かうことに。
バスで出雲入りしたら、冬至の翌日につく予定だったのでこれも流れ、と思い
わくわくで福岡を出発!

旅の巡り 出雲冬至玉造1
途中の乗り換えした駅での沈む冬至の太陽。
きらきらが眩しすぎます!!
駅のコンコースで暫しの祈り。



出雲に着いた頃はもう真っ暗でした。

この日泊まるシェアハウスのしじみ君となみちゃんが出雲駅まで迎えに来てくれていました。
そして、今日は仲間たちと明日を考える会があるので、一緒に行かない?と。
原発に関して、この出雲でこれから何をしていったらいいのか?みんなで話しをしてみようという会で、
キャンドルナイトでした。

実は今回出雲入りするに際して、出雲大社にお参りする予定がありませんでした。
自分の中では、玉造湯神社にお参りすることがメインだったのです。
玉造湯神社は古来より勾玉や玉、管玉をメインで作っていた集落にあり、玉作りの神様を祭っています。

けど、出雲に入った冬至の日、最初に呼ばれたのは出雲大社の表参道の鳥居の目の前の「いずも屋」でした。
会も終わりにさしかかった、23時50分ころ。
冬至の日が終わる直前に大社さんに向かい、祈りとともに土地へのごあいさつと奉納演奏をすることができました。
旅の巡り 出雲冬至玉造2

なんだか出雲大社をないがしろにしていた自分を情けなく思うとともに、きっちりこういうタイミングで呼んでくれる土地のエネルギーにただただ感謝でした。

出雲大社
出雲大社は、主祭神として大国主命(おおくにぬしのみこと)をお祭りし、古代においては「雲太、和二、京三」といわれるほど巨大な社殿をもっていた、とても影響力のあるお社です。
「雲太、和二、京三」は、平安時代の源為憲の「口遊(くちずさみ)」という本に書かれているもので、当時の建築物の背の高い順を謳った数え歌です。
 
 当時の出雲大社は画像のような大きな柱に支えられ、高さが16丈(48m)もあったそうです。

 因みに「和二」は東大寺大仏殿、「京三」は大極殿八省(今の平安神宮)のことだそうです。

~神門通り 甦りの会より抜粋~



出雲のライヴでセッションした長田くんの実家が藍染め工房をしていると聞き、「永田染工場へ」翌日さっそく訪ねてみました。
江戸時代から続いている、全て手仕事の藍染め。
ただただ、感動します。
旅の巡り 出雲冬至玉造11
藍のカメの上の方に神棚があることに気がつきました。
藍の神様を祀っているそうです。


家の目の前を流れる小川で白く染め抜かれているところの米から作っている糊をこそいでいきます。
こういう風景って、豊かだなあ。
旅の巡り 出雲冬至玉造13

その昔は結婚する時に必ず嫁入り道具として揃えられた、風呂敷。
真ん中に家紋が入り、まさにジャパン^^
旅の巡り 出雲冬至玉造12
すごくいい時間を過ごさせてもらいました。




次の目的地は、待ちに待った玉造湯神社。
旅の巡り 出雲冬至玉造15
この、生まれては消えていく雲がまさに出雲。
雲が印象的な出雲です。



屋久杉玉磨きをしている身として、玉造湯神社への参拝はとても意味深いものになりました。
旅の巡り 出雲冬至玉造14
この鳥居をくぐって階段で本殿にいきます。


下の鳥居を見た瞬間に、デジャブがありました。
明らかに以前見たことのある風景が、そこにはありました。

懐かしい感覚などではなく、確かにここにいたような感覚でした。

宮司さんと話しをさせて頂き、次回6月のツアー中にまた訪れて玉を奉納させて頂けることになりました。
さっそく磨いています!!


その後、出雲のライヴにお越し頂いた方が八重垣神社で巫女をされていたので、お参りにいきました。
須佐之男命が大蛇を退治したという、池があります。
旅の巡り 出雲冬至玉造16
本殿の奥にある、木のウロの中のリンガ。
かっこいい~


こちらの奉納演奏を快く受けて頂き、次の旅立ちへの北海道の前に島根の地への別れの挨拶。
いつも演奏は即興でその土地のエネルギーを受けて演奏しますが、
この時は自分にない(自覚がない)一面が現われてきて、新たな発見もありました。
旅の巡り 出雲冬至玉造17
あらゆる場面でサポートして頂いた皆さん、本当にどうもありがとうございます!!!


なーや



☆カイホー屋 春の屋久島リトリート大募集!☆
合宿型のツアーです。ピンと来た方、お気軽にお問い合わせ下さいね。
みんなでピュア共鳴しましょう~

各回先着6名様です。
3月23日(金)~25日(日) 満員御礼 ありがとうございます!
4月13日(金)~15日(日) 残4名様
comment 4 trackback 0
トラックバックURL
http://kaihoya.blog53.fc2.com/tb.php/376-c60e066a
トラックバック
コメント
わあ、びっくりです。。
この出雲大社の高い柱に支えられてる光景
夢というかビジョンでみました。
こんな絵があるんですね。。
出雲大社まだいけてないのです。
なんかやっぱりすごいですね。。
ひのみ♪ | 2012.02.29 20:33 | 編集
お~!!
ビジョンで見ていたとは!!
載せてよかった~~

いつかばっちりのタイミングで呼ばれるはず。
楽しみですね!!!
屋久島の「カイホー屋」なーや | 2012.03.01 00:30 | 編集
ひらひらと雪の舞う12月の宵、
凛とした空気に響くクリスタルボウルの音色は、本当に素敵でした。
いつもの拝殿が違う世界になったようでしたよ。
寒い中、ありがとうございました(*^_^*)
ハル | 2012.03.08 13:17 | 編集
こちらこそ!!
ありがとう~~

出雲のご縁ってほんとすごいなあと思う^^

このご縁はきっとみんなを屋久島に招待してくれるはず。
そうそう蒼に来ていた方の友達が早速呼ばれて、今度来島しますよ~~
屋久島の「カイホー屋」なーや | 2012.03.08 13:35 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。