--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02.17
Fri
例えば、何かトラブルがあった時に、そのトラブルへの対処方法は人それぞれ。

私は真正面から行くタイプだし、ナオヤはトラブルって何?って感じ。

今まではそういう違いで、何かと自分とナオヤを見比べては「あーでもない、こーでもない」と考えたり、実際ナオヤとぶつかったりしながら考え方の違いってあるよね、なんて思っていたけど、最近はここにカフウも入ってきて、違いというものの違いっぷりに考えさせられることが多い。
って、すごく変な言い回しだけど。。

今までは本気でとことんぶつかる相手がナオヤだけだったから、この「違う」ってことをよく理解していなかった。
そこにもう一人の存在が現われて、物事が立体感を帯びはじめた感じ。

一つの出来事に対して、こんなにも捉え方が違うんだ!っていろんな場面で感じる。

当然これまでもそういう場面はいっぱいあったんだろうけど、なぜか気づかなかった。

子どもの頃、両親は、私が先生とどう接するかという点において全く違うことを言った。

父は「先生の言うことを全部信じるな。先生というのは先に生まれたと書く。それだけだ。先に生まれた人が全て正しいと思ったら大間違い。」と言い、
母は「先生の言うことをきちんと聞きなさい。先生はあなたのためを思っていろいろ言ってくれているのだから、素直な気持ちで聞きなさい。」と言った。

子どもの私は単純に「先生の言うことは聞くか聞かないかのどっちかだ」と思った。
これはまさに平面的な捉え方。

でも実際は、父の言ってることと、母の言ってることのどちらも真実の部分もあるし、相反するものではなく、両立することなのだ。
先生は私のためを思って色々言ってくれてても、間違ったことを言うこともあるし、反対に私のためなんて全く思ってなくても、先生の発言によって、結果それが私にとっていいきっかけを与えてくれることもある。
それに、私のことを思ってるかどうかなんて、永遠に分りっこない。
きっと先生自身にだってわからないだろう。

私も「子どものために」といろいろ思ってやっているけど、本当に子どものためかどうかはわからないからだ。
ただ私にわかるのは、私は子どもたちのことが好きだってことだけ。

先日も子ども同士のちょっとしたトラブルがあって、どう対処すればいいのかということを私もナオヤもカフウに色々あれこれ言った。

私は自分の子どもの頃のことを思い出して、ナオヤに「親の言ってることってすごい影響力あるよね。」と言ったら、「そう?それはたかえの場合でしょ。カフウはカフウだから、ぜんぜん違うと思うよ。何でも自分に当てはめて考えなくてもいいよ。」と言った。

私たちの意見ばかりじゃなく、いろんな人からの意見を聞いて、カフウ自身が判断すればいいことだ。

確かに私は子どもの言動を見て、すぐに自分に当てはめてしまう。
でも実際はぜんぜん間違ってたりする。
その証拠に、すごく落ち込んでるんじゃないかと思っても、全くそんなことなかったり、その反対に何の気なしに言ったことでひどく気分を害したりしている。
違いをいろんな場面で感じる。

そう思いだしてからは、能天気なナオヤに対して割と寛容になったつもりでいたけど、
今日は「最近の私、ナオヤに対していろいろ口うるさく言わなくなったでしょ!」と鼻高々で言ったら
「全然。全く変わってないよ。たかえはいつでも口うるさいよ。」と言われた。

私はがっくりしたけれど「それなら、それが私ってことだからしょうがないね」と言ったら
「知ってるよ。ふふ!」と言いながら、私の靴下にいっぱいついてる草の種を
「こうゆう所がたかえなんだよ。全く変わらないよ。」と言いながら全部きれいに取ってくれた。

ナオヤに指摘されるまで、そんなものが靴下にびっしりついているなんて、全く気づいてなかった。

世界は360°全方向に向かっている。

でも、私の興味はせいぜい180°。
それが多少揺らいでも、左右に45°づつくらい。

だから、私のど真ん中の興味の背後90°くらいは、全くの暗闇。

本当は360°見渡せる姿勢で生きたらいいんだろうけど、そうじゃないところが、個性というか、方向性みたいなものなんだと思う。

同じ方向を向いてる人が集ると、それはそれは多くの光が集って、ビッッカー!!と先まで見える。
恐怖心も吹き飛ぶ程に。

でもそんな時、背後の闇はさらにさらに深くなっている。
そこで何が行われているのか、同じ方向を見ている人には全く見えていない。
安心しきって意気揚々と進んでいたら、後ろから何かとてつもないものが迫ってたりして!

だからいろんな人がいて、いろんな方を向いていて欲しい。
私の暗闇を照らしてくれる存在はありがたい。

意見や考え方が違う人というのが、私にとって暗闇を照らしてくれる存在。

家族という小さなコミュニティーの話しだけじゃなく、地球を共有している地球ファミリーも一緒。

いろんな考え方の人がいて素晴らしい。

原発事故があって、それを今みんなで経験中。
そしてあまりにも違う一人一人の反応。

最初は自分と周りとの温度差にこんなんじゃいけない!と思ったけど、今は全く違う思いで、この違いを見ている。

つまり、私の暗闇を照らしてくれる人がいっぱいいるから、私は私の道を突き進めばいいのだ。
背後は安心して、任せて、自分の信じる道を行く。

世界は平面ではなく、全方向に広がる立体。
光を全方向に広げて、全てを照らし出そう。
そして全てを包み込もう。

驀進!(もちろん休憩もしますけど。。)

暗闇を照らす存在
       写真で見ると円ぽく見えるけど、球体。
       この球体に沿って光が走っているのなら、その光はいずれ光の「源」に戻って来る。
       ただし、それはこの球体が閉じられた世界だとしたときの話し。
       実際は、地球は宇宙に対して開かれていて、
       飛び出した光の動き×地球の自転×公転×太陽系の自転×公転。。。すごい~
       どこまでも螺旋の世界ですね。

たかえ

☆カイホー屋 春の屋久島リトリート大募集!☆
合宿型のツアーです。ピンと来た方、お気軽にお問い合わせ下さいね。
各回先着6名様です。
3月23日(金)~25日(日) 満員御礼 ありがとうございます!
4月13日(金)~15日(日) 残4名様
comment 10 trackback 0
トラックバックURL
http://kaihoya.blog53.fc2.com/tb.php/370-10a86a66
トラックバック
コメント
うまくことばに表せないけれど
強く共感^^
map | 2012.02.17 11:42 | 編集
私は色々後先影響考えて恐れも多くて頭に気が行きやすいので、足元にくっつき虫いっぱいつけてきがつかないタイプですww♪
だから牛みたいに動かず今にしか意識がない旦那と結婚したんだろうなとおもいます。そういうところほんとに尊敬するし、私をグラウンディングさせてくれる人だと思います。娘も私とはまったく違うタイプでキラキラ乙女です。でも何かの縁で一緒に居るということはきっと似たところも多いはず。ということは自分の中にないと思ってる旦那の部分や娘の部分もきっとあるんだなって。

家族って面白いもんですね。
ひのみ♪ | 2012.02.17 12:50 | 編集
ありがとう~
屋久島の「カイホー屋」たかえ | 2012.02.17 19:26 | 編集
ひのみさんファミリー、素敵なバランスでしたね。
娘さんのキラキラっぷり、さっそく小学生の男の子が目ざとく気づいてちょっかい出してる感じがかわいかったなぁ。娘さんは翻弄してましたねぇ。大人の私から見ると面白い場面でした。
うちも娘たちはキラキラですね。
屋久島の「カイホー屋」たかえ | 2012.02.17 19:31 | 編集
たかえさんおはようございます。
とかちは今朝もめっちゃ冷えました~
-18°です!!(濡れたタオルを振り回すと一瞬で凍ります)

考え方の違い。
激しく共感します。
ここ数日それを目の当たりにして自分との考え方の違いに一瞬頭の中が???ってなった出来事がありました。
でも結局の所『あなたの考え方はそうなんですね』って自分の中に落とし込んで…
みんな違って当たり前ですよね。
そんな風に考える人も居るんだと、私も一つ学んだ出来事でした。

意見や考え方が違う人が私にとっても暗闇を照らしてくれる存在かもしれません。
たかえさんのブログを読みながら、昨日まで色々考えていた事が実は自分の事しか考えていなかった事に気が付きました。
私の暗闇を照らしてくれていた存在に、今度は私が光を照らすことが出来るといいな。
たかえさんありがとう。


とかち宇宙堂 恵子 | 2012.02.18 07:29 | 編集
たかえさん こんにちは。

恐怖心も吹っ飛ぶ たくさんの光…想像したら 元気が湧いてきました♪
きぃ | 2012.02.19 05:32 | 編集
こんにちは!

最近みんなどんどん自分を表明するようになってきたと思います。
だから、当然違いは明らかに。
そうそう、違って当然です。
私も最近いろいろ表明しているので、違いを感じることがとっても多いですが、意見をくれる人には本当に感謝しています。
スルーすることもできるのに、ちゃんと違う意見を伝えてくれるのはありがたいですね。
それに、恵子さんの言う「私が光を照らす」は本当にその通りですね。
人に照らしてもらったら、きっと恵子さんも誰かを照らしているってことだと思います。
私もなるほど~って、納得しました。
こちらこそありがとうございました。

濡れたタオルを振り回すと凍るというのは、旭川出身の友達に15年くらい前に聞いて以来、やってみたいことの一つです。
寒いところは大の苦手の私ですが、それだけはいつかやってみたい!
あと、髪が凍って、走ると凍った髪が綺麗な音を立てるそうで、それもやってみたいのです。
今日は今から、屋久島雪祭り(我が家のみで開催ですが)行ってきます~。
屋久島の「カイホー屋」たかえ | 2012.02.20 10:34 | 編集
うわー、お久しぶり!
屋久島にいたきぃちゃんだよね?

そうそう、やっぱり同じ考え方の人が集ったときの先まで見通す光はすごいよ!
物事もスピーィーディーに進む。
違いも大事だけど、同じも大事にしていきたいです。
屋久島の「カイホー屋」たかえ | 2012.02.20 10:37 | 編集
短い文だったので誤解させたようですみません!
屋久島にいたきぃさん、とは別です~

3月のツアーでお世話になる 鹿児島市のきぃです☆

お返事頂けて嬉しいです♪
きぃ | 2012.02.21 07:06 | 編集
こちらこそごめんなさい~
早とちり!!

もう来月ですね。
お会いするの楽しみにしています!
屋久島の「カイホー屋」たかえ | 2012.02.21 21:05 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。