--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06.16
Tue
久しぶりのブログの更新です。

今現在、私たち家族は屋久島を出ています。

「六ヶ所村ラプソディー」の上映会、25日に行われる暦と食のワークショップ、26日に行われる「ぶんぶん通信no1」の上映会&トークライブ。
色々なイベントの企画をしていましたが、12日以降自分達で運営できない状況になってしまい、友人たちがみんなでこの企画を継続してくれることになりました。
本当にどうもありがとうございます。
今は極限状態の中、「愛」を日々感じています。
「全ては完璧」「乗り越えられることしか起こらない」「大丈夫!」
友人からの言葉の数々が私を奮い立たせる。

愛あふれる場所に皆さんも是非足を運んでみてください。


SUPER NATURAL ~暦と食のワークショップ~
09年6月25日(木) 17時~21時  
場所:うふふカレー(屋久島・楠川)
ゲスト:冨田貴史さん(暦の話し)、杜岡遥さん(食のはなし、フードコーディネート)

普段何気なく使っている暦、何気なく口にしている食べ物。
自然のリズムに乗って、暦と食を見つめてみましょう。
そこからむくむく姿を現すスーパーナチュラルな世界。

屋久島永田在住の舞踏家藤條虫丸さんの畑で作られた、屋久島パワーいっぱいのスーパーナチュラルな食材を使い、杜岡遥さんが氣をこめてお料理。


冨田貴史さんプロフィール
千葉県出身、 京都在住。青森県六ヶ所村にある使用済み核燃料再処理施設をめぐる人々の声を推進・反対の枠を越えてインタビューしたドキュメンタリー映画『六ヶ所村ラプソディー』を携えて少人数で語り合う上映会を全国120か所で企画する。原子力、旧暦・13の月の暦、時間、お金などのワークショップのファシリテーター。上関原発計画と向き合う山口県祝島を中心に描くドキュメンタリー映画「ミツバチの羽音と地球の回転」制作スタッフ。《未来につないでいく持続可能な暮らし方を探る》活動を展開。
著書『わたしにつながるいのちのために』
はネットでも読むことができます。


杜岡遥さんプロフィール
食文化研究。大阪にて食に関するワークショップ、料理教室等開催。6年前に出産後、屋久島・永田に移住。ご主人の藤條虫丸さんの旅公演でもフードコーディネートを手がける。現在3人の子育てをしながら、愛ある手作り生活実践中。


ワークショップ+食事付き2500円
ワークショップのみ 1500円
食事のみ 1000円
食事は25名まで限定。定員になり次第締め切らせていただきます。

マイ箸、マイ皿の持ち寄り大歓迎!

申し込み 0997-47-3495 マシマシ


☆「ぶんぶん通信no.1」上映会&トークライブ 

   日時:6月26日(金) 開場18時
   場所:屋久島・宮之浦 離島開発センター
   料金:大人 前売り800円 当日1000円  
      中学生/高校生 前売り400円 当日800円  
      小学生以下無料
   

○ぶんぶん通信no.1
「六ヶ所村ラプソディー」に続く、長編ドキュメンタリー映画「ミツバチの羽音と地球の回転」(2010年公開予定)の制作途中の報告を兼ねたビデオレターです。山口県熊毛郡上関町祝島での撮影を中心に新作で描こうとしている今まさに起きている現実をなるべくリアルタイムで報告しています。もう一つの舞台はスウェーデン。スウェーデンでは環境にいいエネルギーを選ぶ制度が12年前から始まっています。   
   

○トークライブ出演者
   トミタタカフミさん
   柴鐵生さん
   藤條虫丸さん
   
   
冨田貴史/トミタタカフミさんプロフィール
音楽アーティストのマネージャー、専門学校講師を経て、2003年、イラク戦争を機に平和や地球環境に取り組むことを始める。2006年からは、核というテーマを通じて生き方を問うドキュメンタリー映画「六ヶ所村ラプソディー」「ホピの予言2004年版」の上映会や、核、エネルギー、お金、時間などをテーマにした勉強会やワークショップを、全国各地の仲間たちと年間200〜300本ペースで行ない続けている。映画「ミツバチの羽音と地球の回転」製作スタッフ。京都市在住。
著作「わたしにつながるいのちのために」

柴鐵生さんプロフィール
昭和18年3月8日、屋久島永田生まれ、高校時代までを屋久島で育つ。
中央大学、法政大学で学ぶも、どちらも中退。7年間東京での生活を経験し、昭和45年に、屋久杉原生林保護を目指して帰郷。
昭和46年から平成11年の28年間上屋久町議会議員、
昭和47年より「屋久島を守る会」のメンバーとして原生林保護運動に関わる。
平成12年12月、NHKプロジェクトXで紹介される。

藤條虫丸さんプロフィール
ダンサー・振付家・演出家。
日本を代表するダンサーの一人としてソロ活動の他、演出・製作・振付・ワーショップ等内外で活躍。旅と芸をないまぜに、天と地、生と死、時空間そのものを自らの舞台とするダンススタイルは「天然肉体詩」という独自の世界を作 り上げ老男若女を間わない幅広い層の人々に鮮烈な 印象と根源的な感動を与えている。
異分野・ 海外アーティストとの交流・共演も数多く世界中にファンや支援者を持つ。
2004年より屋久島に移住、半農半芸のライフスタイルを通して、日々繰り返される天然自然の営為をみつめつつ心身に心地よい遊び暮らし=アートライフを模索中。


柴さんは20数年前六ヶ所村を訪れ、当時の原子力推進派と反対派を見てきた。
トミタさんは今現在、六ヶ所村、祝島を訪れ、そこでの現実を全国へと伝える活動をしている。
虫丸さんは日本全国、世界各地を旅している。
現代の吟遊詩人3人がそれぞれの視点で、メディアに頼らない視線からの真実を語る。


日本はどこへ向かおうとしているのか?屋久島はそんな日本の中で、どんな立場なのか?屋久島の中から、外から見る環境とは?
質問コーナー、お客さん、出演者入り交じっての意見交換の場などを設け、色々な立場の人からの様々な意見を皆が共有できる場になればいいなと思っています。

お問い合せ・連絡先 080-6452-1856 マシマシ

たかえ

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://kaihoya.blog53.fc2.com/tb.php/37-0ee4fb08
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。