--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02.14
Tue
屋久島は真冬でもたくさんの虫たちが活動しています。
夜に道を歩いていると、虫の鳴き声が聞こえてきたり、ちょっと晴れるとはえがプンプン家の中を飛んでいます。
田んぼでは夏と変わりなくコオロギがたくさん住んでいます。
田んぼ作り始まる&お香02
庭にいた、ナナフシ。



天気のいいある朝、思い立ったように田んぼ作りを始めました。
まずモミ付きのお米を水に入れます。
これは去年穫れたお米で、何年もかけて屋久島の気候風土に合わせていきます。
田んぼ作り始まる&お香03
水に入れたモミは、中身がしっかり詰まっていない軽いものだけ浮いてきます。


右側が浮いたモミ。
田んぼ作り始まる&お香05
浮いたモミはまた乾かして、精米して後でいただきます。


田んぼ作り始まる&お香04
しっかり沈んでいるモミと、浮いているモミ。
この一粒のモミから、何百というお米がまた実ってくれます。

日めくりカレンダーなど見ると、一粒万倍デイというのがあります。
実際に田んぼ作りをしていると「お米の一粒」にフォーカスしている自分がいます。
炊いたお米は一食で何百何千というお米をまとめて食べます。

何年か前に、五右衛門風呂の焚き口でサツマイモを焼いていた時。
もしこの芋を食べずにまた畑に植えて、手入れすれば一つの芋からまた何個もの芋ができるんだなあ、としみじみ感じていた時に芋の命を初めて感じた瞬間がありました。

全ての命は繋がっていて、巡り巡っているんだなあと。

芋があんなにイキイキと見えたことは初めてで、びっくりしたことを思い出します。



選別を終えたモミを裏の川につけて、第一弾終了~
田んぼ作り始まる&お香06

永田岳の雪解け水に、お米たちは喜んでいるはず。
雪の永田岳とトンビ


その後、田んぼへ。
同時進行でモミを蒔く土作りをします。
田んぼ作り始まる&お香08
一緒にクワを持ち和気あいあいモードでやらないと、子どもたちは飽きてしまいます。
上手だね~~~


一緒に開墾している田んぼの片隅のこの小さな土地は、
子どもたんぼ。
田んぼ作り始まる&お香09
奥に続く道を追いかけっこしていた花風と葉寧は、
ぎゃーぎゃーキャーキャー言いながら、めっちゃテンション上がって笑いまくり。

平和だな~

「とうちゃん~笑うと心がぽかぽかするって知ってた?」と花風。
ホントだね。ぽかぽかだ!!



田んぼ作り始まる&お香10
あと1、2ヶ月すると、この田んぼはレンゲ畑になります~
レンゲは田んぼのいい緑肥(肥料)になるんです。

今年も田んぼさん、どうぞよろしく!!



なーや

フェイスブック(本名 佐藤直哉)をやっています。
ブログを通じてご縁を頂いているみなさんとも繋がりたいので、気軽に申請して下さいね~



☆カイホー屋 春の屋久島リトリート大募集!☆
合宿型のツアーです。ピンと来た方、お気軽にお問い合わせ下さいね。
各回先着6名様です。
3月23日(金)~25日(日) 満員御礼 ありがとうございます 
4月13日(金)~15日(日) 残4名様
comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://kaihoya.blog53.fc2.com/tb.php/362-9112bd68
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。