--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02.08
Wed
ナオヤが2ヶ月のツアーから帰ってきて、すっかり様変わりの我が家。

今日はいきなりの断捨離がはじまり、家の中にいろんな物があふれかえっています。
いったいどこにこんなにたくさんの物が収まっていたのか?
ドラえもんのポケットのようです。

私は何も捨てたくない派なので、こういう場面になると一気にモチベーションダウンです。
ナオヤはイキイキした表情で次から次へとゴミ袋に嬉しそうにいろんな物を投げ入れています。
断捨離に関しては、私が一緒にやると足を引っ張ることになるので、一人でやってもらう方がいいですね。

ナオヤのツアー中は、子どもたちが寝た後、毎日ブログ記事を書いていましたが、帰ってきてからはすっかりいろんなことをナオヤに任せて、私も子どもたちと寝入ってしまうことが多く、ブログもお休みしてました。
いろんな緊張感がぷっつりと切れ、今はのんびりだらだらとした空気感が私の中を流れています。

ということで、久々にブログ記事を書いています。

先日2月5日のモスオーシャンハウスでの屋久杉玉磨き&クリスタルボウルライブは素晴らしかったです。
総勢43名のエネルギー交換でした。

2時スタートと言っても、その時間に集らないのがホント屋久島っぽいというか。。
最初は10人ぐらいでスタートしましたが、徐々に増えていって、気づいたら、身動きできないくらいのすごい人数。

こんなにたくさんの方が来てくれるとは予想もしていませんでした。
モスオーシャンハウスの駐車場もいっぱい、会場内もいっぱいで、ばんばんのエネルギーが充満し、交差していまいした。
会場内がいっぱいだったのが、逆にとてもいいエネルギー交換の場を作り上げていました。
隣同士に座った人とは自然と会話がはじまる。ちょっと移動すると、そこでまた会話や笑顔の交換。

私は最初キッチンでおにぎりを作っていたのですが、おにぎりを握りだすとすぐに「手伝うよ!」とヘルプが入り、私が誰にも何にも頼まなくても、みんなどんどんいろいろしてくれるのです。
1升2合のおにぎりがあっという間に出来、キッチンもいつの間にかキレイに整えられているという素晴らしさ。

みなさんお得意のお菓子やパンや作って持ってきてくれたり、いろんなフルーツだったり。食べ物コーナーになったテーブルはかなり充実していました。

漁師の友人は大量のすり身を仕込んできてくれて、その場でアツアツのお魚コロッケをあげてくれました。
みんなハフハフ言いながら美味しそうに食べていました。

結局2時半からスタートした屋久杉磨きもみんな集中してやっていました。

ヤスリの番手をあげるとき、ナオヤが確認するのですが、気づくとナオヤの前に長い列が。
ナオヤは結局一カ所にずっと留まるスタイル。

6時過ぎになると、完成させる人がぐっと増えてきて、みんな自分の磨いた屋久杉たちがいかにかわいいかの見せびらかし合い。微笑ましい時間です。
磨いた人と磨かれた屋久杉のマッチングが素晴らしく、まさにこれは「自分磨き」なんだなと感じました。
どの人の屋久杉もピカピカに磨き上げられ、それぞれの輝きを放っていました。

クリスタルボウルのライブはやっぱり私は子どもの監督係で、ゆっくり聴けませんでしたが、子どもたちの優しさに触れることが出来ました。

クリスタルボウルのライブ中、子どもたちを連れ、外に出ました。
外はもう真っ暗だし、雨が降ってるしで、どうしよう?となりましたが、子どもたちは中で静かにするより外で遊びたいとのことでした。

私は東屋があることを思い出し、そこに子どもたちを連れて行きました。
東屋にはハンモックが吊るしてあり、子どもたちは真っ暗にも関わらず、ハンモックに群がり、キャーキャー言いながら大騒ぎでした。

そんな中、一番小さな男の子が突然「ままぁ~。。ままのとこにいきたいよぉ!」としくしく泣き出してしまいました。

盛り上がっている子どもたちに「ねぇねぇ、◯◯がままに会いたいって言ってるよ。」と伝えると、すぐに
「◯◯大丈夫だよ!」「あそこの明るいところにママはいるよ」とみんな口々に励ましはじめました。

でも、「まま、ままぁ。。。」と言って、さらに不安そうになる様子を見て、みんなすぐにハンモックを降りて、「じゃあ戻ろうか?」と言います。

暗くて見えないので、みんな順番に階段を下り、靴を探してあげて、ゆっくり待ってあげてます。

いつもは私と手をつながないと気がすまないハネイも、その時は私がその子の手をつなぎ一緒に歩いているのを黙って見てました。

真っ暗闇の中を、6人の子どもたちと歩きながら「みんな優しいじゃん!」と言ったら、「あったり前じゃん!」「だって◯◯は一番小さいから、ママに会いたくなっちゃったんだよね。」「私たちはどこでも遊べるからいいんだよ。」等々。。

暗闇の中を小さい子を気遣いながら歩く子どもたち。
みんないい子だなぁと感激でした。

ツアー終了
                クリスタルボウルライブ中、子どもたちはトランプ遊び

子どもたちもそれぞれ屋久杉磨きにチャレンジ。
カフウは私に磨き終わった屋久杉をプレゼントしてくれました。
ちょうど今、私も初のネックレス制作中なので、カフウにもらった物も組み込んで作ろうと思っています。

クリスタルボウルのライブの後はまたみんなでエネルギー交換。

消しゴムはんこに子どもたちが群がりました。
小学生の女の子は、バレンタインデーのプレゼント用の包み紙を紙にはんこを押して作ってました。
かわいいのが出来てうれしそう。大事そうに持って帰ってました。
手作りって愛着がわきますね。

あちこちで笑顔で会話がなされていて、その場にいた私もとっても幸せな気分になりました。

カフウもハネイも一日、このイベントをずっと一緒に体験できました。
終わってから、「今日の父ちゃんのどうだった?」と聞いてみたら「かっこよかった!」とうれしそうでした。
私も子どもの頃、父親が運動会やお祭り等でスピーカーの設置や、マイクの設定をする姿を見ると嬉しかったことを思い出しました。

親の働いてる姿を見れるっていいですね。

ナオヤにそれを言ったら「そうだね、なかなか父親の仕事姿なんて見ないから、何やってるのか分るっていうのはいいね。」とナオヤも嬉しそうでした。

片付けもみんなが手伝ってくれて、あっという間に終わりました。

全てのお客様が帰って、最後モスオーシャンハウスのあるはちゃんに「今日はありがとう!」とお礼を言いました。
あるはちゃんの最高の笑顔で最後の締めくくり。

いろんなことに感謝した一日でした。

来て下さった皆様、場所を貸してくれたモスオーシャンハウスさん、本当にありがとうございました。
そして、ここに繋がるナオヤの2ヶ月のツアー。
各地で足を運んでくれた皆様、ありとあらゆるサポートをして下さった皆様、本当に大感謝です。
2ヶ月のツアーが本当に最高だったんだなということを感じることが出来た、ファイナルイベントでした。

みんな、みんなありがとうございます!!

たかえ

☆カイホー屋 春の屋久島リトリート大募集!☆
合宿型のツアーです。ピンと来た方、お気軽にお問い合わせ下さいね。
各回先着6名様です。
3月23日(金)~25日(日) 満員御礼 ありがとうございます 
4月13日(金)~15日(日) 残4名様

comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://kaihoya.blog53.fc2.com/tb.php/358-df43041b
トラックバック
コメント
とてもいい場でしたよね~♪たかえさんが子供たちをうまくまとめてくださったおかげで大人はゆっくり演奏を聴けたし、子供たちもハッピーになったのですよね。うちの子もみていただいてありがとうございます♪
男の子が「これきいてるとねむたくなるからなあ、もっと起きていたいんだ。」と言っていて、、この子は活動しているのが喜びなんだなあ、、と微笑ましく♪
人それぞれの「喜び」をシェアしていただきました。
ひのみ♪ | 2012.02.08 18:29 | 編集
ひのみさんも家族で参加して下さってありがとうございます。
いろんな「喜び」を一緒に経験できて、嬉しかったです。
子どもは子ども同士、楽しそうに遊んでいました。
私はいつも子ども同士の時間をこっそりのぞき見れて楽しませてもらってます。

クリスタルボウルの眠気効果に抵抗する男の子、めっちゃかわいいですね!
屋久島の「カイホー屋」たかえ | 2012.02.08 21:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。