--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01.26
Thu
屋久島の冬は寒い。

そんなことを言ったら、もっともっと寒いところに住んでいる人に「そんなことがあるわけない!」と言われそうだけど、本当に寒い。

なぜなら家が夏仕様だからだ。
窓を閉めても、何と、窓の上10センチくらいの隙間があって、そこから風がぴゅーぴゅー入ってくる。

そして、私たちの住んでいる永田集落は、冬はほとんど晴れることはない。
北西風がびゅーびゅー吹き荒れ、その風の音がより寒さを演出している。

おまけに東側には永田岳がそびえ立っていて、太陽が出てくるのがずいぶん遅い。

朝はとても寒くて布団から出るのに相当の覚悟がいる。
枕元にダウンジャケットをセットしておいて、朝、目が覚めたらそのダウンジャケットを枕元に引き寄せ上半身を出すのと同時に着込む。
靴下は寝る時に布団の中に入れておいて、あっためておく。
それをもぞもぞと履いてから、やっと布団から出ることが出来る。

子どもたちは寒い日の朝は「さむいよ~さむいよ~!ままぁ、きがえ~!!」と泣きながら起きてくる。

昼間は私も子どもたちもいろいろやってるから、寒さを紛らわすことが出来るけど、夜、暗くなってくるとぐんと寒くなって、夜ご飯を食べ終わると、もう寒くて寒くてたまらない感じになってくる。

子どもたちは冬は早くお風呂に入りたくって仕方なくって、ご飯を食べ終わると「おふろ!おふろ!」と言い出す。

お風呂に入って、やっと寒さから解放される。
お風呂の中では、寒さのため凝り固まっていた体がゆる~っとゆるみ、気持ちがいい。
お風呂は最高に楽しく、リラックスできる時間。

これが屋久島の家の冬なので、昨年北海道のナオヤの実家で過ごした時は、本当に天国のような暖かさだった。
外はすごい猛吹雪で真っ白の世界なのに、家の中はポカポカで、素足でも大丈夫。
そして、あまりの暖かさにビールを飲んだり、アイスを食べたり。

北海道ではアイスの売り上げは夏より冬の方がいいと聞いたことがある。

でも外に出れば極寒の世界。

人間はもともとこういう世界に住めるだけの肉体的な適応能力があったのか?
それとも、技術の力によって可能になったのか?
どっちなんだろう?

我が家は家の中も外もほとんど変わらない温度。
いや、冬はもしかして、日が当たらない分だけ、家の中の方が外よりも寒いかもしれない。

子どもの頃から寒さは苦手だった。
「子どもは風の子」という標語のもとに、すごい寒い中を半袖、ブルマで体育の授業をやらされるのが本当にいやだった。
みんなに「タイガーマスク!!」とバカにされても、ブルマの下にタイツを履いたりもしていた。
いくらセーター禁止と言われても、かたくなにセーターを着て学校へ行った。

そんな私が、今、この家で、暖房なしで過ごしていることは、奇跡に近い。
人間は慣れるし、進化するんじゃないかと思った。

でも、この寒さを体験しているおかげで太陽の暖かさや、火の暖かさをありがたく思うし、体が温まる食品もすごくよく分るようになった。

コーヒーを飲めば、体は急激に冷えるし、火を長く通した食事は体がぽかぽかするのを感じる。
だから、寒い日はトマトなんて絶対食べたくないし、夜は水分が多い果物は食べない。
(でも、アツアツの五右衛門風呂に浸かりながら食べるポンカンは大好き!)

今までの人生で、こんなに春が待ち遠しいと思ったことがあっただろうか?

道を歩いていて、春のきざしを発見するとワクワクする。
自然が教えてくれる季節の移り変わりにすごく敏感になった気がする。

新しい季節がやってくるのを、寒さの中でゆっくり待っている。

自然のサイクルをストレートに感じるこの生活。
もう少しだけ味わおうかなと思ってる。

春が待ち遠しい

たかえ

☆カイホー屋2011~12年冬ツアー☆
屋久杉玉磨き&クリスタルボウルヒーリング演奏ツアー
↑詳細はこちらをクリック!新しくアップしている箇所や訂正箇所もありますのでチェック下さい~

1月31日鹿児島指宿追加になりました。

2月5日屋久島モスオーシャンハウス追加になりました。

『屋久島ヒーリング』クリスタルボウル&屋久島の映像DVDはツアーにて販売します。
         
いよいよツアーも終盤戦。お近くの方、ぜひ遊びに来て下さいね。

1月28日(土) 浜松市『payaka』

響き合い、磨き合いしませんか?

☆カイホー屋 春の屋久島リトリート大募集!☆
合宿型のツアーです。ピンと来た方、お気軽にお問い合わせ下さいね。
各回先着6名様です。
3月23日(金)~25日(日) 残2名様
4月13日(金)~15日(日) 残4名様


人気ブログランキングへ
↑いつもクリック応援ありがとうございます
comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://kaihoya.blog53.fc2.com/tb.php/350-83aecd04
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。