--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01.21
Sat
放射能汚染から子どもを守りたいと言う思いは、もちろんすごく強いんですが、最近の状況を見ていると、子どもとの接し方を根本から変えないと、本当にかわいそうなことになってしまうかもと思うようになってきました。

というのも、このまま言ったら、必ず放射能によって遺伝子が傷つくことになるわけで、
それは、病気という形で現われます。

このままの状況が続けば、沢山の人が病気になるでしょう。

だから、「健康が一番!」みたいな世の中のままでは、もし、子どもが病気になってしまったとき、その子どもたちは
「あー、病気になっちゃったんだ!これじゃ、もうダメだ。」って思ってしまいます。

これは何年か前、娘が長期の入院をした時に、すでに思っていたことですが、それと同じように、

大地の上で自然と戯れることだとか、
好きな物を食べることだとか、
家族全員一緒に暮らすことだとか、

こういう、今まで当たり前だと思っていたことを見直さなければいけないのかなと思います。

大人の私が「あーあ、今まではマスクなんてしなくてもよかったのに!」と口を滑らせてしまうと、とたんにマスクをしている子どもは「いやだ!」と言い出します。

だから、「マスクすると、安心して遊べるね!」と明るく言うのです。

今日もマスクをいやがる子どもたちに「マスクするとあったか~い!」と言ったら、
「ほんとだね。口がぽかぽかする!」と、とりあえず神社の掃除の最中はずっとマスクをしててくれました。

神社掃除
                    「シンデレラみたいだね~!」と言いながら床掃除する二人

以前なら、小雨程度なら外の東屋で遊ばせたりしていましたが、今はダメ。

子どもは「なんで、ダメなの?ほーしゃのー?」と、聞いてきます。

ここで私が「そうだよ、放射能のせいで外で遊べないんだよ。全くイヤになっちゃうね!」と言ってしまうと
「あーあ、遊びたいのに、遊んでもいいでしょ!」となります。

だから、私は「雨の時は、うちでゆっくり母さんと遊ぼうよ!」と言います。

そして、家の中でできるいろんなクリエイティブな遊びを子どもと考えるのです。

でも、決してこれは今の状況に甘んじるということではありません。
なかったことにするということでもありません。
放射能という危険な物が常に身近にあることは忘れてはいけないのです。

ただ、状況を受けとめ、ここを0地点として、ここからの「今」を考えなくては、これからの子どもたちがかわいそうすぎるということです。

放射能についてはきちんと説明する必要はあります。
そして、日本の今の状況についても、きちんと説明することも大切です。

大人、親として、避けることが出来る無用な被曝は極力させないように最大限の努力をします。

でも、避けることが出来ない部分もいっぱいあります。

それを、私自身も理解して受け入れていかなければ、今、ここに生まれてきたことを喜べないことになってしまいます。

「大丈夫!」って言葉を事故後にいろんな人の口から聞く度に、みんなどうかしてると思いました。
「大丈夫じゃないじゃん!」って、無責任に勝手なこと言わないで、と聞く度、腹立たしく思っていました。
でも、今はそう言ってた人の気持ちをやっと理解できるようになりました。

今、福島にいる子どもたちが「どうせもう被曝しちゃったし!」と、投げやりになってたりするというのを、いろんな方のブログで目にします。
その子たちは、いろんな事情でそこに住むしかないのです。

過去の生活がどうだったとか、また戻りたい、と大人たちが言うのを、子どもたちはどんな思いで聞いているでしょう?
そして、これからの日本をどういう思いで見つめているのでしょう?

そういうことに思いを巡らせているうちに、「大丈夫!これからも楽しいことはいっぱいあるよ!!」と言ってあげたくなってしまいました。
(ただし、あらゆることにおいて、専門でいて、責任ある立場の大人が、無責任に「大丈夫」と言うのは、犯罪だと思います。)

そのためには、私自身が価値観を大幅に変えていかざる得ないでしょう。

どんな状況にあっても、ただ、いろいろな経験をすることは素晴らしいことなのだと、本気で、心の底から感じていく。
その中で、最善と思える選択をしていくこと。

一人一人が、自分が一番得意だと思うことをやり続けることの大切さを感じます。

私は何をしようかな?

得意なことというのも、もしかして今までは、自分の短所だと思っていたところかもしれないとも思っています。
短所にあげられる程、その部分は私の中で抜きん出ている特徴だからです。
そういう部分も含めて、新しい目で自分を見ていきたいと思っています。
それが、チェンジへの第1歩になりそうな予感もします。

神社掃除1
                  ドングリ拾いは子どもたちの大好きな遊び

ちなみに。。。
先日夢を見ました。

それは、放射能を無毒化する方程式を私が発見するという夢です。
実は、この夢を見るのは2回目なのです。

夢の中にはっきりと、数式やら、化学式っていうのかな?いろんなアルファベットが並んでいて、それらが線でつながっていて、ある分子構造を描いているのです。

その分子構造の一部分に作用させるために、ある物質を入れるのですが、その時に、そのある物質を「反転」させて加える。と私が夢の中で説明しているのです。
すると、放射線を出す物質の分子構造が変わって、無毒化できるらしいです。

私は全く化学の知識がないので、その方程式やら化学式の詳細を覚えられなかったのですが、すごくリアルな夢で、おまけに2回も全く同じ夢を見て、これはもしかしたら、もしかするかも!と思っています。

近い将来、そんな日が来るかもしれません。
もちろんそれを発見するのは決して私じゃないことは断言できますが!

とにかく「反転」が鍵の様です。
もし、この記事を化学の知識を持っている方が見たら、だまされたと思って「反転」にチャレンジしてみて下さい。
そして、その技は決して他のことに使わないで下さいね。

新しい技術をよい方向に使っていきましょう!

そう、私もこれからいろんなことを「反転」させていこうとおもっています。

でも、放射能は安全だという反転だけは今のところありませんので、その部分はきっちり向き合っていくつもりです。

榊かえ
             3歳児の二人ハネイとミノリンが神棚の榊をかえてくれました。二人とも真剣!

たかえ

☆カイホー屋2011~12年冬ツアー☆
屋久杉玉磨き&クリスタルボウルヒーリング演奏ツアー
↑詳細はこちらをクリック!新しくアップしている箇所や訂正箇所もありますのでチェック下さい~

1月31日鹿児島指宿追加になりました。

2月5日屋久島モスオーシャンハウス追加になりました。

『屋久島ヒーリング』クリスタルボウル&屋久島の映像DVDはツアーにて販売します。
            

今週から東海地方です。

本日です。1月21日(土) 愛知県知多郡『谷性寺



1月23日(月)名古屋市 『トライバルアーツ』

1月25日(水) 岡崎市『栄離宮』
             

1月28日(土) 浜松市『payaka』

響き合い、磨き合いしませんか?


☆追加!1月24日(火) まるの日圭×なーやコラボヒーリング 名古屋市内☆


☆カイホー屋 春の屋久島リトリート大募集!☆
合宿型のツアーです。ピンと来た方、お気軽にお問い合わせ下さいね。
各回先着6名様です。
3月23日(金)~25日(日) 残2名様
4月13日(金)~15日(日) 残4名様


人気ブログランキングへ
↑いつもクリック応援ありがとうございます
comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://kaihoya.blog53.fc2.com/tb.php/345-1299f33f
トラックバック
コメント
初めまして。
大阪でアロマテラピーを勉強しているけいこです。
子供達に伝える時は原因となっているマイナス面を強調するのではなく、
それを防ぐための良い事をより楽しく伝える事。
実は最近、それを子供達から教えられた所でしたので、
たかえさんのこの記事を読んでコメントせずにはいられなくなりました。
素敵な記事をありがとうございました。
「反転」が鍵との事。私自身にとっても同じく鍵となりそうです。
小さなおひさま@けいこ | 2012.01.21 11:24 | 編集
こんにちは。
コメントありがとうございます。

私もついついマイナス面を伝えがちでしたが、これから先、ずっとこの状態と向き合って生きていく子どもたちのことを思っているうちに、ここに行き着いた感じです。

そして夢からのメッセージが「反転」でした。
そういう目で自分の思い込みや生活を見直すと、けっこう「常識」と考えている部分が実は大間違いかもと思うことが多いのです。
こういう発見はいくつになっても面白いですね。
屋久島の「カイホー屋」 | 2012.01.21 14:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。