--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01.04
Wed
昨日は娘二人と近所の小さなお友達2人、子ども4人と私の5人で屋久島一周ドライブ。

前日のうちに、明日は昼ご飯を食べたら温泉へ行こう!と約束をして、カフウもハネイもワクワクしながら眠った。

当日は起きるなり「昼ご飯食べようよ!」と言うので、「そういう意味じゃないよ。昼過ぎに行くってことだからね。」と、時計の針がどの辺を指したら出かけるのか教えた。
あとは、ずっと大きな目覚まし時計を持ち歩いて12時になるのを待っている。
11時30分を過ぎた辺りから興奮マックスで、10分おきぐらいに「あー、もうすぐだわ♡」と逆シンデレラ状態。

でも、そんな中でもしっかり部屋の中を荒らしてくれているので、「片付けないと出かけられないな。」というと、いつもは1時間かかっても出来ない片付けが、ものの10分で終了。
一体これはどういうことだ?まさに魔法だな。と驚かされる。

いろんな用意がすんで、じゃあ、迎えに行こうか?と電話をすると、ちょうど二人でうちに向かったところとのことで、ピッタリのタイミングで出発。

子どもが4人一緒のドライブは平和な空気がいっぱい。
前半は「4人の旅計画」での話しが盛り上がる。

お金を貯めて、4人で北海道と浜松にある、私とナオヤの実家へ遊びにいくというのが夢らしく、いつも会えば一度はこの話しになる。
でも毎回同じ内容。
「屋久島からは何で行く?」
「ハイビスカスが一番安いらしいよ。」
「でも、子どもだけじゃ乗せてもらえないみたい。」
「じゃあ、トッピーかロケットだね。」
「いくら貯まれば乗れるの?」
「子どもは半額なんだって。」
「はんがくって何?」
「お金が半分だよ。」
「じゃあ、はしゃみでちる(はさみで切る)!ハネイがちるからね!!」
「ばかだね~、切ったら使えないよ。」
「ははは!ばかだね~!!」

「お土産代もためないと」
「雪用の長靴も買わないと」
「耳あてもないと、ダメだよ」
「あーもう、いっぱい貯めないと」

がんばってね~!

今月15日で開催するやくしま手づくり市のチラシをいろんなところに配りながらの計画だったけど、島の北部はあいにくの雨。
5人で乗ったり、降りたり、傘を差したりは時間がかかりすぎるため、北部はスルーすることに。

安房の手前で雨が上がり出した。

じゃあ、とりあえずAコープへ行こうということになり、道を曲がったとたん、子どもたちが「にじだー!」と叫ぶ。今日の虹は最高の濃さを誇っていて、おまけにダブルレインボー!
車を止めたら、全員すぐに車から降りて大騒ぎ。
でも、虹は一瞬見ただけで、駐車場の前にある遊具へ全員猛ダッシュ。
こういうところを見ると、子どもだなぁとつくづく感じる。

子どもと屋久島一周珍道中1

チラシ貼りに行こうよ。と私の数回に渡る訴えには、4人ともやんわりと無視。
まぁ、今日はこの子たちのためのドライブだからいいかと、飽きるまで遊ばせよう。
と、思ったら、いい具合に雨が降ってきて車に戻る。

「私たちが遊ぶために虹が出たんだよ。ほら、見て、終わりになったから、虹がうすくなってる。」
「虹さーん。ありがとう!」
「あでぃがど~~~!」
「なーんでハネイはそんなに怒ってありがとうって言ってんの?」
「がぁ!!!」
「ははは!ハネイはおかしいね~!」
「ははは!!」
「うひひ!!」

そしてAコープに行った辺りから、誰がどの席に座るのかの席取り合戦が始まる。
とにかくハネイがわがままを言いまくり、泣きまくる。
みんなまだまだ譲る程大人ではなく、でも同じように泣くわけでもなく、ハネイが一人で大泣き。
私が面倒くさくなって「ほら、もう泣いてるから、座らせてやったら?」と言うと、
全員「順番でしょ?」「ハネイばっかりずるい」「だめだよ、私の番だからね。」とみんな譲らない。
「そうだよね~、泣けば何でも通るわけはないよね~。って、ことで、ハネイ、後ろに座って!」と言うが、聞くわけがない。

結局最後は「ほら、泣いてばっかいると鬼来るよ。」「もうつまんないから帰ろう!」「もう、ハネイのばか!!」とか大騒ぎになって、泣いてるハネイを車に無理矢理押し込んで出発という感じ。

いちいちこの大騒動では、全く前に進まない。もう、チラシ配りはやめだ!

気を取り直して温泉を目指す。

途中、手づくり市にもよく出店して下さっている手作りシュークリームのUEHARAさんの看板を見つけ、行ってみることにした。

手作り感一杯の、絵本に出てきそうなお店構え。
娘さんも絵本の登場人物のような透明感一杯の少女。
牛の首にぶら下がっているカウベルをカンカン鳴らしながら遊んでいるのが、何とも牧歌的。

子どもたちはおいしいシュークリームを食べ、ご機嫌。
こうゆう時だけ無言。

子どもと屋久島一周珍道中2

でもまた帰る時に席取り合戦。
上原さん、せっかく見送ってくれたのに、3分以上も泣き叫ぶ子どもを見送るはめに。。すいません。

そして、いよいよ温泉!
当初は尾之間温泉へ行く予定だったのが、カフウが「あの、海が見える温泉へ行こうよ!カフウのお年玉で母さんの分も払ってあげるよ!」と気前がいいことを言うので、じゃあ、そうしようかとJR温泉に行くことに。

JR温泉ではいろんな人に会った。うれしいね~!
それにしても、私たちみんな同じ行動パターンなんだね。

子どもたちもいつの間にか成長し、子ども同士で体を洗えるようになった。
私はハネイだけを洗ってあげればいいので、4人連れて行ってもぜんぜん大変さはない。
しょうへいの体や頭を洗ってあげると言ったら、「ボクは自分でもう洗ったから!」と断られた。
カフウとタマハは女の子同士できゃきゃ言いながら洗っている。
カフウは普段髪も体も全部同じ石鹸で洗っているので、JRホテルの温泉についているシャンプーやリンスにときめいている様子だった。
「シャンプーっていうのが、髪洗うのだよね?」と聞かれたタマハは「あったり前じゃん!」と大爆笑していた。

沈む夕日を見ながら(と言っても、見てたのは私だけだけど)の温泉はとっても気持ちがよかった。

「ほら、おひさまが沈んで行くよ!って、ホントは地球が回ってるんだけどね。」と、教える私を尻目に、お風呂の脇に置いてある巨大なひび割れ石に、素っ裸のまま、お湯を塗り付ける作業に夢中になってる子ども4人。
小さな手をお椀型にして、お湯を入れ、静々と石まで運ぶ。
そして、すぐ横では友人が5ヶ月の息子にオッバイをあげながらお風呂に浸かっていた。
太古の昔、人類が狩猟メインの生活をしていた頃のシャーマニックな光景を見ている気分になった。
朱色の太陽と、嵐の前のような雲とブルーからグレーへのグラデーションの海原、大きな石。雄大な空模様をバックに裸の子ども。
基本的な物は何も変わらずあり続けてるんだなぁ。

冷えた体を十分暖めてから、夜のお食事。

「永田の誰かの家に行ってご馳走になる」という計画もありましたが、子どもたちが「絶対レストランで食べたい!」とのことで、屋久島オリオンに。
ボリューム満点なので、子どもたちは1人前を二人でシェア。
いつも二人分に分けて盛りつけてくれるので助かります。
子どもたちは「洋食屋さん!」とうれしそう。
最後は「もう、お腹がはち切れそう!」とここでも大満足。

やくしま手づくり市のチラシの絵はいつもカフウの絵を使っていたのだけど、今回初めてハネイの絵を採用。
ハネイはそれがすごく嬉しかったらしく、どこへ行っても「はねいがもってく!」と張り切って渡しに行く。
オリオンさんにも得意げな様子で「あい!」とチラシを差し出していた。
みんなが「素敵だね~」と言ってくれて、ハネイはご機嫌な表情。

帰りはみんなが「西部林道で!」と主張するため、結局島一周コース。

最初はみんなでいろんな歌を大合唱。
そしていろんな歌のどの部分が好きかという話し。
私はそんな小さな子どもの頃に歌詞に感動した記憶が全くないので、ちゃんと歌詞を聞いているんだなぁとびっくり。
これは私が単に鈍感なだけだったのか、時代がそうさせているのか?

道がだんだん暗くなってきたら、子どもたちのテンションも下がってきて、会話の内容もどんどん暗くなってくる。
西部林道では「鹿の角がぶるって一回震えたら火事。2回震えたら地震。だからよく見てて!」とか、「怖い話ししようよ。」とか、周りの雰囲気にのまれやすい子どもたち。私も、木の枝が人に見えたり、影が何かおそろしげな物に見えてきたりで、何だか子どもたちと一緒に怖い感じになってきてしまった。

でもここでもまたおしっこやうんちネタで盛り返す。

怖い話しをしていたカフウが「◯◯商店のトイレを借りたら、トイレに落ちてしまいました。どうしよう。どうしよう。。怖いよう!そこにまた新しくトイレを借りる人が入ってきて、落ちた女の子の上におしっこがかかりました。。。」
「おしっこがかかっちゃったんだって!」
「次の人はブリ(大きい方)が!」
「ぎゃー、おしっこまみれ、ブリまみれ~!!」
「くさーい!」
「しっこしっこ、ぶりぶり、しっこしっこ、ぶーりぶり!」
とまたエンドレスで盛り上がっています。
子どもたちのこういう話題好きもいつの時代も変わりませんね。
うとうとしかかっていたショウヘイもぱっちり目覚めて、げらげら笑っています。

この調子で西部林道を抜けて、永田の集落が見えてきました。

「永田だね!」と言ったら
「今日は一番楽しい日だね。」という言葉に「昨日もそう言ってなかった?」と聞き返しつつ、
毎日、今日が一番の子どもたちって最高だなと嬉しくなりました。

今度はナオヤが帰ってきたらまた雪山に一緒に遊びに行こうねと約束をしました。
子どもたちは大人より大きな雪だるまを作るぞー!と張り切っています。

これからも、みんなで屋久島をいっぱい楽しもうね!
ありがとう、今日もとっても楽しかったよ。

子どもと屋久島一周珍道中

☆カイホー屋2011~12年冬ツアー☆
屋久杉玉磨き&クリスタルボウルヒーリング演奏ツアー
↑詳細はこちらをクリック!新しくアップしている箇所や訂正箇所もありますのでチェック下さい~
1月31日鹿児島指宿追加になりました。

『屋久島ヒーリング』クリスタルボウル&屋久島の映像DVDはツアーにて販売します。

1月6日(木) 中川郡幕別町『幕別百年記念ホール』
            お問い合わせは、とかち宇宙堂までhttp://www.mytokachi.jp/uchudou/

1月7日(土) 虻田郡ニセコ町『ニセコドームハウス』ライブのみ
            
1月9日(月) 札幌『にぱぱ』

この後関西、東海地方です。
1月13日(金) 京都『VENTEN』

響き合い、磨き合いしませんか?

人気ブログランキングへ
↑いつもクリック応援ありがとうございます。


comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://kaihoya.blog53.fc2.com/tb.php/330-17806a5a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。