--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01.02
Mon
あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします


今年の大晦日、お正月は屋久島永田での味わい深い時間の流れの中で過ごしました。

大晦日は近所の小さなお友達タマハの8歳のバースデー。
屋久島で迎える年末年始はいつもこのお祝いから始まります。

初めて会った時は0歳だったタマハが今ではもう8歳。
あっという間の屋久島生活。

ひろみんの素晴らしい料理に舌鼓をうちつつ、静かな年の瀬。
子どもたちの声だけが賑やかに反響する古民家。
テレビもなく、虫丸さんセレクトのレコードのいい感じの音が流れています。
「平和やな~」という声とともに流れているのは透明感一杯のジョンレノンの歌声でした。

ナオヤがいる時はこの後益救神社で開催される「厄神太鼓」へ行くのですが、今年は運転手は私だけ。
つまり、飲んだら行けないということで、迷うことなくアルコールを選択。
やっぱり、美味しいお料理とバースデーパーティーとなれば、飲まずにはいられません。

バースデーケーキは札幌の父からのプレゼントのアイスケーキをみんなで頂きました。

大晦日新年

ハッピーバースデーの歌を子どもたちがフルパワーで歌いました。
願いをこめてろうそくを吹き消すタマハ。

「8才の目標は?」に「いっぱい本を読む!」とタマハらしい答えでした。
タマハのお父さんお母さんからのプレゼントも本でした。

カフウとハネイからは手作りクッキー。
計量は私がしましたが、それ以外は全て二人で4、5時間かけて作りました。
クッキーの型抜きはサンタさんからのプレゼント。
二人のタマハ大好き!の心も伝わったかな?

カフウからは玉手箱のプレゼントも。
何やら色々なものが詰め込まれていました。

ビーズが1粒大げさに包装されていたり、おはじきが厳重に包まれていたり、タマハは大爆笑しながら玉手箱の中を一個一個みていました。
これも何日も前からこそこそあれこれ包んでは入れ、準備していました。

子どもの感性はおもしろい。

ハネイも作っていたのですが、プレゼントどうしたの?と聞いたら「わすれちゃった~!」とのこと。
作る過程で満足してしまったかな?

11時過ぎに家に帰りました。

二人とも家についてすぐに寝てしまいました。

私は一人で年賀状書きの続き。

12時ちょっと前に「そろそろ年明けだな~」と心を落ち着けました。
2011年の様々なことに心をはせながら、一人の年明けを迎えました。
毎年必ずいろんな人と一緒に過ごす年越しですが、生まれて初めてのたった一人での年越し。
不思議と寂しさとかはなく、まるで凪ぎの海のような、穏やかな気分でした。

これまで関わってきたいろんな人の顔が浮かび、こうして離れてはいても繋がっているという事実。

そして、自分がこれから年を重ねていき、いつかは訪れるであろう老人期を想像しました。
きっと、こんな境地で日々を送るのではないかという予感がしました。
年を重ね、死んでいくことに異常な程の恐怖心を持っていましたが、何だか力が抜け、年をとることは穏やかに、シンプルになっていくことなんじゃないかなと感じました。

寝ている子どもたちの枕元に行き
「2012年になりました。おめでとう!今年もよろしくね。」と小さな声で言いました。
寝ていると思ったのに、
「うん。まま、ありがとう。だいすきー!」とカフウから返事が返ってきてびっくりしました。

そのまま少しの間、二人の頭をなでなでしていました。

私は再び年賀状を書きました。

翌日は子どもたちに起こされました。
「まま、早く起きてお年玉ちょうだいよ!」

家の中はすでに起きていた子どもたちにすごい状態にされていました。
大晦日の夜、ある程度片付けたことも全て台無し。
やれやれと思いましたが、正月だからもう怒らずに、「よし、今年はありのままで。これが今の我が家の現状なのだ。」と思い、いつも通りの1日を過ごすことに決めました。

ご飯の支度をし、片付けをし、掃除をし(全く完璧ではないけれど)、子どもたちとトランプやカルタをしつつ、年賀状を書き、2時過ぎになんとか終了。

私たちの住む新町の神社の榊をかえに行きました。
小雨の降る中、私は榊の枝を切り、子どもたちは水場の掃除。
落ち葉が沢山落ちていたので、簡単に掃き掃除も。
全てを整え「ありがとうございます」という感謝の気持ちになりました。

大晦日新年1


子どもたちに「さあ、お参りするよ。」と言うと、「ままがしといて。私はしなくても、ちゃんと通じてるんだからいいんだよ。」と言われ、そうかもな。。と思い、一人で柏手をうち、挨拶をしました。

そして年賀状を出しに行き、そのまま友人宅へ。
友人宅には神社で流れているような、新年の琴や笙の音色が流れていました。
ハネイは「ここはじんじゃだね!」と「じんじゃ!じんじゃ!」と大喜び。

ぬる燗を頂きながら、おでんを突つく。
たわいもない話しで笑う。
最高!
いい感じのほろ酔い。
そして子どもたちに「タマハの家に行こうよ!」と何度も催促され、ついにぬる燗のせいで重くなった腰を上げ、前日に引き続き、虫丸家へ。

虫丸家は全員着物姿で正装。
お正月気分がさらに盛り上がります。

またまた素晴らしいお節の数々を堪能させて頂きました。
永田の友人はみんなお料理上手で本当にすごい。

途中で近所の友達も加わり、またまた大宴会。

お酒もワイン、日本酒、焼酎と沢山頂きました。

最後は子どもたちとごっこ遊びに突入。
キャンディー屋さんごっこです。
でもいつの間にか粘土でのうんち作り?!になっていました。
うんち、って言葉が出る度に、高くなる子どもたちのテンション。
私も久しぶりに粘土細工に熱中しましたが、作るものが新年早々うんちとは!

大晦日新年2

どこまでもどこまでも平和な正月でした。

そしてあっという間に今日は2日。
今日は今から温泉にでも行こうかなと思っています。
お年玉をもらった子どもたちが「このお金で好きなもの買ってもいいんでしょ?じゃあ、温泉行こう!私がままの分も出してあげるからね!」と提案してくれました。

屋久島には遊園地があるわけでも、ショッピングセンターがあるわけでもなく、という環境。
温泉が一番のレジャー。子どもたちは温泉が大好きです。
以前も札幌でじいじばあばに「好きなところへ連れて行ってあげるよ。どこに行きたい?」と聞かれて、「温泉!」と答えて「渋すぎる。。。」と言われていました。

そんなこんなな屋久島永田の年末年始でした。

今年は辰年。
竜宮城と言われている屋久島の龍たちも今年は大活躍の1年になるんじゃないでしょうか?

微笑み一杯の2012年になりますように!

たかえ

☆カイホー屋2011~12年冬ツアー☆
屋久杉玉磨き&クリスタルボウルヒーリング演奏ツアー
↑詳細はこちらをクリック!新しくアップしている箇所や訂正箇所もありますのでチェック下さい~

『屋久島ヒーリング』クリスタルボウル&屋久島の映像DVDはツアーにて販売します。

2012年のライブ&ワークショップは1月3日、明日スタートです。

明日!1月3日(火) 札幌『森のヤシンカ』

1月6日(木) 中川郡幕別町『幕別百年記念ホール』
            お問い合わせは、とかち宇宙堂までhttp://www.mytokachi.jp/uchudou/

1月7日(土) 虻田郡ニセコ町『ニセコドームハウス』ライブのみ
            
1月9日(月) 札幌『にぱぱ』

新年磨き初めしませんか?

人気ブログランキングへ
↑いつもクリック応援ありがとうございます。
comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://kaihoya.blog53.fc2.com/tb.php/328-91f45890
トラックバック
コメント
あけましておめでとうございます。
和やかであたたかな年越し、お正月の様子
楽しく拝読しました。
ほんと私の小さいころのお正月ってこういう感じでした。
なつかしいです。
今年も幸多き歳でありますように。

うちは旦那さんが平内の神社に夜中参ろうとしたら雨が降って断念して朝行ったけどお祀りの様子がなかったといってましたが、屋久島での村や町の小さな神社ではどうしてらっしゃるんでしょうね。
一人っきりの正月を迎えた旦那さんが
気の毒でありますが、
もうすぐ娘が行くのですこし賑やかにはなりそうです。
うちの子と同じ8歳のお友だちがいらっしゃるんですね~
お誕生日おめでとうございます♪
ひのみ♪ | 2012.01.03 14:01 | 編集
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

屋久島の正月はほんとどこまでも静かです。
神社がどんな感じかは、集落によっても違うんですかね?
永田は5つの神社があるんですが、大晦日の夜から三が日明けるまでは、参拝の方のために常に灯りが灯されています。特別なものは何もないんですが、そのさりげなさが、いかにも生活の1部に入り込んでいる感じもします。
我が家は神社係をやっているので、月に2回神社を整えに行くのですが、その間に結構いろんな方が参拝に立ち寄ったりして、生活に根付いた神社というのを感じます。

ひのみさんのお子さんもきっと屋久島での生活を楽しめますね。
ご主人様もお子さんの来島を楽しみにしていることでしょう。
ぜひファミリーで会いましょうね!
屋久島の「カイホー屋」たかえ | 2012.01.04 12:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。