--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.28
Wed
23日から昨日にかけての5日間はいろんなイベント盛りだくさんで、本当にたくさんの人と会いました。

朝起きたらすぐに家を出て、夜寝る時間に帰ってくるという毎日。
疲れてるようで、どんどんパワーが湧き出てくる5日間でした。

23日はエコフェスタと幼児学級の忘年会。
エコフェスタ
            クリスマスツリーの折り方を教えてもらう子どもたち

幼児学級忘年会
            子どもたちとお父さんとの共演

24日と25日は天然村でのAZAMIさんのライブ。
AZAMIさんとは出会ってから4年ほどになりますが、いつもはナオヤとAZAMIさんとのコラボなので、私はほとんど話したことがありませんでした。
今回、初めてじっくり話すことができ、共通の思いがあることがわかりました。

azamixmas4.jpg
            寒がるミノリンに自分のコートを着せてあげてるAZAMIさん

屋久島という素晴らしい自然環境の中で出来ることをやっていきたい。
子どもたちに素晴らしい地球を残していきたいという思い。
真実を語る勇気と大切さ。

話しているうちに「たかちゃん、あなたの思いをぜひ今日のライブで話して!」と言われ、一体何を話したらいいのか?考えましたが、話したいことはいっぱいあって、まとめることが出来ませんでした。

その時間がやってくるまであれこれ考えましたが、結局何もまとめられないままステージに呼ばれることに。

AZAMIさんからの紹介をされている時に、カフウもハネイもステージに来て私にまとわりついてきていました。
ライトがまぶしくお客様の顔は全く見えません。
でも、このライトのおかげでスイッチオン!

以前バンドをやっていた頃の、ライブ感覚を思い出しました。

子どもたちへの思い。これは自分の子どもだけではなく、全ての子どもたちへ。
原発に関すること。
放射線量の高い場所で暮らす友人のこと。
人と人との関係性のこと。
思いつくまま話させて頂きました。

その後はダイちゃんのエチオピアのスライドショー。
誰も知らない、でも、確実に存在する場所をカメラで追い続けてきたその写真から、沢山の人が「何か」を掴んだようです。

今回のクリスマスライブにはいろんな方がゲスト出演しました。
一人一人がそれぞれの方法で伝える真実。
ライブのチカラを痛感した2日間でした。

azamixmas.jpg
            晶子ちゃんの絵のブース

azamixmas5.jpg
            インストゥルメンタルの曲が渋い!

azamixmas6.jpg
            話しもめっちゃおもしろい俊郎さん。熱唱中。

azamixmas9
            虫丸さんの能面の踊り。鳥肌もの!

azamixmas7.jpg
            衣装を着て、子どもたちも楽しそうに参加。

そして、25日の午前中は「うみがめのたまご」という屋久島に避難してきた方々の会に参加しました。
何か私に出来ることはないだろうか?という思いから参加させて頂きました。

お一人お一人から震災から今に至るまでの話しを聞かせて頂きました。

感じたことは、避難してきた人たちの「子どもを守りたい」というものすごくピュアな思い。
誰もが正直に真っすぐにその部分を見ていました。
そして、皆さん不安よりも希望に溢れていました。
いろんな思いはあるけれど、全てを受け入れ、過去を振り返るのではなく、今、ここから何をしようか?という一
人一人の溢れる思いを感じました。

経験者が語る、生の声は力があります。
震災を実際に経験した人から出てくる言葉には、ものすごい説得力がありました。
今、何が必要か?
身の引き締まる思いがしました。

こちらの会は今後も月1くらいのペースで開催する予定とのことでしたので、ご興味ある方は参加してみては?

翌日は島の反対側まで、年上の素敵な友人に会いに行きました。オーラソーマのお届けもの。

ずっと忙しい日々が続いていたので、家で全く料理を作れていなかったので、道中の車の中でカフウに
「もう、外で食べるのとか、弁当とかいやだ。ままの料理が食べたい。」と言われ、
「そうだね、母さんのご飯しばらく食べてないもんね。」と答え、いつもは「ままの料理ばっかりいやだ。たまには外食したい!」と文句をいうカフウなのに、珍しいなぁと思いました。

友人の家に行くと、私たちのために芋ご飯を作ってくれている最中でした。

調子がよくないのに、私たちのために台所に立っているのです。
そして、とても時間をかけてお昼ご飯を作ってくれました。

カフウは「おいしい!」とその芋ご飯を沢山食べました。
作り手が見える、家庭料理は外食では味わえない様々なものも味わえますね。
外食と家庭料理の違いって、作り手の思い、食べる人との関係性なんだろうなと思いました。

私たちは芋ご飯とおでんをつまみながら色々な話しをしました。

おまけに暖かいセーターのクリスマスプレゼントまで!
実は向かう車の中で、サンタさんからのプレゼントの服を着ている子どもたちに「カフウやハネイにはサンタさんが洋服のプレゼント持ってきてくれていいな。母さんもたまには欲しいよ!」と言っていたのです。
その話しをすると、「ふふふ。。たかえさんにもちゃんと来たじゃない。よかったわね~」と言われました。

azamixmas2.jpg
            イブの夜中の子どもたちの枕元。朝は喜びの絶叫!

おいしい料理と流れる時間の心地よさについつい長居をしていまいました。

慌てて永田の忘年会へ。

永田の忘年会は、今年の5月に幼い娘を守るために東京から永田へやって来たダイちゃんの家で開催。
囲炉裏を囲んでの楽しい忘年会。
子どもも総勢12人。大人は?いっぱいいすぎてわかりません!

近所に住んでいても、みんな忙しい田舎暮らし。なかなかゆっくり話す機会がありませんが、こういう時はみんな話す話す話す。。。
子どもたちも小学5年生から0歳児まで、一緒になって遊んでいます。

沢山の人が集る宴会は、実家のことを思い出します。
私の実家は年に何回か親戚一同が集る宴会がありました。
子どもは子ども同士遊びます。
大人はお酒を飲みながら、あっちや、こっちでいつまでもいつまでも話しています。
そのうちお母さんたちがちょっとづつ片付けをはじめ、子どもたちも徐々にあちこちで寝はじめる。
分散されていた、人の輪がだんだん固まってきて、そのうち、一つの輪になり、一つの火を囲んでまた会話がはじまる。
小さい頃に見ていた光景と全く一緒。
時代や、場所を超えて、同じ営みです。

家族みたいだなぁと思いながら、真っ暗な道を風の吹くなか、歩いて帰りました。
歩いて帰れる近さ、いいですね。

そして、帰ってから慌てて翌日の餅つきの支度。

餅つきは毎年島の東にある友人宅で行われています。
今年は天気にも恵まれ、最高の餅つき日和。

昨年は島外に出ていたので、1年ぶりの参加でした。
2年前の餅つきとは全てが工夫されていて、みんなの息もばっちりで、仕事がさくさく進みます。

前はもっとバタバタしていて、ゆっくりおしゃべりする余裕がなかったような気がしますが、今年はいろんな方といっぱいおしゃべりをしました。
女性チームはお餅を丸めるのがメインの仕事。
お餅を手際良く丸めながら、おしゃべりに花が咲きます。

もちつき
         これはあんこ入りもち。おいしかった~!

そして、一臼搗く度に「ちょっと味見!」と各家庭のお餅をパクパク。
20臼以上は搗いているので、半分しか食べなかったとしても、10個は軽く食べています。
後になればなるほど、お餅の出来が良くなるのも相まって、ついついみんな食べてしまいます。
我が家の2臼目は今年の搗き納め。最高のお餅が出来ました。
手伝ってくれた皆さん、どうもありがとう。

定番のおでんの方も最高でした!

お腹がいっぱいで、帰ってきてから晩ご飯を食べるのが苦しかったです。

永田の忘年会、年末の餅つき、どちらも子どもが一杯です。
毎年、成長していく子どもたち、新しく加わる子どもたち。
みんな一緒に楽しんでいます。
こういう場を、つながりをずっと残していけたらいいなと思いました。

つきたてのお餅をいつもお世話になっているご近所の方にお裾分け。
皆さん喜んで下さって、みかんやお芋やお菓子を沢山頂きました。
「また遊びにおいでね~」と言って下さる、おばあちゃん達。
カフウとハネイも「また遊びに行くからね~!」とご機嫌でした。

同じ時間を過ごしてくれたみなさん、どうもありがとうございました。
すごーく楽しかったです。

たかえ

☆カイホー屋2011~12年冬ツアー☆
屋久杉玉磨き&クリスタルボウルヒーリング演奏ツアー
↑詳細はこちらをクリック!新しくアップしている箇所や訂正箇所もありますのでチェック下さい~

『屋久島ヒーリング』クリスタルボウル&屋久島の映像DVDはツアーにて販売します。

来週はこちら。

12月28日(水) 札幌『もみの木工房』

12月29日(木) 札幌『ヒーリングサロンAzur』

来週は北海道に移動。北海道はナオヤの故郷です。響き合いしましょう!

人気ブログランキングへ
↑いつもクリック応援ありがとうございます。

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://kaihoya.blog53.fc2.com/tb.php/323-c8b85f86
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。