--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.24
Sat
赤ちゃんて、好きな時に寝んねして、好きな時にうんちやしっこして、好きなように泣いて笑って。
大人がこんなことしたらただじゃすまないだろう。
赤ちゃんには全てが許される。

お母さんに抱っこされて幸せそうにしている顔。
一心不乱におっぱいを飲んでる様子。

何なんだろう?この生き物は。。。

ある時、一緒に生後4ヶ月の赤ちゃんと山に登った。
私はどこかに出かけるとき、自分で自分の食料を持ち運んだり、調達したりしなきゃいけないのに、赤ちゃんは食料である存在に運んでもらってる。
すごいシチュエーション だと思った。

お母さんに立って抱っこをされている状態を、現在の自分の比率で考えてみたら、そんな高いところで誰かに抱っこされるなんて恐ろしいって思った。
だって、突然何かで落とされることだってあるかもしれないじゃん!と。
赤ちゃんはそんなことまるで考えてない。ただ当たり前に抱っこされている。

以前テレビで赤ちゃんのように暮らす大人を取材した番組があった。
おむつをつけて、ベビー服を着て(もちろん特注品)、ベビーフードをわざとこぼしながら食べ、おむつをして、ベビーシッターにおむつを替えてもらう大人。

周りの人はベビー服を着たおじさんに、奇怪なものを見るような視線を容赦なく向けている。

でも赤ちゃんを見ていると、このおじさんの気持ちがなんとなくわかるような気がする。

赤ちゃんは絶対的な安心感の中にいる。なおかつとてつもなく自由。

このおじさんは多分そこに憧れているんじゃないかと思った。
それがあまりにも突拍子もない表現になってしまっただけ。
というよりも、ここまでやらなきゃ、絶対的な安心感ととてつもない自由さを得るのは無理だったのかもしれない。

だって、大人が当たり前に暮らしている中で、好きなように時間を過ごして、誰の目も気にしない振る舞いをしていたら?と想像するだけで大変そう。
それならここまであからさまにやれば、逆に堂々と出来る。

今日も2人の赤ちゃんを見た。
好きな時に笑って泣いて甘えて。。。

ただそれだけなのにとてつもなく可愛らしい。
みんな赤ちゃんを見ているだけで、どんどん笑顔になっていく。

大人も赤ちゃんのような心の境地で日々を送ることが出来たら、それはみんなが周りの人に笑顔を与え合うことになるのかもしれないと思った。

誰に遠慮することなく、一人一人が安心感の中、自由に生きる赤ちゃんの世界。
憎しみや遠慮の欠片もなく、愛を与え、与えられる。

赤ちゃんの時代は誰もが必ず通ってきた道。
その感覚を呼び覚まそう!

それはなんて素敵な世界なんだろう。

赤ちゃん



たかえ


☆カイホー屋2011~12年冬ツアー☆
屋久杉玉磨き&クリスタルボウルヒーリング演奏ツアー
↑詳細はこちらをクリック!新しくアップしている箇所や訂正箇所もありますのでチェック下さい~

『屋久島ヒーリング』クリスタルボウル&屋久島の映像DVDはツアーにて販売します。

来週はこちら。

12月28日(水) 札幌『もみの木工房』

12月29日(木) 札幌『ヒーリングサロンAzur』

来週は北海道に移動。北海道はナオヤの故郷です。響き合いしましょう!

人気ブログランキングへ
↑いつもクリック応援ありがとうございます。

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://kaihoya.blog53.fc2.com/tb.php/321-b606cb36
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。