--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.16
Wed
1週間の阿蘇への旅から帰ってきました。

阿蘇は私たちが屋久島に移住する時に、いろんなところへ寄りながら来たのだけど、寄った先の一つ。
その時は友人カップル(今はめでたく結婚して、小さな姫も1人加わってます)と行きました。

阿蘇の牧場でキャンプして、その後私たちはその友人カップルお勧めの「りなぞー」に遊びに行きました。

自然も人もすごくよくって、阿蘇も住んでみたいなぁと思った場所でした。

今回は阿蘇の美味しい手打ちそばや「日出や」のヒデボーとマリオちゃんの結婚式とナオヤのクリスタルボウルのライブ、絵描き∀kikoとDJ Nobuyaのアートジプシーのアートショーがありました。

結婚式はナオヤが以前クリスタルボウルの奉納演奏をした弊立神宮でした。

その時に弊立神宮敷地内を散歩していて、龍王の池のそばに建物があり、そこで作業をしていた方がいたので話しかけてみると、その建物に泊まることが出来ると聞いて、次回は絶対ここに泊まりたいね、と話しをしてました。

阿蘇への旅~神聖さ2
                        結婚式前日にみんなで参拝。お祓い中の森旅の奈央&健太

今回は結婚式の前日に、その「直日道場」にみんなで泊まることが出来ました。

阿蘇への旅~神聖さ
           龍王の池、祠のすぐ横 奥に見える田んぼ ここから日本の稲作が始まったとの言い伝え
           直日道場はこのすぐ先にあります

道場での夜は下ネタ全開。
普段あまりそういう話にはならないのに、なぜか下ネタが続く。続く。続く。。。
みんなで大爆笑&真剣に性の話しもしました。

親戚同士が集る大晦日の夜の集いのような宴でした。

翌日、散歩道を通り本殿に行くと、すでに羽織袴のヒデボーと白無垢のマリオちゃんが座っていました。
飲み過ぎた元旦の朝の気分はすぐに吹き飛んで、神聖な気持ちがわき上がってきました。

阿蘇への旅~神聖さ3


花風は「まりちゃん、おひな様の姫みたいだね。ヒデボーもかわいいね。」とうっとり顔で見つめていました。

式の前にナオヤのクリスタルボウルと阿蘇のエイジくん、やまちゃん、コウヘイとのセッションの奉納演奏も行われました。

阿蘇への旅~神聖さ4
                                演奏前に深々と礼するナオヤ

本殿に響き渡るここちよい音。
みんなのお祝いの気持ちを4人が音で表現してくれました。
幸せ&神聖さを感じる音でした。

式は2011年11月11日11時にスタートしました。
そしてこの日は満月!

式は厳かな雰囲気の中進みました。

式の最中、鳥がずっと本殿の中にいて、天上付近を飛び回っていました。
カメラマンの人たちも参加者の一人であるこの鳥を、何度もカメラで追っていました。
演奏のクライマックスでは、獲物のプレゼント付き。
下にいる人たちは落ちてきた獲物に驚いていました。

式の最後に宮司さんからお話がありました。

いろんな話しがあり、全部は覚えていませんが、そこには子孫繁栄についての話しもありました。
栄えるということの本当の意味は?
答えはみんなで考えよう!という締めでした。

前日の直日道場での下ネタは弊立神宮の神様たちの取り計らいによるものだったんじゃないかなとみんなの意見も一致。

阿蘇への旅~神聖さ5
                 屋久島、高尾、阿蘇が太く繋がった。みんなで「わっしょい!」パチリ!

結婚式の後は、私たちは温泉へ。

行った先は地獄温泉。
私と子どもたちは前々日に続いて、2度目の地獄温泉。
地獄温泉は白濁のお湯。
そして地獄温泉には4つのお風呂があってその中の一つが混浴です。

混浴へ若い女性たちが入っていくのを見て、男ばかりだった私たちは、そこへ行くのをあきらめました。

でも後からきいてみると、地獄温泉はその混浴の雀の湯というお風呂が売りで、そこに入らなければ、地獄温泉へ行く意味がないと言われ、入らなかった私たちはがっかり。
次回は絶対入ろうと思います。

でも、とっても気持ちよかったですよ。
1回目は「じごくなんてヤダ~。行きたくない!!」と名前で怖がっていた花風も2回目は「じごくへ行こう!」とノリノリでした。
地獄じゃなくって天国のような温泉でした。

温泉の後は、日出やにて結婚披露パーティーでした。

暗くなってきて、沢山の人がやってきました。

阿蘇への旅~神聖さ8
                         日出やに入ってすぐのところにある∀kikoの絵。
                         「秋津」展開催中。

ヒデボーのそばの弟子でもある後輩が、3日かけて用意したという素晴らしい料理。
アジの南蛮漬けを作るためにアジを釣りに行き、釣れたという全長60~70㎝くらいある魚。
それを調理した後、また元の姿に並べてバショウの葉の上にキレイに盛りつけられていて、圧巻でした。
こういう大人数のために料理を作るというのは初めての経験だと言っていましたが、初めてとは思えない完璧さ。
二人の結婚式が引き出した才能ですね。

そのほかにもみんなが持ち寄った心がこもった料理。
屋久島チームはみんなで協力して、里芋料理とカボチャ料理とデザート2品を作りました。

熊本のみんなの飲みっぷりにつられ、私も沢山飲みました。
みんながここぞと持ち寄った名酒の数々。
沢山飲んだわりには、全く二日酔いもなし。
いいお酒は味だけじゃなく、体にも優しいのかもと思いました。

ジャンベセッションはすごいグルーブでした。
最後は力の限り。出しきりましたね。

子どもたちも沢山来ていて、あちこちウロウロ。パクパク。太鼓をどんどん。大賑わいです。

∀kikoとマリオちゃんのポエトリーリーディングもありました。
その時だけ、ちょっと静かな時間でした。

阿蘇への旅~神聖さ7

後はとにかく大騒ぎの大宴会でした。

朝、起きたら、熊本チームはまだ宴会を続けていました。
あっぱれ!

片付けを終わらせ、今度は「narayana」へ移動です。

この続きはまた!

たかえ

人気ブログランキングへ
↑クリック応援ありがとうございます。


comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://kaihoya.blog53.fc2.com/tb.php/284-c441eab5
トラックバック
コメント
本当に素敵な結婚式!
とても行きたかったけれど、仕事がありすぎて
行けなくて残念でした。
マリオちゃん、とてもきれいだね。
ふたりの幸せを心から祈っています♪
ゆうこ | 2011.11.16 14:21 | 編集
最高の結婚式だったよ~
マリオちゃんはまさに光り輝いていて、まぶしかったよ。

仕事ありすぎ?!大丈夫?
いつでも屋久島にくつろぎに来てくださいと言いたいところだけど、ゆうこさんが来てくれると、私が楽をさせてもらうばかりで、ゆうこさんはくつろいでないよなぁと。。。
いつも本当にありがとう、ゆうこさん!

屋久島の「カイホー屋」たかえ | 2011.11.16 16:56 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。