--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.31
Mon
先日の新月にお客さんと一緒に、星空の撮影ツアーに行って来ました。

西の空に太陽が沈みます。
毎日規則的に回転する地球。
新月キャンプ1



沈んで2時間もすると、マンテンの星空。

新月キャンプ2
右下から左上に向かって天の川が見えています。
屋久島では一年中天の川を見ることができます。


左下から右上に向かって天の川。
新月キャンプ4




カメラのシャッタースピードを30秒ほどにすると、肉眼では見ることのできない星まで写り込んできます。
いったい宇宙にはどれだけ星があるのか?
写真で撮れる星は、太陽系の惑星を除いてどれも恒星や星団です。(恒星とは太陽のように自ら熱を出している星)
それぞれの恒星には、地球のように周りを回っている惑星がいるとしたら、、
数えきれないほどの星が存在している。

天の川が白い雲のように見えるのは、無数の小さな星が集って白く見えているそうです。。
新月キャンプ3



今年はよく夜の撮影に行きました。
満月の明かりに撮影する空と、新月の空は全く色が違います。
月が出ている空は青くなります。

新月は本当に空が黒。
森の中は完全な闇。

闇という字は、門構えに音。
まさに音しか聴こえない世界。。

神秘であるとともに、心の内面が浮き出てくるような感覚。

電気のない時代には、このような闇の世界が月に一日あったんだなあと思うと、
真っ暗な中で寝ることは、人間の進化の過程で体や心にとって必要なことなんだあと思います。



新月キャンプ5
左下に昴(プレアデス)、右の明るい星は木星です。
ちょうど木星にだけ雲がかかり、ぼんやりいい感じ。





撮影2日前の宵の明星。
夕焼けに輝く金星は神秘!!
新月キャンプ



次は冬至に向けて、真っ赤に染まりながら沈む満月を撮りたいです!


なーや

人気ブログランキングへ
↑クリック応援、ありがとうございます!

comment 7 trackback 0
トラックバックURL
http://kaihoya.blog53.fc2.com/tb.php/273-6dd21190
トラックバック
コメント
いつも素敵な写真をありがとうございますe-266

拝見する度、屋久島への思いが募ります。
いつか伺いたいな・・・
いや!!必ず伺いますv-352
ひろ | 2011.10.31 11:08 | 編集
こちらこそいつも見て頂きありがとうございます!!!
屋久島はきっとひろさんを呼んでくれるはず~
お会いできる日を楽しみにしていますね!
屋久島の「カイホー屋」なーや | 2011.10.31 11:40 | 編集
ほんと、いつも写真だけで癒される~!
な~やさんが撮る写真素敵で好きです。屋久島も屋久島の空も神秘的ですね!!
私もいつか必ず屋久島行きます!
URIDA | 2011.10.31 17:00 | 編集
いつもありがとう!!!
写真褒めてもらえると、舞い上がるよ~~
来年は呼ばれるんじゃない?!
屋久島の「カイホー屋」なーや | 2011.11.01 18:38 | 編集
何時か屋久島で海に沈む天の川を見たいと思っています。
場所は何処がお勧めですか、GWの頃です、条件が余り良く有りませんが
宜しくお願い致します。
稜線を渡る風 | 2012.04.18 10:52 | 編集
こんにちは!はじめまして。
個人的には月のない夜の海中温泉ですね!!!
地球と宇宙を感じます☆
なーや | 2012.04.19 07:42 | 編集
ありがとうございました
稜線を渡る風 | 2012.04.19 08:54 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。