--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.04
Tue
空を眺めるのが好き。

雲を見ている時

どんどん変化していく
風に流されて移動する、形がかわる
太陽に照らされて、色がかわる

青い空を見ている時

その青はどこから来ているんだろう?
あの青はどこまで続くんだろう?
あの青はいったい何なんだろう?

夜空を見ている時

あの星の光はいつから光っているんだろう?
あの光もいつかは消えるのかな?

天の川銀河の中にこの地球は存在するというけれど、
じゃあ、私の見ているあの天の川の中に自分はいるっていうこと?
ここにいるのに、あそこにもいるんだ!

あっちから見るとどんな感じなんだろう?

壮大な空を見ていると、

自分がちっぽけであると感じると同時に、
こんなに壮大なものを一瞬にして見て、認識してる私ってなあに?

という思いが交互にやってくる。

ちっぽけだけど、壮大な存在でもある私。

ニュートリノの実験で光よりも早いものの存在が確認された。

光より速いもの。

それはあらゆる存在を瞬時に認識する私の意識。

あの光が宇宙の彼方から、ここに届く前よりも前から、私はあの光の存在を知っている。
知っているから、そこを見るのだ。知らないものは目に入らない。

実はこの空、宇宙を存在させているのは、私。だったりして!

光よりも速いもの
                                  しっかり「何か」を見てるね!

たかえ

人気ブログランキングへ
↑クリック応援よろしくお願いします。



comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://kaihoya.blog53.fc2.com/tb.php/246-66ba422c
トラックバック
コメント
同感です。
「光より早いものは、心・意識」
自分も、動植物も鉱物も全てのものが「他次元も含めた宇宙の大切な一部」
ZAKMOON | 2011.10.04 08:40 | 編集
伝わってうれしいです。

最近どんどん光が増してきてるように感じます。
ワクワクしますね。
屋久島の「カイホー屋」たかえ | 2011.10.04 13:12 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。