--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.16
Fri
満月の撮影に行ってきました。
『屋久島ヒーリング』DVD制作に向けて。

最近は体が月のサイクルや力を覚えてしまっているのか、満月の2日前くらいになると目覚ましを掛けなくても
夜中に目が覚めるようになりました。
月光浴8
この写真を撮った日は朝というか、夜中の2時に自動的に目があいて、、
カメラと三脚を持ってすぐに車に乗って西部林道へ~


カイホー屋は屋久島の永田、島の北西に位置しています。
西に沈む月が高度を落とすと、海に月光が反射してきれい~
海からすぐに標高が上がるので、この角度で月光写真が撮れます。

夏の満月は月が沈みきる前に明るくなります。
月光浴4



屋久島にいると町の灯りが弱いので、月が出ている晩は月光の明るさを感じます。
ごくごく自然に月を意識することになります。
月光浴5
月に関する本を読んでいると、月相という言葉が出てきます。
月相とは、満月、新月、三日月等の月の形のこと。

生まれた日の誕生月相にはメッセージが込められています。
私たち夫婦の月相は満月の二日前で全く同じ月相に生まれていました。
子どもたち二人も全く同じ月相に生まれていて、両親は一日違いの月相に生まれています。
家族や親族の月相を調べると意外な事実が判明してきます。

地球から一番近い星。
月。

この宇宙の中で地球は一つの生命体で、人間はこのガイアの中に生きる小さな細胞のようなもの。
植物たちにとっても月がおよぼす影響は計り知れず。
月光浴9
満月と新月では木の中の成分ががらっと変わっているのが確認されています。
満月に向かう満ちていく月相のとき、木の中はたくさん光合成をして糖分が豊富になります。

満月から新月に向かう下弦の月相のときは、膨らむ成長から中の成分を安定させる時期になり糖分は少なく堅固な状態へと変わります。
月光浴10
ガイドで森にお邪魔していると、満月のときはテンションは上がっているけど、体的には新月の山登りの時の方が疲れにくいということに気がつきます。
きっと、月やたくさんの植物から受けるエネルギーの違いなんだなあと思います。



その昔、今の太陽暦が海外から伝わってくるまで、カレンダーは月のカレンダーでした。
つまり、新月が月のはじめで一日。
14、15日が満月。
そしてまた新月へ向かう。
月光浴6
なんてシンプルなカレンダー。
日にちによって月が上がってくる時間が決まっているので、満月以外にも月待ちのお祭りが行われていたそうです。
月とともにあった日本人が持っていた、素敵なライフスタイル。



屋久島では中秋の名月に月のお祭りが各集落で行われます。
長~い綱を編み、とぐろ状に巻いて満月が上がってくるまでお供え物をして月を待ちます。
月光浴13
月が上がると大勢で綱を横一列になって持ち、月に向かってウェーブを作るようにくねくねと綱を踊らせます。
この綱は蛇のようでもあり、龍のようでもあります。
月と人間と、水や海をつかさどる神様を繋ぐお祭り。大好きなお祭りです。



月光浴14
朝日に照らされて、彩る雲。
こういう、淡~いパステル色。
大好き!



なんだか、違う惑星に来てしまったような感覚に。
月光浴7
月や太陽は規則的に宇宙散歩をしていて、地球も一緒にお供している。
規則的だけど、永遠ではなく長い長~い時間の一過性の中で。

言葉のない写真が語るスピリチュアリティーを『屋久島ヒーリング』で表現していければと思います!



なーや


人気ブログランキングへ
↑クリック大歓迎です!
ブログランキングから宇宙へ、始めました。


comment 6 trackback 0
トラックバックURL
http://kaihoya.blog53.fc2.com/tb.php/230-f452fb02
トラックバック
コメント
こんにちは。
先日はお電話でどうもありがとうございました♪(わかりますか?)
いつもなーやさんの素敵な写真に癒されてます!
ドキドキしながら初コメントしてます!

12日の満月とってもきれいでしたね。
どの写真も月のいろんな表情があって素敵です!
私は特に2枚目の写真が惹かれます。
月のオーラ?!のような幻想的な光がとってもきれいです!
みんなで同じ月を見ていたんだなーと思うと
同じ瞬間を生きてることにあらためて感謝することでした。

こんなにきれいな空はきっと宇宙からのプレゼントかもしれまんせんよね♪

あきこ | 2011.09.16 15:53 | 編集
初コメントありがとうございます~!

もちろんあの電話でわかりますよ~
たかえと二人で爆笑&大感激でしたよ!!

月も太陽も時間帯や季節によって、表情が変わりほんと宇宙からのプレゼントだと思います~

月の周りにある雲がオーラのように光るのは、ムーンボーというみたいですよ。

同じ地球人ですよね。ほんと!

またコメントお待ちしています!!

ありがとうございます!
屋久島の「カイホー屋」なーや | 2011.09.16 16:09 | 編集
なーやの写真は、ほんとーーーーーーーにイイネ!
大好きだ。
なんて美しいんだろう。。。。
いっちゃん | 2011.09.16 19:39 | 編集
ありがと~~~!
褒められると育つってホントだね!
たかえに言わせると音が聴こえるって!
屋久島の「カイホー屋」なーや | 2011.09.16 20:34 | 編集
東京でも満月はそれなりにとっても美しかったですが・・本当にすてきな写真!ちょうど8月に屋久島に伺ったときにも満月を見られたのですが、仲秋の名月はやはり格別ですね。お祭りのお話も、ステキ。

私も思わず月相を調べてしまいました。そして、やっぱり意外なことがわかりました! 
Taki+Kamata | 2011.09.17 08:28 | 編集
そうでしたね~
もうあれから一ヶ月。
というかまだ一ヶ月?

月相での意外な判明気になる~
屋久島の「カイホー屋」なーや | 2011.09.17 09:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。