--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.31
Wed
私の足の裏はかちかちに固くなっている。

手もしっとりほっそりというより、がっちりしている。
10代20代の頃はそれがいやで、人に握手を求められると躊躇していた。

反対にナオヤは足も手もしっとりしていて、柔らかくって、触るとふわふわしている感じ。

だから私はよけいに自分の足や手がコンプレックスだった。

ナオヤの足をマッサージしながら「柔らかくっていいね。」って言ったら、
「オレは、タカエの固い足がうらやましいよ!」と言うから
「この足じゃ、かちかちで色気がない。」と私が言うと、
「オレはタカエみたいにかちかちの足になりたいんだ。どこでも裸足で歩けてかっこいい!」と言う。
「でも、色気が・・・これでミュールとか、絶対履けないでしょ!」
「オレは裸足でどこでも歩く人の方が、よっぽど色っぽいと思う。それに、ミュールって足痛そうじゃない?かわいそうでしょ。」

驚きの見解!

長女のカフウはナウシカのセリフの
「働き者のきれいな手」
というのがお気に入りのようで、私の手を見て
「タカエの手は働き者のきれいな手だね~」と言う。
私は「いやだよ。もっとほっそりした手の方がかわいく見えるじゃん。」と答えると
「なんで?たかえはかわいいよ。いっちばんかわいいから、手もかわいいんだよ!」と言う。
「でも、指輪とかする時、もっと細い指の方がかわいいでしょ?」
「岩を動かせる手の方がかわいいよ。」(って、私は岩なんて動かせませんが)

洗濯物
                                 我が家の裏庭 洗濯物がたくさん

こんな家族で、日々一緒に過ごしていると、自分が「これじゃなきゃ!」と思っていた価値観がどんどん崩れる。
面白い。

でも私はやっぱり柔らかい足の裏にも憧れるし、ほっそりした指にも憧れるんです。

たかえ


人気ブログランキングへ






comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://kaihoya.blog53.fc2.com/tb.php/212-914c5b08
トラックバック
コメント
たかえさん
一緒です。わたしも手は大きく、足は男並み、、、
しかも骨太で、かなりのコンプレックスでした。
指輪なんて号数が言えなくて、ほんとは憧れているんだけど、
いらない!!とか言ったりしてました(笑)
でもパパはそんなことどうでもいいようで、
イッチもいつもママかわいい!ママの手かわいい!ママの足大きくてかわいい!と(笑)
意味はわからずともママの全部がかわいいと言ってくれる、
その存在はとっても大きいね。
とりこ | 2011.08.31 11:54 | 編集
指輪の号数、私も言えません。
とりこちゃんて、ほっそりした手のイメージだったから意外!

かわいい、そのままでいいっていってくれる存在ってありがたいよね。
私も子どもの頃は、自分のお父さんが世界でいちばんハンサムで、お母さんが世界でいちばん美人だと真剣に思ってた。
それだけ、子どもにとっての親って絶対的な存在ってことなんだね。
うれしいような、困っちゃうような。。。



屋久島の「カイホー屋」たかえ | 2011.08.31 17:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。