--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05.03
Sun
田植えが終わりました。

2月のなかばから始めたモミの芽出しから、田植え完了まで約2ヶ月。旅人そして新しい屋久島の仲間とともに屋久島の泥の中で一緒に田植えできたことに感謝です。
モミ殻のついた米を流水の中に10日程つけるとモミがぷっくり膨らみます。
田植え1DSC04008

そのモミを田んぼの片隅に蒔きます。その上に去年穫れた米のワラを敷きます。そして竹で作ったハウスで保温します。
田植え1DSC04007

ここ屋久島永田の米は早稲です。標準的な米より早い時期に作って早く収穫します。台風シーズンより前に収穫する方法です。お米さんにとってはちょっと無理をしてもらって、発芽させてしまいます。
田植え1DSC05153

去年は早稲ではなく、普通期で栽培しました。うちの米を収穫する頃にはまわりの田んぼは全て刈り入れが終わり裸の田んぼ。永田界隈に住んでいるスズメたちがうちの田んぼに大集合!刈り入れ前から穂を食べられて、刈り入れ後の竹竿で天日干ししている時にも食べられまくり、去年は一ヶ月分しか収穫することが出来ませんでした。ちなみに前の年は早稲で一年分穫れました。そんなこんなで去年は地元の動物にお米を還元する年となったのです。。
田植え前に米の栄養分として米ぬかを撒きます。今年はたかえにやってもらいました。
田植え1DSC04350

肥料としても大活躍の米ぬかは田植え後の雑草抑えにもなるのです。田んぼに米以外の植物が生えてしまうと米の勢いがおさまってしまい収量が減ってしまいます。米ぬかを撒くと地中で発酵され米以外の種たちの発芽を抑えることが出来るのです。この方法は除草剤という農薬を使わずにすむのでいいのです。
これも肥料となるレンゲソウ。
田植え1DSC04019

6畝(せ)ほどの田植えは5人で約一日で終わりました。一緒に植えてくれた田植え仲間の皆さんどうもありがとう!!
田植え2DSC05211

いつも感じるのは泥に浸かっている爽快感と腰の痛み。泥による足裏からのデトックス。ミネラル豊富でエネルギーのいっぱい詰まった水によって毎日浄化されながら出来る泥。土から泥への変化は、木を焼いて灰に変わるのと同じようなもので、同じ物が別の形となります。
田植え後も苗が倒れていないか、鹿に苗を食われていないか、苗が水没していないか、水の水量はちょうどいいかなどをチェックするために毎日朝田んぼに入ります。それと同時にありがとうや愛してる大好きだよ~大きくなってね~などありたっけの愛をお米さんに声を使って注ぎます。そうしたら本当においしいお米になるのです。そして成長度合いもかわってきます。声かけは去年から始めたのですが、今年は新たにクリスタルボウルにようる音掛けもしています。どんなお米が生長してくれるのか楽しみです。
お米はモミの一粒から何百ものお米が成長します。循環すればもの凄い数の子孫を残していける力がある、命なのです。その命を食べて体にエネルギーとして入って頂く。そのエネルギーを自分はどういう形で還元するのか?「頂きます」と言う言葉の重みを、お米や野菜と接する中で実感する毎日です。
自分がお米や野菜を作っているという感覚はどんどん薄れてきました。種を蒔きすこし手を加えるだけで勝手に育ってくれるのです。育ててくれるのは雨や土、虫たち、太陽、月などで、あらゆる存在と繋がっています。この宇宙に感謝です。

田植え4DSC05253


なーや
comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://kaihoya.blog53.fc2.com/tb.php/21-40c15958
トラックバック
コメント
いやー、楽しい日記をありがとう。自分で作ってる気分になってきました。

最近僕も自給自足にすごい興味あるので勉強になりました。

農業はやればやるほど面白くなってく感じだね。深いわー。。

今度是非そのお米を食べさせてください。

以前もらったお米も超うまかったっす。。
ヴィッツ | 2009.05.06 17:54 | 編集
お祝いメールありがとう!!
田植えはかなりイベント性が高いから終わるとほっとするね。
けどこれはまだまだ序章。。
これから約3ヶ月間みっちり毎日お付き合いすることになるよ。
今度は是非お米食べにきてね!
屋久島で育ったお米を屋久島の水で炊くとおいしさ倍増!!!!
なーや | 2009.05.06 23:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。