--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.04
Thu
5月に植えたお米たちが順調に育ってくれています。

今年で8年目ですが,地元の農家さんのようにはいかないことが多くまだまだ未熟者。。

冬の2月にモミを川につけて芽だしを始めます。
米の苗作りです。

この苗作りが順調にいかないと、早稲(わせ)作りの田んぼでは出遅れてしまいます。
田植えが出遅れると、収穫も遅れます。
この永田の田んぼ用水はみんなの収穫に合わせて止まってしまうので、収穫が遅れると大打撃。
稲が大きくなり、実が入り始める時期に水がないと米が膨らまなくなってしまいます。

そして他の田んぼが収穫を終えると、まわりにいたスズメたちが大集合します。
穂をついばみ、ついばみ。
夜になるとシカもやってきてついばみ、ついばみ。

所場代の奉納ですね。

来年こそはなんとか!!いきたい。





東京から来ているお客さんファミリーと一緒に、屋久島田んぼリトリート。

稲刈り
いくつかの品種を植えているので、早い品種の米はもう収穫のタイミング。
約1時間程で鎌で稲刈り。
そして去年の稲ワラで稲の束をまとめます。


鎌も、ワラのきびり方(結び方)もみんな初めての体験でしたが,終わる頃にはだいぶ馴染んできました。
稲刈り1


このお米が食べれるようになるには,さらに1週間ほど天日干し。
稲を逆さまに干している間に、茎から穂に栄養がいきわたり美味しくなるそうです~
稲刈り2
みんなおつかれさま~~~!!


なーや
comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://kaihoya.blog53.fc2.com/tb.php/189-72d6255f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。