--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07.21
Thu
屋久杉玉磨き&クリスタルボウル演奏ツアーを本格的に初めて3年が経ちました。
石の上にも3年。
この夏のツアーを終えてみて、なんとか形になってきたな~と実感しています。
つばめ
初めての名古屋ツアーでお世話になったcafe peacenikのツバメたち。
去年からツバメのエネルギーに包まれています。




玉磨きは屋久島と全国各地を見えないエネルギーで繋いでいるんだなと実感。
物質が持つエネルギー、特に屋久杉の古代からの叡智は太いパイプのようなもので土地と人を繋いでくれます。



クリスタルボウルはご存知のように99、99%水晶からできています。
屋久島は花崗岩の島で、この大地の中にはたくさんの水晶が今なお成長を続けています。

音は人間の耳に聞こえる音だけが音ではありません。
たとえば象は人間が捉えることのできない高周波でお互いに会話していることがわかっています。
また人間も子ども達は大人が聞くことのできない高周波の音を聞くことができます。
すべての物質や現象は固有の周波数で振動していて、音を発しています。

よく思うのは、虹が出ている時に何か音を感じます。
視覚だけでなく、体には虹の音が浸透していると思うのです。

同じようにこの屋久島の大地からも常に一定の音がでているのでは?

それは水晶を含むこの大地の音。

クリスタルボウルはその大地の音を、人間の技術によって音化しているのです。

クリスタルボウルの音は、屋久島そのものともいうことができます。


屋久島はひとつの命。
この屋久島は何万年も前から存在しています。
そして、自然が豊かでものすごく深い森に包まれていたので、ず~~っとほとんど人を寄せつけないしまでした。
けど今は、屋久島の意思でたくさんの人を呼んでいます。

時代とともにいわゆる聖地と呼ばれる場所は移り変わっています。
屋久島は今の時代の聖地です。

この聖地に住まわせていただき,この屋久島のおかげで生きていくことができている。

それは、屋久島に限らずどこの土地でも同じだと思います。


屋久島エネルギーにご縁のあった方からの感想をいくつか掲載させていただきます~
ちょっと長くなってしまいました。。。
つばめ1





神奈川Yさん

こんにちは。
初めてメールを送らせていただきます。
先日6月25日の南阿蘇での、まるの日圭さんのセミナーでお世話になりましたYと申します。

あれから早いもので一週間が過ぎ、世の中は今年も暑い夏へと向かっておりますが、如何お過ごしでしょうか?

セミナーやクリスタルボウルの演奏会ツアーで日本を跳び回っていらっしゃるので、突然見覚えのない所からメールが届いてもお困りになられるかも…と思いましたが、屋久杉の暖かい魅力と、なーやさんの真っ直ぐで綺麗な、深い優しさを持ったオーラに癒されてとっても素敵な時間を頂いたので、ひとことお礼をお伝えしたくて無躾とは思いましたがメールさせて頂きました。

当初、「クリスタルボウルの演奏がとても素敵よ!」と聞いて、とても興味津々心から楽しみにして馳せ参じたセミナーだったのですが…残念ながら、諸々の事情で目的のクリスタルボウルの演奏が聴けずに帰るという、切ないお預けを喰らってしまいました…。

でも、これは本場クリスタルの待つ屋久島の、何よりもベストな場所と状態の中で体験をする機会を与えてもらったと思って、次のとっておきの楽しみにさせて頂いています。

そして。屋久杉の杉爺(←と、勝手に名前を付けて磨いてました)は自宅で黙々と時間を見付けては磨き続け、まだ納得出来る出来ではありませんが、サンドペーパー的にはアセンション迄辿り着きました。
一人夢中で磨いている間に色々なものが見えてきて、屋久杉の温かく大きい波動を感じて、この屋久杉が、人間では物質的に及びもしない長い長い時間を生きて小さな粒になって、こうして今私の手の平に来てくれた縁に感謝して大切にしなきゃ、と思って屋久杉と繋がって感じるままに磨いていたら、どんどん素敵な姿に変わってきました。

握って癒されたり、リラックスしてお祈りしたり、小さなクリスタルのベッドになったりしています。
素敵で楽しい体験をさせて頂いてありがとうございました!
屋久島へ遊びに行った時にはまたピースボウル磨きもさせてください!

そしてクリスタルボウルの音色を楽しみにしています。

お忙しい毎日は気持ちや気力は充実していらっしゃると思いますが、暑くなるにつれ、身体に疲れも溜まることと思います。
くれぐれもお体にはご自愛のほど、これからも素敵な演奏と屋久杉の魅力を巡り会う皆さんの心に響かせていってください!

なーやさんが言われたように、傷ついて丸くなって、姿を変えて。ぴかぴか綺麗な魂になれるよう、私もがんばります。

お会いできて、本当に嬉しいです。
素敵な出会いと時間に感謝しています。
ありがとうございました。





北海道Kさん

13日の、ここにいるよの玉磨きに参加した、Kです。玉磨きした、ピヨちゃんの事でご報告です。
玉磨きを、している間楽しいと言うより不思議な時間でした。
玉磨きの1枚目は、一生懸命でしたが磨く枚数が増えて行くほど、ピヨちゃんが自分できれいに、していたようです。
今日の朝、手に持ってボッーとしていたら、そのまんまでいいんだよ、待っていると体の奥からピヨちゃんの言葉が感じました。その後は、体の細胞が震えて、涙が止まらずピヨちゃんを持ちながら、合掌しピヨちゃんにありがとうと言っている自分がいて、びっくりです。
魂磨きの為に、参加した玉磨きですが、ピヨちゃんと一体になった感じがします。私の浄化?の為に来てくれたと思っています。
夕食の、支度をしている時も、突然に自分探しの旅も終わりと言う言葉が、頭をよぎりこれから、何が変わるのかなと不安よりも、ワクワクしています。
突然、メールをしてごめんなさい。玉磨きをした、感想です。
なーやさんが、札幌に来た時は、また玉磨きに参加しますね
。ピヨちゃんを、なーやさんから譲り受けた様に感じて、嬉しいです。
新しい出逢いに、感謝です。ありがとうございます。





北海道Fさん

昨日「森のヤシンカ」での玉みがき&クリスタルボウル演奏、子供と参加させていただいたFです。
感動で言葉を失う体験でした。
テーブルに置いてある屋久杉の玉達がとても愛おしく、会えたね!会えたね!と抱きしめたくなるほど懐かしさと嬉しさでいっぱいになりました。
次回は大きめのハート形の玉みがきをしたいです。
クリスタルボウルも初体験でしだか、言葉を失うほど素晴らしかったです。
次回札幌になーやさんが来られる日を楽しみにしています。
しずく型のペンダントとても愛おしく今日も胸につけています。

素晴らしい活動をされていて、感謝の気持ちでいっぱいです。
素敵な体験、感動をありがとうございました。
出会いに感謝です。








北海道Mさん

先日12日のヒーリングコンサートにお邪魔した、Mです
親子で参加した、玉磨きとコンサート・・・

とても、素敵な時間を頂きました。ありがとうございました

初めて聴いたなーやさんのクリスタルボウルの音は、とても優しくてまっすぐに体と心に
溶けて体が浮いたような感覚でした

踊りたくなりました
屋久島で踊りたくなりました

CD、とっても素敵です
CDとは思えないほど、そのままきますね・・・気持ちいいです

色々な方のクリスタルボウルの音を聴きましたが、不思議なくらい聴き覚えのある
広がりかたで、もしかしたら前世でなーやさんの音で踊っていたかも・・・
なんておもいました


昨日14日は、神宮で奉納演奏でしたよね
雨は、大丈夫でしたか?心配でした・・・


また、なーやさんの世界にふれたいです

出逢えたことに、感謝です。ありがとうございました

いつか、出逢いに感謝して踊りをプレゼントさせてください

息子達もとても楽しかったと喜んでいました


また、お逢い出来るのを楽しみにしています





鹿児島Aさんブログより

屋久杉を磨いて何するんだろう??
と思いながらも気になって申し込みました。


屋久島に落ちてる杉の流木がたくさんあり、
まず、そこから自分の好きなものを選びます。
それを、#1~#6の紙ヤスリでひたすら磨きます。

一番粗い#1に始まります。これ、1次元です。
終わったら#2で磨きます。これ、2次元です。
 :
…と繰り返し、
最後に#6(6次元)で磨いて、
最終的に椿油で磨きます。

最初に木片を選ぶ時に、何となくとても惹かれた木片がありました。
握り心地がよくて、私にアピールしてきた何かがありました。
「よしこれ。」って思ってテーブルに着くと、
「それは大変だと思いますよ。」と言われました。
最初の紙ヤスリ、私だけ#0というVIP待遇でしたw

磨いても磨いてもなかなかゴツゴツがとれません。
ワークショプ5時間のうち3時間経過したところでまだ#0でした。
同じ#0のヤスリ2~3枚を使ってもまだ次に進みません。
他の参加者の子たちが次々と3次元、4次元、と進んでも私はまだ0次元。。。

ただただ夢中になって磨いていました。
「基礎を構築する」という人生で大切なことをこの木片が
こういう例えで私に体験させてくれている気がして、
ただ磨くことに引き込まれていました。
私にとって、「基礎を構築する」「ルーチンワーク」というのは
苦手中の苦手で、昔からなんでも末端の作業を続けることに抵抗がありました。
時々やるくらいならいいのだけど、続けるって?wみたいな。

でも、自分が構築する自分のための人生の基礎はね、
誰か奴隷を雇って構築するものではなく、
自分で築き上げるものなんですね。
そのくりかえしができるかどうか、
それは、自分自身がそれを好きだと心から感じられるかどうか
にかかっているのです。

そのようなことを、改めて実感しました。

それと、ヤスリの番号+1の番号にチャクラが対応しているように感じました。
磨けば磨くほど、その対応しているチャクラが活性化するみたいでした。
私の場合は#0で時間がかかってるので、
第1チャクラが閉じやすいということです。
まさに、基礎が苦手。。。

途中でクリスタルボウル演奏が始まったので、
未完成の木片を持って聴きに室内に行きました。
屋久杉の木片を手に握って瞑想すると
大地に根をどっしり降ろしている大木に抱きついたときくらいの
グラウンディング力を感じました。

とても心地良くて、贅沢なひと時でした。

それを聞き終わるとまた作業に戻ります。
玉磨きチームは、演奏が終わるや否や、
また木片を夢中になってシャカシャカと磨きだします。

#6まで磨き終わってなーやさんからOKが出て、
やっと、椿油を塗ることに。
すると、木片は急にその姿に威厳を発揮しだしました。
その威風堂々とした黒光りのフォルムは、
「あの手のかかる子が?!」といった風情です。

この自分で磨いたものは、
「屋久島への切符」と言われているそうです。
それを持っている人は、屋久島に引き寄せられるとか。

私も、そのうち行くのかな?
楽しみです♪





福岡Hさんブログより

第一部は屋久杉玉磨き。屋久島在住のなーやさん指導のもと行われます。
彼はなんだか・・・精霊そのものな感じです。
屋久杉に、精霊に、石に敬意を払って活動してる方です。一つ一つの作業の合間に祈りを入れています。

まずはそれぞれが好きな屋久杉を選びます。

ゴツゴツした荒削りな感じがとってもカワイイ。わたしは石も原石が大好きだしこの木もそのままでも良い気もするけれど、それじゃ玉磨き体験にならないし、やってみよう!と。

その後なーやさんが屋久杉について、そして磨かせてもらう屋久杉についてのお話をしてくれます。
なーやさんが使うのは流木として流れ着いたものなんですって。1000年以上生きた杉だけが屋久杉と呼ばれる - その森はまさに雨降る光の森。

そしてなーやさんから玉磨きの流れを説明してもらいます。1段階~7段階まであり、粗いヤスリから始めます。
その工程を彼は1次元から6次元、そして7段階目はアセンション、と言う言い方をしていたの(笑)。

いざ、始める時 - 彼はきゅっと目を閉じ、祈っていました。

『皆さんも両手で握って屋久杉にご挨拶しましょう』

じーーーん。

確かに。この屋久杉達はまるで鉱物のよう。石を持っているかのよう。まさにワンドを使うように動かすと、エナジーがくるくるとまわる。すごい・・・。
わたしも早速感謝してご挨拶し、その使い方を意図しながら宣言してみた。

そして1次元の粗ヤスリからスタート。これが一番時間がかかる。1時間はやってたんじゃないかなぁ。
その後OKが出た人から2次元、3次元へ。その辺までくるとあとはささっと一削り程度で次の次元に進める。
屋久杉と対話をしながら削って行き、その表面はだんだんすべすべになっていく。

7次元は椿オイルを塗り込んで磨く!

楽しかった!やっぱり屋久杉はスゴイなーと感じました。そいで他の玉達やワンドなどを見ていると気になる子たちが。一つは水晶ポイントの形をしていた。それを手に取っているとなーやさん、

『それに来ましたか。誰に渡るんだろうなーと思っていたんです。でもそれにはすごく強い兄弟がいるんですよ』

と出してくれた円柱みたいな屋久杉。へぇ~と手に取ってみると - エナジーがスゴイ~!!

磨きたい!と言うよりはこの子たちをサロンに!と言う気持ちが強くなってちょいと奮発していただいてきました。

『この水晶ポイント・・・磨いたら写メ送ってくださいね』

なーやさん・・・そんなコト言っちゃう?
プレッシャー、かけちゃう?

まぁでもしばらく置いとかせてもらって、落ち着いたら磨いてみようかな。

美しい夕日の中美味しいLandship Bowlをいただいていよいよクリボウ!

なーやさんのクリボウはクラシックとアルケミー、さらにシンギングボウルも一緒に鳴らす。

どこまでも優しく
どこまでも繊細


これほどまでにやわらかいクリボウの音を聞いたことが無い。

例えば女性が鳴らすよりもさらに優しい感じなの。そしてこれも初めての経験だったんだけれど、演奏中、ずっと地に足、ガッツリ着いていた。

最初はなんでかなーと思ったけれど、心地良い海からの波音も相まってなんともゆったりとした、ふんわりとした時間だった。それでも意識はかなりハッキリとしていて。

途中から気が付いたんだけれど、屋久杉だからだと思う。屋久杉とずっと対話していた。クリボウの前に作業していた時もずっと対話しながらだったけれど、その対話はクリボウ中も続いていたみたい。

すばらしい夏至の日を過ごせて幸せでした♪ LANDSHIPの皆さん、なーやさん、まことさん、ご一緒させてもらった皆さん、楽しかったです、ありがとうございました!


みなさん!嬉しいメッセージほんとうにどうもありがとうございます!!!
つばめ3

なーや
comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://kaihoya.blog53.fc2.com/tb.php/180-cff5aa99
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。