--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01.19
Wed
北海道ツアー初の札幌以外でのワークショップ、小樽!

ワークショップが始まる前に、マイミクのベリーダンサー亜夕子さんと、今回ツアーを一緒にまわっている帆海さんが紹介してくれた、南小樽にある住吉神社にお参りにしにいきました。
教えてくれてありがとう!!

かわいい狛犬がお出迎え。
2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+139_convert_20110118094111


丘の上から小樽の海が一望できるところ。
きっとアイヌの時代から大事にされてきている場所なんだと、実感。
2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+142_convert_20110118093858


住吉さんにお参りを終え、ワークショップ前の心を安寧させる時間。
少し境内を散歩をしました。

手水の後ろ側に惹かれて歩いていくと、
2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+144_convert_20110118094011


そこには、木魂神社「こだまじんじゃ」が!!
木魂神社は屋久島のウィルソン株の中に祀られている同じ神社です。
最近はハートの写真が撮れることで、屋久島の中では有名スポットです。
人生で2社目の木魂神社。
2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+146_convert_20110118094500
オオヤマツミノカミ、カヤノヒメノミコト、屋船久々奴遅命(ヤフネククヌチノミコト)の3柱が祀られていました。
オオヤマツミノカミは山の神様、カヤノヒメノミコトは野原の神様、そして屋船久々奴遅命は伐採の神様です。
屋久杉が伐採されまくった屋久島と、屋船久々奴遅命、字も似ていてシンクロを感じました。



お参りを終え、会場のDecember3へ。
今回この会場でワークショップをさせていただけたのは、屋久島のご縁からでした。
2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+151_convert_20110118094850
去年屋久島アースデイでポエトリーリーディングで参加されていた古居さんと知り合うことができました。
古居智子さんは「密行 最後の伴天連シドッテイ」屋久島恋泊日記」などを執筆されている作家さんです。
その時にクリスタルボウルの演奏を聴いて「是非、またやって!」と、とても気に入っていただきました。
古居さんは屋久島エコフェスタというのも主宰されていて、たかえも一緒に活動させていただいています。

その後今回の冬ツアーに出る直前に、古居さんのお姉さんが北海道でお店をしていると聞いて連絡してみると、甥っ子さんの結婚式であさって小樽に飛ぶとのこと。
古居さんのお姉さんは小樽でdecember3という民族服&雑貨屋さんをされていると聞きました。
ネットでお店を見てみると、以前にうちのお母さんがたかえへの誕生日プレゼントとしてそのお店からジャケットを買っていたのです。
小樽に飛んだ古居さんはクリスタルボウルのことを話をしてくれて、オッケーが出たのでした。
2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+153_convert_20110118095006
素敵な服に小物雑貨がたくさん!!ほんとにたくさん!


かつて酒蔵だったようで、小樽の町に多い石でできている建物。
なかもとても広く、3階建て。
ワークショップは2階でしたが、3階の和室もめっちゃ素敵でした。
2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+155_convert_20110118095101

2階へ上がると吹き抜けのスペースがあり、そのとなりに「ギャラリー白方」があります。
2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+156_convert_20110118095217


ちょうどお店の個展中で南インドの小さなミラーをあしらった布や服が展示してありました。
もう10年ほど前に南インドにハマリ(今でも大好きですが)、2度写真を撮る旅に行ったことがあったのですごく懐かしい雰囲気を感じました。
2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+149_convert_20110118095746


昨年のツアーから引き続きコラボしてくれている、帆海ちゃん(クリスタルビーズアクセサリー作家&クリスタルボウル奏者)。
heartgiftを主宰されていて、様々なイベントも企画されています。
今回もクリスタルボウルのコラボではいい感じでした。
2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+164_convert_20110118095315

2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+169_convert_20110118095613
小樽では去年に引き続き舞踏家のいくらちゃんと、その友達が新たに加わってくれインディアンフルート奏者のともちゃんもコラボしてくれました。
北海道の歴史と共にあるDecember3で、北海道に包まれ素晴らしいライヴができました。
みんな、どうもありがとう!!


2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+168_convert_20110118095514
完成した屋久杉アクセサリー。
屋久杉の流木が、磨き手によって新たな命を吹き込まれた!
いつもながら、気持ちいい瞬間!!
2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+166_convert_20110118095422
去年来ていただいた月さんが今回も参加してくれ、嬉しいお話をいただきました。
お友達と二人で参加されたのですが、話を聞くと藻岩山の麓に住んでいて伏見地区。
私も子ども時代そこに住んでたんですよ~~というと、月さん達の子供たちは伏見小に通っているよと。
私が通っていた小学校と同じ小学校でした!
小樽で伏見小シンクロとはなんともうれしい~~

月さんはルーン占いなどをされている、ヒーラーの方。
ルーンとは北欧に伝わる古代文字のことで現代のアルファベットの起源とも言われ(神秘、秘密)という意味があるそうです。
25のルーン文字を木や石に彫り、一つ選んで占うというもの。
それぞれ文字には、意味があります。

中学生の頃、アイルランドやアイスランド、ノルウェーにすごく興味がありまた再び北欧の流れが。

そして今回ネットでルーン文字を検索していて、びっくり!!
745002_w450.jpg
2年ほど前に屋久島に来たシンギングボウル奏者の方に直感で絵を描いて、プレゼントしたのですが、
そのとき現れた絵が、なんと右下から二つめの「伝統」と全く同じ形だったのです。
シンギングボウル奏者の方は、ネパールの方で先祖代々手打ちでボウルを作る家系の方で国王に献上されているそうです。
絵を描いたときは何の形?と思って描いていたけど、今そのメッセージが明らかになりしっくりきました。

象形文字のようにも見えるルーン文字。
紀元前2世紀頃に生まれ、本来は文字として使われていたようですが、シャーマンたちも占いに用いていました。
その文字は言葉というより、シンボル、神や宇宙、自然の節理、それらの意志と力を表す象意で、シャーマンたちはそれらのエネルギーと繋がることによって占っていたようです。

今、月さんはカードを使って占いをしています。
石に文字を彫ったものを使うスタイルもあるそうですが、石に文字を彫るのはちょっと気が進まない、と。。
昔ながらの伝統のスタイルで占いをしたいということで、木にルーン文字を彫って欲しいと嬉しいオーダーを頂きました。もちろん屋久杉で。

占いページを見つけました。
ルーン占い

「屋久杉ルーン」今からワクワク!!
ルーンとは自分のルーツとの何らかの繋がりがありそう!

全ての繋がりに感謝!

ツアー中で在庫がないので、屋久島に帰ってから制作します。
出来上がったら、アップします~


なーや






comment 4 trackback 0
トラックバックURL
http://kaihoya.blog53.fc2.com/tb.php/126-f2c49b8e
トラックバック
コメント
まぁ、やっぱりいくらちゃんだったんですねi-198
少し顔をのぞいたときに、一番後ろで立っていた方が、にてるなぁと思っていました・・・去年笛吹きさんといくらちゃんのライブを見にいった時にちょっとだけお話したんですが、真っ白い人になっていたので定かではなくて・・・

なーやさんといくらちゃんも繋がっていたんですねi-179

パズルのピースがはまっていくような感じでうれしくなりますi-178
亜夕子 | 2011.01.19 14:41 | 編集
いくらちゃんとはひょんなことから、たねぽたあにで繋がっていたんです。
やっぱり、ご存知だったんですね!
笛のともちゃんも小樽なので、繋がってるのでは?と思っていました!
また小樽行きます~~
次回は踊っていただけると、うれしいです!!
なーや | 2011.01.19 16:42 | 編集
先日の小樽のワークショップではお世話になりました。毎回楽しくて自分の心をリラックスさせてあげられるので、私自身の浄化にとてもありがたいイベントです!ルーンの説明のところを読んでいて、そのシンクロにまたびっくり!!ルーンとなーやさんにそのような深い縁があったとは・・・。ルーンをつなぎ合わせて護符にしたりっていうことも昔はよくされていたみたいなので、ルーンを作成していただきながら何かひらめいたらオリジナルで作成されてみてもいいかと思いますよ。ルーンの詳しい説明書きなど作成しましたので、また別に送らせていただきますね~。なーやさんもお忙しいと思いますので、ゆっくりでかまいませんよ~。よろしくお願いします!そしてまた札幌に来ていただけるのを楽しみにしてますね。
月です! | 2011.02.14 08:35 | 編集
月さんへ

いつもワークショップにお越し頂き、ありがとうございます!!

そうなんです、ルーンとはご縁があったようで、月さんがまた扉を開いてくれたんですね。
感謝です!!

とっても制作を楽しみにしています!!
ちょっと時間がかかると思いますが、気長にお待ちいただければと思います。

オリジナルの紋様が浮かんできたら、素敵だな~

なーや | 2011.02.18 13:52 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。