--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.24
Mon
2015年4月、新緑の屋久島で、フォトセッションさせて頂きました。

「愛と光」
愛と光5

愛と光6

愛と光3

愛と光2




屋久島のご近所さんのウェディングフォトセッション
えりかず新婚フォトセッション2

えりかず新婚フォトセッション1


フォトセッションにご興味ある方いらっしゃいましたら、ご連絡くださいませ^^
なーや kaiho-ya@happy.odn.ne.jp
スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
08.21
Fri

ウミガメの子供たちが海に還っていく動画(砂浜と海の中での映像も)をアップしました。
今回は4匹の子ガメたちが出てきました。

屋久島のいなか浜にてウミガメの赤ちゃんが海に還っていきました。
普段は暗い時間帯に砂から出てくるのですが、気温の低い曇りの日には昼の時間帯に出てくるときがあります。砂まみれの子ガメたちは一目散に海へと駆け抜けていき、海の中で一生懸命に息継ぎをしながらパヨパヨパヨパヨと泳いでいきました。
野生生物との出会いは、いつも感動を頂きます。
ありがとう、ウミガメ。行ってらっしゃい!!
comment 3 trackback 0
08.10
Mon
「四つ足動物の感覚」
夏休みの、正に今このシーズンに大切なことをシェアさせて頂きます。お時間ある方どうぞ最後まで読んでみてください!!

先日うちの近所の沢にみんなで泳ぎに行きました^^夏はめっちゃ賑わう川で大きな平らな岩は老若男女の憩いの場となっています。

島外から遊びに来ているであろうある家族の子供がヌルヌルしている岩を掴めずに陸に上がれなくて焦っている様子でした。焦りは溺れるプロセスへの第一歩となります。少し離れたところで見ていたお父さんは子供の異常事態に気がついて、岩の上を勢いよく走って助けに向かいました。
その刹那、藻で覆われて濡れている岩の上に足をかけた時、思い切り後ろ向きに跳ね上がり背中と後頭部を強打。たくさんの人がその現場を目撃しました。

一瞬で気を失ったお父さんは体を硬直させて浅い水の中に沈んでいきます。。口の中にどんどん水が入っていく様子が見えました。近くにいたお母さんと二人で一緒に岩の上へと引き上げようとしましたが、気を失い硬直している大人の体は凄く重くて思うように引き上げられませんでしたが、なんとか安静にできる岩場まで運ぶことができました。

引き上げながら、嫁さんに「救急車に電話!!」と伝えました。

冷静でいたつもりでしたが、溺れかけていた子供には気がまわっていませんでした。(一緒に行っていた友達が引き上げてくれていました)

大岩は騒然としていました。そうとうな勢いで頭を強打したので、心臓が止まっていないか脈をチェック。気道確保。沢のところでは流れている水の音が大きく、また子供たちの悲鳴もあって細い呼吸音が確認しずらいのです。
とても長い時間に感じましたが、おそらく1分以内に意識を取り戻したお父さんはしばらく意識朦朧としていましたが、次第に目を開けて、今の状況を飲み込めるようになっていきました。

その後、警察や救急車が来てくれて無事を確認して、私たちは沢を後にしました。

もし、あの家族以外他に誰もいなかったら、お父さんは気を失ったまま深い川底に沈んでいった可能性が高かったでしょう。子供や女性一人では大人の男性を引き上げることはできないでしょう。

今回改めて大切なことを学びました。
自然の中で遊ぶ時、そこはプールや人工的な遊び場ではありません。岩場は濡れていると滑ります。想像できないくらいに滑るんです。けど、場所によっては濡れていても滑らない岩もあります。

大切なのは動物的な感覚を持つこと、思い出すことです。歩いたり走る時は「四つ足動物」のように体の重心は前に置きます。いつどんなことが起こっても、手が出るように体の感覚をチェンジすることが大切です。手や腕はただ振るためにあるのではなくて、歩く足と同じように一緒に使う感覚を持ちます。手が触覚になるような感じでバランスをとったり、大地や岩を手のひらで感じます。ひざは真っ直ぐに伸ばさずに少ししゃがむような低い姿勢で歩きます。これだけで、大概の歩いたり走ったりしているときの事故は防げるように思います。

そして、水の中は足がつかないだけでパニックになることがあります。パニックとなった子供一人を助けるだけでも相当な力が必要となります。子供が必要以上にまとわりついて大人も一緒に溺れてしまうこともあります。
特に川の場合は海と違って浮力がないので、溺れやすいです。泳げない子供(立ち泳ぎも)は足が届かない深さの水場で遊ぶ時はライフジャケットが必須です。最低でも浮き輪がなかったら水に入らない。大人が近くにいると子供は安心してどんどん深いところに行ってしまいます。

広くプールのようになっていて穏やかに見える川も、川幅が狭くなって一段下がるような箇所は何十倍ものの水の力が生まれていて、一度引き込まれると絶対に逃げることができません。

そして何か起こってしまった時の対策としては、まず初めに119番通報。警察ではなく、119番です。自然の中での事故は里から離れているケースが多いので、まず初めに通報が必要です。

そして、サポートする側はより平静でいることが大切です。

誰かを助けるため、誰かの行動がきっかけとなって起こってしまった事故でも、暴言を吐いたり言い争いをすることは無意味です。自分に今何が出来るかを考えます。

何事もなく遊べることが当たり前のようで、そうではない。そんな一面があることを知らずに遊ぶことは本当に危険です。
最低限、踏まえなければいけないことを踏まえて遊ぶことが大切です。どこか初めて訪れる土地ではその土地の人に注意する点だけは聞くことが大切です。(水場や植物、動物、昆虫etc.)

人間界と自然界は同じ地球上の同じ時間軸での現象ですが、接し方はまるで違います。子供と一緒の場合は、大人が遊び方を教えるしかありません。どんな動物の親子もそんな風に生きているんだと思います。

毎年屋久島で事故があるたびに、事前にたくさんの方にお知らせしとくことが必要なんだと思い、シェアさせていただきました。
必要以上に恐れたり不安になる必要はありません。最低限の知識と遊び方、伝え方を知る必要があるんです。

誰かの家にお邪魔したときに言うように、自然の中に入るとき、「お邪魔します」「お邪魔しました、ありがとうございます」大切な心掛けです。

まだまだ夏休みが続きます〜みなさん、良い夏をお過ごし下さい!!


屋久島 瞑想 リトリート なーや スイカ割り - 1 (1)
※ビーチでの親子の心温まる一場面です。
comment 0 trackback 0
08.09
Sun
Feel the resonance ~Synchronized harmony~
ピュア共鳴 心で感じ体に響くシンクロハーモニー

☆セドナ玉磨きクリスタルボウル表紙jpeg のコピー
Wed,September 2
SEDONA CREATIVE LIFE CENTER
open10:30
10:45-12:00 Otonowa Live $20
13:00-17:30 Ceder Sanding Workshop $35+material fee($5~)

☆The attendees of Yakushima cedar wood sanding workshop can receive a $5 per-person discount on the Otonowa live.Please bring your own yoga mat.
Registration & for more info/ Dana  lovehappy705@gmail.com 310-702-3936
333 Schnebly Hill Rd Sedona,AZ 86336 ⚫︎928-282-9300
SEDONA CREATIVE LIFE CENTER Website
DSC07585jpg730.jpg

☆ロス玉磨きクリスタルボウル表紙jpeg
Sat,Sep12 
“Tustin Meadows Club House East”
10:00-11:30 chandra yoga×crystalbowl   $20
12:30-17:00 ceder sanding workshop  $35+material fee($5~)
18:30-20:00 otonowa live  $20

special guest:Chiyako Chandra Yokota
Registration & for more info : onoderaikue@gmail.com
14751 Canterbury Tustin, CA 92780


Tue,Sep15
“M Lab LA”
10:30-16:00 ceder sanding workshop $35+material fee($10~)
16:30-18:00 otonowa live $20


Registration & for more info : rika.lakikou@gmail.com 1327
Post Ave.,#L,Torrance,CA,90501


Thu,Sep17
“Marrakech Express, Wellness Bazaar”
13:00-17:30 ceder sanding workshop $35+material fee($5~)
19:00-20:30 otonowa live $20


Registration & for more info : miyolistic@gmail.com
3650 Clairemont Dr. Suite 9, San Diego, CA 92117
☆サンディエゴ玉磨きクリスタルボウル表紙jpeg730

☆The attendees of Yakushima cedar wood sanding workshop can receive a $5 per-person discount
on the Chandra yoga and crystal bowl collaboration or on the Otonowa live.☆

★セドナロスサンディエゴ玉磨き&クリスタルボウル裏面レターサイズjpeg730


DSC07439サイズ730
☆屋久杉玉磨き☆
この広大な宇宙の中の地球という星で,宇宙のエネルギーと同調して1000年~3000年ものあいだ屋久島の水晶の大地の森に根ざし、時代の変遷と共にその時を生きてきた屋久杉たち。
玉磨きとは 屋久島の奥深い山の中心部から川をつたって海で打ち上げられた屋久杉の流木を磨くワークショップです。
様々な形の屋久杉曼荼羅の中から、荒磨きの屋久杉を直感や香りで一つ選びます。0次元~7次元の紙ヤスリを使い分け約5時間かけて磨き上げます。
屋久杉のスピリットに共鳴共振し、自分が宇宙になったような感覚で、屋久杉という一つの星に深く入っていき命を吹き込みます。
最後には椿油を塗り込み、木の内側の光を放たれます。
完成した屋久杉には穴をあけることができます。アクセサリー用のヘンプ糸をプレゼント。
大地、水、風、色、香、かたち、クリスタル、地球、星など、全ての存在に固有のスピリットが備わっているように、何千年も大地にしっかり根を張り生きてきた長老達には自然の叡智やスピリットが備わっています。
悠久の島屋久島で育った自然のスピリットに抱かれ、愛や感謝を込めながら木を磨き、木の魂と触れ合ってみませんか?
無心となり時間を忘れ、今この磨いている瞬間だけが続いていく…ゼンメディテーションタイム。
"Polishing of Yaku-cedar (Japanese cedar from Yakushima)"

On the planet earth, which is part of the magnificent universe, Japanese cedars in Yakushima have been living with the immense energy of the universe for thousands of years. They spread their roots wide in crystal forest witnessing transitions of all of the ages.

What is Yaku-cedar Sanding?

It is a workshop where you are able to experience polishing pieces of wood that have drifted from the midstream of a river deep in the mountain of Yaku-cedar. You are going to select a roughly polished piece of Yaku-cedar intuitively or based on the aroma from among the various shapes that are available. You will use a wide range of sandpaper grits and will be spending about five hours polishing your piece of Yaku-cedar. We guarantee that you feel resonant with the Yaku-cedar spirit and feel you are a part of the universe. Through your interaction with the Yaku-cedar, a new life will lodge within the piece. To finish, you rub in camellia oil into your Yaku-cedar so that it shines. We will make a hole on the polished Yaku-cedar so that you are able to wear it with a piece of hemp string.

Everything has its own spirit: the earth, water, wind, color, aroma, shape, crystals, Earth, and stars. Since Yaku-cedar have lived for such a long time, we believe we can call them superior. Just like all these things, Yaku-cedar, who have been spreading their roots on the land for thousands of years developed intelligence of nature and spirit. Would you like to hold communion with the soul of the Yaku-cedar? You will be amazed that you feel the spirit of nature nurtured in Yakushima when you polish the Yaku-cedar with love and gratitude. It is true Zen meditation where you can enter a state of nonattachment and forget about time.

Yakushima has been designated as a World Heritage site. Yaku-cedar, Japanese cedar trees, have more than one thousand growth rings, which reminds us of how old they are. In this workshop, you will be polishing driftwood pieces of Yaku-cedar. You will be astonished by how shiny they are after polishing. The polished Yaku-cedar can be used as a decoration for your room or you can even wear it in your hair or as a necklace.
When the spirit of language and sound create a harmony, people are able to feel the presence of themselves within all things in nature. Please join us and let’s share the spiritual resonance of “Yakushima,” which is now a World Heritage Site.
2015玉磨きチラシ裏面確定jpeg730



DSC07928jpg730.jpg
☆おとのわ☆
出口春日(詠 祝詞)×なーや(クリスタルボウル)による 言霊と音霊のユニット
言霊(ことたま)と音霊(おとたま)が融合された環の音は
幾重もの次元を超え、根源の記憶へと繋がる力を持っています。
一音、一音にスピリットが宿る言葉と水晶の叡智が宿るクリスタルボールの音に共鳴したとき、森羅万象の中で 今ここにある自分自身を心から感じることでしょう。
"Otonowa"
A musical group celebrating the spirit of language and sound
A prayer by Haruhi Deguchi and Crystal Bowl Music by Naaya
The fusion of the spirit of sound represented by Naaya’s Crystal Bowls and the spirit of language represented by Haruhi’s prayer transcends multiple dimensions and has the power to be connected to the origin of memory. Each word of a prayer has a spirit and when it creates a harmony with the sound of the Crystal Bowls filled with wisdom, you feel your presence within all things in nature.

☆祝詞☆
祝詞 大いなる存在からの、無償の愛と恩恵に感謝を表す、日本古来からの詞です。 祓いと清めの力によって、自然界や目に見えない世界、そして私達の心と体のバランスを本来のピュアな姿へと導きます。 また、声で唱えることにより宇宙のリズムをも整え、大いなる存在と私達を繋ぐパイプ役になっていきます。
"What is Norito?"
It is a prayer with which we glorify the infinite power of the god that created everything and express our gratitude. From ancient times human beings have believed in the spiritual power of words. As many ancient books shows, Japanese people have always thought the words they utter have effects. Humans, nature and space influence each other. Therefore, it is important not only to purify your body and soul but also to work out a rhythm of space by using beautiful words in your daily lives and the spirit of language in Norito. Norito is what bonds gods and humans together and provides the words to create a harmony with the world and the universe.

「出口春日」
大本の出口なお開祖から六代目、出口王仁三郎の玄孫にあたる。 現在、宗派を超えた祈り(2014年Jeju平和祭、王仁三郎とOSHOの月命日祭り)や講演を行っている。
2014年よりクリスタルボウル奏者なーやとのユニット「おとのわ」として、各地で言霊を響かせる活動を展開している。
"Haruhi Deguchi"
Haruhi Deguchi lives in Kyoto as the sixth generation descendent of the founder of Oomoto, Nao Deguchi. Oomoto is a religious sect in Japan,
She is the great-great-granddaughter of Onisaburo Deguchi and she lectures on prayers that surpass religious sects. She spoke at Jeju Heiwa-sai in 2014 and at the Anniversary of Onisaburo and OSHO. She formed a group called “Otonowa” with the Crystal Bowl Musician, Naaya since 2014 and she has been doing performances where people can feel the miraculous power of language.

「なーや」
2007年屋久島の水晶との出会いからご縁に導かれクリスタルボウルの音を紡ぎだす。耳では聞こえない音とも融合し、空間、大地、生き物の振動と共鳴する「音」は、壮大でありながらもマクロな宇宙の交響曲となり、心と身体に響いていきます。
樹齢千年を超える屋久杉の流木を磨く「屋久杉玉磨き」活動では、千年杉の香りや自然から作られたフォルム、微細な木のエネルギーを各地へ届けている。
屋久島では、五感、心、身体の解放をベースに、自然のスピリット、地球、宇宙と共鳴するリトリートツアーを行うカイホー屋を主宰。
“Naaya”
He has been creating harmonies with the sounds of crystal ever since he encountered the crystal of Yakushima in 2007 by a fortunate turn of fate. The “sound” is fused with the sounds that you cannot hear and resonates with the vibration of space, the earth, and living things. It reverberates in your heart and body like a spectacular and magnificent symphony. In the activity where guests polish pieces of Yaku-cedar driftwood that are more than a thousand years old, Naaya delivers the aroma of cedar, the shape created by nature, and the energy of wood. He is also a leader of “Kaiho-ya” which organizes retreat tours in Yakushima where the guests can feel released and harmonize with the spirit of nature, planet earth, and the universe.

Naaya is a performer of Crystal Bowl Music who lives in Yakushima. He holds events where he plays Crystal Bowls and promotes mental concentration by polishing driftwood pieces of Yaku-cedar. He worked at events held in South Korea and L.A.



☆クリスタルボウル☆
クリスタルボウルとは天然水晶を溶かして作られ99,99%水晶からできています。
水のように流れ、木々の緑のように爽やかに、大地のようにどっしりと、地球そのもののような音がなるクリスタルボウル。
クリスタルボウルや仏教由来のシンギングボウル(オリン)や、いにしえチャイムをミックスしたサウンドは、まさにシンクロハーモニー。
宇宙空間を満たしていく倍音は心と細胞の一つ一つまで響き みなさんの体が水晶のエネルギーと同調していきます。
この地球上で奏でられている全ての音はいのちです。
今ここにいるご縁のある土地や人工物、全ての存在から発せられている音は耳で聞こえる音、聞こえない音、振動で感じる音それぞれですが、ハーモニーとしてみなさんの音と共に育まれ祈りとなって宇宙空間へ旅立って行くでしょう
体 心 魂がクリスタルの音と共鳴したとき全ての存在と繋がりこの広大な宇宙の中の自分を感じるでしょう。
『今』という時間 空間を、みなさんと分かちあるのを楽しみにしています!
"Crystal Bowl Music"
Crystal Bowls are made from melted natural crystal. Therefore the sound of Crystal Bowls flows smoothly like water and sounds like our planet Earth.
The sound is refreshing like the green of a forest and solid like the earth. With the sound of the Buddhist Singing Bowl (Orin) and an ancient bell, it can create a true synchronized harmony.
The harmonic tone that resonates in the space reaches out to everyone’s’ soul and each individual cell and your body will move in concert with the energy of the crystal.
The sounds including the sounds from the land or artificial objects, the sounds that you can hear, the sounds that you cannot hear and the sounds that you feel are all alive.
The sounds that you generate yourself are nurtured with these various sounds and become a prayer that will travel through the universe.
When your body, heart and soul create a harmony with the sound of crystal you feel you are connected to all the things that are part of the magnificent universe.
We invite you to feel and enjoy the performance.
We are looking forward to sharing the time and space with you!



「Ceder sanding workshop review」
One of my friends living in Yakushima, a beautiful crystal island in Japan, is making a peace-ball from driftwood from Yakusugi. He said something good on his blog, and I wanted to introduce it here.
“At first, they are rough but as I polish them they become shiny and smooth like a stone.
Because I'm polishing them everyday, I often think about 'polishing'.
I polish them by sandpaper, but actually I'm just scratching them.
They go through from a big scratch to a medium scratch, to a small scratch, then finaly they become shiny.
I apply this process to the life.
A shocking event that may have happened in your childhood can leave a big scar in your heart.
Many of the traumas occur in your chilhood, don't they?
Polishing is also the same, there are big scratches at first.
As you grown up, you will get nerves to spare, so you have less chance to get hurt so deeply.
But still, you will encounter some shocking events or sad things in various situations, and get other scars.
In polishing, I keep scratching them till the very end, but they become shiny.
I think the life is similar to this.
When you get hurt from something, you might think that you have to heal it.
But that scar also could be a necessary process to develop your soul or to lead your soul to the enlightment.
Maybe the trauma that your inner-child has is the same, it doesn't need to heal but to be accepted.
Once your soul is aware of the scar, the soul will follow the pathway to the light, with or without healing the scar.
Of course it might be shocking when you get hurt, but I think there is no good or bad emotions.
I will enjoy this process of 'polishing' which will become shiny in the end,and also try not to forget to appreciate all existences which gives me scars to polish.”

「Norito」
Norito are the ancient prayers or sacraments of Shinto worshipers in Japan, recited in praise to a deity and the infinite divine energy of the universe. The verses bring purification of the body, mind and soul, and align the rhythm of energy of this world.
The efficacy of prayer is founded on the concept of koto-dama, the spiritual power that resides in words. According to ancient beliefs, both in the east and the west, elegant, articulate speech brings about good, whereas ugly, coarse language can summon evil.
Some of the ancient phrases demonstrating faith have been found written in the oldest existing collections of Japanese myths and poetry, such as "Kojiki" and "Manyousyu." Phrases such as “Kotodamano sakiwau kuni” and “Kotodamano tasukuru kuni” are references to some of Japan's earliest history.
Humans, nature and the universe are all reflected in each other. Cloudiness and confusion in our minds cause disharmony in the world of nature and space. It is important to value the use of beautiful language in our daily life.
Norito are expressions that help to expand our awareness of the divine and have psychological and spiritual power that help bring a harmonious balance of our world and the macro cosmos.
comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。