--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.04
Wed
ナオヤと出会ってまだ間もない頃、バックパックを背負って出かけた東南アジア。

そこで私が見たのは、ぼろぼろの服を着た子どもたち。
がりがりに痩せた裸足の足は泥まみれで、白茶けた色をしていた。
足の裏の皮がすごく硬そうで、きっと、一度も靴を履いたことがないんだろうなと思った。
無邪気に「マニー、マニー」と手を出してくる。

私はいたたまれない気持ちになり、言葉が出なかった。
なぜ、私は贅沢とは言えないが、旅をすることが出来るのに、この子たちはこんな状況で生きなければいけないのか?
不条理ではないか?

何か言葉を発してもらいたくって、横にいたナオヤを見た。

「うらやましい!」とナオヤが言った。

私は電撃が走ったような衝撃を受けた。
思わず「え?」と聞き返した。

ナオヤはもう一度「うらやましい!」と言った。

「なんで?どこが?かわいそうだと思わないの?この子たちの格好見てよ!どこ見てんのよ!!」と言った私にナオヤは

「だって、超楽しそうじゃん!俺らより、全然楽しそうだよ。こんなボロ着てるのに、そんなこと全く気にしてない。おれもこうなりたい!!」と言った。

私の世界がらっと変わった瞬間だった。

びっくりしている私に「どうしたの?」と聞くナオヤ。
私は正直に自分が感じていたことを伝えた。

この経験から15年以上が経つ。

相変わらず、私とナオヤはほぼ同じものを見て、経験しているにも関わらず、こうした別の見解を持ち続けている。

ナオヤの視点は、うらやましくもあり、イライラする原因でもある。
私の行動を応援してはくれるけど、賛成してくれることはあまりない。
それでも私は私の感じるままに行動する。

そんな私にナオヤがいつも言うこと
「たかえは、根っからのアナーキストだよ。そして愛が溢れてる。」

私が素晴らしいパートナーに恵まれていることは間違いない。

 これはのろけではなく、世界とどう対峙し、愛を注ぐかという話なのです。

9,4
 ちなみにこれは、子どもたちが「ママみたい!」と撮ってくれたカルタの絵柄。


たかえ

スポンサーサイト
comment 2 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。