FC2ブログ
05.13
Sun
鹿児島指宿かなちゃんより

なーやさん♪たかえさん♪

こんばんは!
記念すべき第1回リトリートツアー参加(←めでたいッ(^^)v)のかなです!
ツアーに参加してからどんどこ過ぎていきますが…

いまだに…屋久島の余韻に~五感が解放しっぱなしでございます(^^)
本当に本当に楽しくて~癒され~自然の恵みを感じ、美味しく頂き~身体中をキレイに浄化していただきました。

心豊かな気持ちになれたのも、ご縁に恵まれたおかげです!
なーやさんやたかえさんをはじめ、素敵なメンバーに本当に恵まれました♪
これも屋久島パワーですね!!

屋久島の自然に寄り添いながらの~まったり癒しのミステリーツアー感覚(笑)…この後はどこへ…何をするんだろう~とこりゃまた気になること満載でツアー中わくわくしてました♪
なーやさんの自然に対する恩恵の気持ちを目の当たりにしたり~自然を肌で実際に感じることで~
改めて感じるたくさんの気付きもいただきました。

心にも身体にも気持ちのよい~そしてわくわくする屋久島の旅…カイホー屋さんのツアーに参加できて本当に良かったぁ~♪♪

またぜひ!!参加したいです!!
ますます屋久島のとりこになったわたしです(*^^*)♪

心よりご縁に感謝いたします!
ありがとうございましたm(__)m☆

PS…いくつかお願い事が…m(__)m
なーやさんのDVD(←自然と涙が…たまってた想いが浄化されたようです~)を2枚いただきたいのですが…
大好きな友達にどうしても贈りたくて(^人^)☆
それと!!(たくさんすみません(苦笑))
たかえさんからごちそうになった手作りお菓子のレシピを教えていただきたいのですが…
美味しかったので~子ども達にも食べてもらいたくてッ(^^)d
ごちそうさまでした!!ありがとうございました(^人^)☆
よろしかったらお願いします!!

またお逢いできる日を楽しみにしていま~す\(^^)/♪
2012年3月リトリート合宿三日目210








東京 直ちゃん

なーやさん

このたびはめいっぱいお世話になりました!
いろいろわがままも聞いていただいて・・・ありがとうございました。
おかげさまで,私史上最高の屋久島時間を過ごせましたよ。


今までお世話になったAZAMIさんのツアーはありえないくらい島の魅力が
満載で,それはそれで贅沢な時間を過ごさせていただきました。
屋久島初心者としては,それもとてもありがたいことやったと思います。

だけど今回のように,その時の気分,気候などでいちばんベストな選択をする
旅というのも,悪くないどころか むしろ屋久島を楽しむにはいちばんの方法
やったなーと,終えた今感じています。

「あれもしてこれもして」っていう,普段の余裕のない欲張り気味な姿勢のままでは,
屋久島の自然には立ち向かえないように思います。

もちろん私にも屋久島でやりたいことが全くないわけではないですが,
屋久島に降り立つと,そういう多くを求めすぎる心みたいなものがすっと抜けて
いくんですよね。

与えられるがままに過ごして,
何も与えられなかったらそれが今の自分には相応なんだと,
そういう謙虚な姿勢にさせられるというか。

そういう屋久島らしい,本当にいい企画やったと思います^ ^

私としては,行きたかった白谷雲水峡に二方面からアプローチできて,
しかもコケがメインの日は程よい小雨,
景色を楽しむ日は快晴!
という 身に余るほどの自然の配慮に,ただただ感謝するばかりです。

ごはんもどれも美味しかったし(カフェめし最高!),
きれいな夕焼けも撮れたし,
海中温泉では満天の星空も拝めたし,
最高のカイホー感を味わえました。

真夜中の滝と山びこもいろんなものを洗い流してくれたように思うし,
クリスタルボウルの音色もとても美しかったし,
新旧すてきな出会いもあったし,

まぁ,なんか正直やりたいこと全てやりつくしたっていうか(笑)
それでも「また来るね!」って思える何かが自分の中に残っています。

よしみさんのように初上陸の方にとっては,
その後も島と繋がるための,良いきっかけになるものだったのではないかと。

リピーターの私でも,より深く繋がった気がします。

屋久島から帰還してからというもの,頭の中がポジティブ回路にリセットされたのか
今までストレスを感じていた日々の雑多なことがどうでもよくなってきました。

そして些細なことでも感謝の気持ちがわいてくるようになりました。
何ひとつ変わらない日常を,非常に穏やかに過ごしています。

リトリートされた状態って,こういうことなんですね~
屋久島パワーおそるべし!
2012年4月リトリート合宿20








札幌きよちゃん

リトリートツアーは、不思議なことも起こりましたが、本来の自分が、再発掘されました。
それを、期待して行ったわけではなかったので、きっと、潜在意識が、屋久島に呼ばれた
のでしょうか。  

振り返ってみると、なーやさんと知り合う前に、去年、下北沢の街を散策
してたり、娘が、以前なーやさんが住んでいた街に引っ越したり、今、住んでるところが、
なーやさんの生まれた天使病院の近くだったり、3年前には、たかえさんの実家の浜松
の近く(でもないかな)掛川に行っていたり、(その時に、浜松に泊まろうかとも考えたり)
何より、初めて参加したなーやさんのイベントで、屋久島に行きのパンフレットを、頂け
たり、すんなり、屋久島に行けて驚きも半分でした。

屋久島は、本当に、あたしにとって意味深い一生の思い出になりました。
ご一緒したメンバーと出会えてお友達になれたこと、なーやさんの家族、ひろみさんに
出会えたこと。(普段に着れる着物に興味を持っていたから、ひろみさんの着物姿に感動)
(たかえさんのはなつオーラに感動、カフウちゃんと、ハネイちゃん、たまちゃんのめんこさ)
すべてが、新鮮で、気持ちが温かくなり、ほっとして、楽しく元気になりました。

屋久島は、噂では聞いていましたが、現世の場所とはおもえないまさに神秘的なところ
でした。まだまだ、素敵な場所が、あるんだろうなあ。

月並みな言葉になりますが、屋久島は、国内とか、海外とかの次元ではありません。
体験した人にしか味わえない、言葉にできない何かを体験できます。

なーやさん、大変お世話になりました。本当に感謝しています。
ありがとうございました。

屋久島も素敵ですが、なんでもできるなーやさん、なのに気負わずいつでも自然体で、
真摯に人と関わっていて、出会えてよかったあ。生きててよかったあ(笑い、大袈裟?!)

6月にまたお会いできること楽しみにして待ってます^ ^

2012年3月リトリート合宿二日目206








福岡きぃちゃん

私にとって、今回は人生で二度目の屋久島でした。
初めてお会いする方々との二泊三日…でも
初対面である気恥ずかしさも、なんだか皆さんとのやわらかな空気の中で 自然に打ち解けていたきがします。ご縁があっての出逢いだからかな…?
初日のクリスタルボウル(*^^*)
雰囲気のある古民家での、とってもリラックスした夜となりました。
二日目はいよいよ屋久島の森へ。カナさんが連れた木霊ちゃんが思い出の1つです(笑)幸い天気もよくて、気持ちよかった!森に入れたことが嬉しくて、なんだか『よくきたね』とさえ言って貰えているような気持ちでした。
なーやさんに連れられて、
行き着いた『苔むす森』。
一言では言い表せないほど 私には神秘的で、来れたことが嬉しく思いました
道中頂いた水照玉のお弁当が また美味しかった♪♪それに、なーやさんが必ず煎れてくれるお茶が なんとありがたかったことか(笑)ご飯食べるときはやっぱり身体が冷えるんですね~!お茶、美味しかったです♪

3日目はクリスタル岬!暗いうちからの移動…風が強くてドキドキしましたが、日の出をバッチリ見れて、朝日のパワーをおもいっきり吸収しました!あんな光景、あそこでしか味わえないですね…
そして全員揃って行った最期の場所、ガジュマルの森…包み込むように枝(というか、根)をのばしたガジュマルさんに ハグしてご挨拶。 樹は繋がっている、ということで ガジュマルさんを通じて屋久島の木々にありがとうございました~と伝えました。
ガジュマルと1つになって 過ごす時間…今思いだすだけで、まだガジュマルがそばにいるようです(^-^)
あの森に次に行く時のために、ぜひとも足裏を鍛えておきたいです(笑)

時間に縛られず
自由に遊ばせてくれたなーやさんのおかげで、とっても楽しい時間が過ごせました(^-^)

樹を見ると 屋久島を思い出します♪
またいきたいなぁ…☆
2012年3月リトリート合宿三日目212








神奈川オーロラさん


<初日>
・空港、港への出迎え、見送りは助かります。

・登山靴は必要な事がわかりました。
  聖母ガジュマルへ行くなら登山靴でなくても大丈夫と思っていましたが、
  入り陽の大岩や白谷雲水峡の入り口の岩盤(憩いの大岩?)を歩くときは
  フリクションの効いた靴が必要ですね。
  ナカガワスポーツ店で登山靴が借りられるのは助かります。重い荷物を持って歩かなくてすみます。
  あのお店はパワーストーンの隠れた穴場ですね。

・益救神社の宮司さんとお話ができる企画はとても良いです。
  今回はたまたま結婚式の予行演習があったので時間がとれませんでしたが、
  土地の方のお話が聞けるのはいいですね。

・自己紹介
  なーやさんのリードでくだけた雰囲気で自己紹介ができました。
  実名でなくニックネーム、ハンドルネームで呼び合うと親近感が出ます。
  
・クリスタルボウルはやはり素晴らしいです。寝ながら聞けたのも良かった。

・玉磨きもOK。二度目なのでやりやすい材料を選びました。

<2日目>
・牛床詣所
  清々しくて良かった。さすがだなと思ったのはなーやさんが掃き清めていたことです。
  山に入る前のセレモニーとして敬虔な気持ちになります。
  レオンさんが言っていた場所も気持ちが良かった。
  自分は霊感が強くないんで教えてもらえるとありがたい。

・益救雲水
  9月に行ったときも湧き水の所に行きましたが、屋久島ならでの特色だと思います。
 
・白谷雲水峡
  風が強くて太鼓岩までいけなかったのは残念でしたが、屋久島を満喫することができました。
  もののけ姫の森に満足。あの場所だけでなく、途中の景色も素晴らしい。
  雨のあとだったことも幸いしていたかもしれません。
  ただ黙々と歩くだけでなく、所々で解説が聞けたのが良かったです。
  写真を撮りながら無理のない行動だったので私は疲れませんでした。
  昼食のお茶は温かくて美味しかった。
  山岳捜索隊が行方不明者を捜している現場を通りかかり、ガイドに案内されている安心感を感じました。

・清流でクリスタルタイム
  もっとパワーストーンを持って行けば良かった。

・クリスタルボウルのワークショップ
  自分でクリスタルボウルを自由に演奏できるとは思いませんでした。
  以前ノアシンフォニーで「じゅん☆さん」にクリスタルボウルを演奏させてもらいましたが、
  この時は各自がクリスタルボウルの一つを担当して、ボードに書かれた番号に合わせて
  順番に音を出していき全員で演奏する形でした。
  全部自分一人で叩いたり、共鳴させたりできるので満足できましたね。
  みんな15分ごとにチャンと来ていましたね。
  他の人は2階で玉磨きをしていたので一人で没頭できたと思います。

・プレゼント交換会
  それぞれが思いを込めたプレゼントを用意してきていたので、各人の個性が感じられました。

<3日目>
・ご来光・クリスタル岬
  さすがに朝起きるのは辛かったですね。4時半出発なので女性陣は3時半頃から動き出していました。
  前日も寝るのが早いわけではありませんでした。それでも日の出を見るためには仕方ないですね。
  LEDのヘッドライトは明るくて良いですね。両手が使えるので安全です。
  クリスタル岬は素晴らしいところでした。
  前日の影響から風が強かったですが、ちょうど日の出の頃に雲を吹き飛ばしてくれました。
  なーやさんが日の出の時に各人の素晴らしい写真を撮ってくれました。良い思い出になりますね。
  日が出たあとのクリスタル岬は屋久島のセドナと言われるだけあって素晴らしいところです。
  入り口がまたしゃれていました。門をくぐって入っていきます。
  朝のお弁当は美味しく食べました。
  時間をたっぷり取っていただいたので菜の花は太陽瞑想をしていました。

・レンゲ畑
  我々のためにレンゲ畑を耕さずにとっておいてくれました。ありがとうございます。

・トイレタイム
  トイレタイムを考えてくれていてありがたかったです。
  永田浜のあんな所にトイレがあるなんて思いもしませんでした。

・夕陽岩(勝手に名付けました)
  名前はまだ無いようですが是非ともなにか命名して欲しいですね。
  登るには微妙なルートを使っていて登山靴でないとチョット危ない気がしましたが、島の西端で絶景でした。
  夕陽が抜群だそうですが、日が落ちたあとは暗くなるので少し大変なようです。
  でもあそこで波音を聞きながら星空を見ると素晴らしいでしょう。
  夕陽は見ませんでしたが素晴らしいところでした。

・野点の沢(名前を聞きましたが忘れました)
  ここがまた素晴らしいところでしたが、ゆっくりと通過という感じで、滞在して何かイベントがあると良かっ  たですね。
  夏は水着を持ってきて水浴びとか、ハンモックでお昼寝。河床の岩の上での昼寝でも良いですね。

・聖母ガジュマル
  今回の圧巻の一つだと思います。
  9月に来たときも感動しましたが、何回来ても飽きません。
  菜の花は前回は時間が短くて不満だったようですが、今回は満喫したようです。
  せつこさんの時はみんなで声明をしたりしましたが今回はじっとガジュマルと対話ができました。

・昼食
  トビウオの唐揚げは美味しかった。

・秘境の沢
  どこに連れて行ってくれるのかと期待していましたがここも素晴らしいところです。
  もう少し暖かければ昼寝をするところでしたがまだチョット寒かったですね。
  でも時間がたっぷりあったのでスケッチが2枚描けました。
  水の流れを見ているだけで癒やされます。

・サイレントウォーク
  チョット思いつきだったような気もしましたが、菜の花にはえらく評判の良い企画でした。
  ひとりになって屋久島を味わうと言う意味で成功だったようです。
  菜の花はもう少し時間を取って欲しいと言っていました。10分でしたからね。
  せつこさんの時のサイレントウォークは時間が決まっていたので(1時間?)時計が気になりましたが、
  今回はなーやさんが後ろから拾いにに来てくれるので時間を気にしないで自然に浸っていられました。

<その他>
・リトリートツアー
  メンバーがばらばら、天候はわからない等の制約がありますが
  のんびりとした行程でリラックスできました。あのくらいのんびりしていると神経がほぐれます
  トイレタイムだけは適宜取って下さい(永田浜でのトイレタイムは良かった)
  また白雲水郷は適切なところにトイレがありました。
  案内があるとガイドブックに載っていない穴場(?)に行けます
  観光地でない本来の屋久島に出会えます。
・海、空が荒れたときの対応
  船が出なかったり飛行機が飛ばないと予定通り帰れないので不安になります。
  以前、家族で甲府の山奥の温泉に行ったら豪雨で途中の道が土砂崩れになり、
  バスが来ず閉じ込められたことがありました。
  宿の4駆で水が引いた河床を通って帰り着いたことがあります。
  いつになったら天候が回復するのか、道路は通れるようになるのか、
  いつまで閉じ込められるのか、お金は足りるのか、心配になりました。
  今回も2日目は船が欠航していましたね。地続きでない島だと船や飛行機や欠航になると
  身動きできないことを思い知らされました。
2012年3月リトリート合宿三日目223

comment 0 trackback 0
05.10
Thu
先日、指宿からヨガインストラクターの笑和ちゃんを迎えて、永田の浜でビーチヨガを開催しました。

まずは、お祈りをして心を鎮めて始めます。
簡単なストレッチの後、太陽礼拝からヨガポーズに入りました。
えなちゃん11

以前札幌の響きの森クリニックでクリスタルボウルヨガをさせて頂きました。
そこの院長先生は体に残っている残留電磁はを計る機械を持っていました。
クリスタルボウルヨガを終えた4人で計ってもらったら、全員数値が0に!

通常日常生活を送っていれば、だいたい30〜40くらいの数字が出るそうです。

先生は電磁波が体に与える影響をとても危惧していて、体から電磁波をアースしてくれる装置を作りました。

「この機械壊れたかなあ」と、先生。
試しに先生の体を計ってみると、18。
先生は診察中ずっと、装置の上に足を載せているので、比較的低い数値です。

じゃあ、この4人も計ってみようということになり、計ってみると、
全員、0から1に数値が上がったのです。
この機械はコンセントに繋いで、電気の力を借りて電磁波をアースさせる仕組みになっているのです。

0の体に電気が逆流してしまいました。

装置の故障ではないことがわかり、改めて音の力、ヨガの力を実感しました。
えなちゃん12
ヨガで体を調整しながら、クリスタルボウルの音で細胞一つ一つをピュアに調整。
すごい可能性を秘めていると思いました。

音に関しては、クリスタルボウルはあ〜気もちいい!と分かりやすい音ですが、
きっと自然界に溢れる音にも同じ作用があるように思います。

たとえば、水のせせらぎ、波の音、風で葉っぱが揺れる音や雨の音。。
全ての自然界の音にはなんらかのこういった作用が感じられるはず。

また、最近の研究では象は人間が聴くことができない高い周波数で会話していることがわかっています。
人間の子どもと大人では聞こえる音調の上限も違うそうです。

ということは、この地球上、宇宙には聞こえていないだけでたくさんの音に溢れているようです。

屋久島で生活していると、自然現象の音に敏感になりました。
なんだろ〜と思って空を見上げると、よく虹や光環、彩雲が現われています。
虹が発している音楽がきっとあるのだと思います。
友達は虹の匂いがするとも言っていました。
たかえは子どもの頃、虹から音が聴こえたそうです。


えなちゃん2


屋久島はもうかなり暖かいので、日中は晴れていると暑すぎます。
ヨガをしているときはいい具合に曇ってくれて、終わったら快晴に^^
屋久島さんいつもありがとう!!
えなちゃん1

えなちゃん21
集った子どもたちは海で大はしゃぎ。
子どもたちに交じって、一緒に初泳ぎ〜〜
気持ちよかった〜

全員すっぱだか。
指宿から来た子どもは生まれて初めて気持ちいい〜〜〜〜!!
と絶叫しながら自然児にかえっていました。

夏は毎日のように夕日を見ながらぷかぷか泳ぎにくるのが夏の日課^^

ほんとにありがたい環境です!


なーや
comment 0 trackback 1
05.09
Wed
今年も5、6、7月にかけて全国を回らせて頂くことになりました。
スケジュール発表です!!
関西〜東海〜北海道〜山陰〜九州縦断後、屋久島でファイナル^^

この夏のツアーは「ピュア共鳴ツアー」と題しての全国行脚です。
屋久杉やクリスタルのピュアな存在に触れることにより、
参加者皆さんと一緒に、カイホーの時間を過ごせそうで嬉しいです!!!

屋久杉玉磨きで磨いた屋久杉は、最近は屋久島行きの片道切符と言われています。
屋久杉とクリスタルボウルを介して、屋久島のエネルギーと繋がりに来て下さい〜
全国各地を屋久島のエネルギーと繋いでいきます!!

屋久島、地球、自分との繋がる「ピュア共鳴ツアー」
みなさんにお会いできるのを楽しみにしています!!!

いつものように、1部が屋久杉玉磨き、2部がクリスタルボウル演奏となっていますが、場所によってはクリスタルボウルのみの会場もありますので、チェックされて下さいね。

2012玉磨き雛形jpeg680



5/27(日) 大阪「chakra」 
            磨き14時〜18時 ライヴ18時30分会場 19時30分〜20時30分
            磨きのみ:前売り3000円 当日3300円
            ライヴ:前売り2500円 当日2800円(それぞれ1ドリンク付)
            大阪市北区菅原町6-12  お問い合わせ chakra 06-6361-2624

5/29(火) 京都「cacao∞magic cafe」
            磨き13時〜18時 ライヴ19時〜20時30分
            磨き&ライヴ:4000円
            磨きのみ:3000円 ライヴのみ:2000円
            夜はローフードディナーもご用意しています(要予約1000円)
            おいしいローチョコも食べれます^^
            生チョコで音の回路を開いてカイホーナイト!
            京都市左京区浄土寺石橋町41-1 お問い合わせ cacao∞magic cafe 075-757-8914

5/31(木) 岐阜「空歩21」
            磨き10時〜15時 ライヴ19時30分〜21時
            磨き:3500円 ライヴ:2500円(空歩メイトはそれぞれ500円OFF)
            ライヴはヨガとのコラボイベントです。
            体を調整しながら聴くクリスタルの音色は、とても体や心に浸透してきます^^
            岐阜県各務原市鵜沼東町7-1  お問い合わせ 空歩21 058-385-4572

6/2(土) 名古屋「Magic mama」
            磨き10時〜16時 ライヴ16時30分〜17時30分
            磨き&ライヴ:4500円 磨きのみ:3000円 ライヴのみ:2000円
            名古屋市西区幅下1丁目6-2 
            お問い合わせ 光麗  moonprincess_corey@i.softbank.jp

6/3(日) 浜松「木下恵介記念館(旧浜松銀行協会)」
            ライヴ14時〜15時30分 音のワークショップ16時〜17時30分
            ライヴ&ワークショップ:3000円 ライヴのみ:1500円
            ライヴ、ワークショップともに、まるの日圭さんとのコラボイベントです
            タオライアーとのコラボ企画。
            お問い合わせ お申し込み nayamaruhama@gmail.com

6/4(月) 浜松「PAYAKA」
            磨き14時〜18時30分 ライヴ19時30分〜21時
            磨き&ライヴ:4000円 磨きのみ:3000円 ライヴのみ:1500円
            当日は満月です^^
            前回好評いただいた、ギター直とキャンドルアーティストYua candleとのクリスタルボ            ウルとのコラボセッション。
            フルムーンヒーリングナイトです。
            浜松市中区鴨江4-19-12 お問い合わせ PAYAKA 053-451-6906

6/8(金) 札幌「森のヤシンカ」
            磨き&ライブ 10時30分〜17時
            数秘術占い師 五十嵐由家さんとのコラボイベントです
            五十嵐由家の占い鑑定 手作りランチ付きです♪
            参加費:7000円(昼食:インドカレー付き)
            札幌市中央区伏見3丁目22‐6 前日までの連絡先 011(641)3343
            地図

6/9(土) 札幌「Minnカフェ」
            ライヴ10時45分〜12時 ランチ&座談会12時〜14時
            ライヴ:3500円(ランチ付き)
            働くママさんへのイベントです。
            札幌市豊平区豊平3条7−3−26
            お問い合わせ  workingmother_iandm@yahoo.co.jp

6/10(日) 札幌「cafe&space Kunka*Kunka」
            磨き13時〜17時 ライヴ18時〜19時
            磨き&ライヴ:5000円(ディナー&1ドリンク付)
            磨きのみ:3500円(1ドリンク付)
            ライヴのみ:3000円(ディナー&1ドリンク付)
            ディナー付は要予約です。
            札幌市中央区南7条西25丁目8-1華裳ビル1F
            お問い合わせ Kunka*Kunka 011-530-1770

6/12(火) 札幌「salon 笑(えみ)える」
            磨き10時〜15時 ライヴ15時30分〜16時30分
            磨き&ライヴ:5500円 磨きのみ:4000円 ライヴのみ:2000円
            磨きの部はランチ付です。
            札幌市豊平区西岡5条1丁目12-5
            お問い合わせ 山田 090-7512-8254 shotaro.haruta@ezweb.ne.jp

6/13(水) 札幌「ここにいるよ。」
            磨き10時〜15時30分 ライヴ16時〜17時
            磨き&ライヴ 5000円(ランチ&1ドリンク付)
            札幌市西区西野5条7丁目5-25
            お問い合わせ ここにいるよ。 011-557-6093 kokoniiruyo_hime@yahoo.co.jp

6/14(木) 札幌 北海道神宮例大祭前日 クリスタルボウル奉納演奏
            17時〜17時40分
            境内の土俵スペースにて演奏となります。

6/16(土) 帯広 「あがり框」
            磨き10時〜16時 ライヴ16時30分〜17時30分
            磨き&ライヴ 4500円(1drink付)磨きのみ:3500円 ライヴのみ:1500円
            帯広市西10条南5丁目1番地
            お問い合わせ とかち宇宙堂 tokachi.uchudou@gmail.com

6/19(火) 鳥取三朝 「ドードー食堂」
            磨き14時30分〜18時30分 ライヴ20時〜21時
            磨き&ライヴ:4000円 磨きのみ:3000円 ライヴのみ1500円
            ライヴ前のお食事も用意しています!要予約1000円
            ☆新月へ向けてニュームーン キャンドルナイト☆
            鳥取県東伯郡三朝町三徳989-3
            お問い合わせ ドードー食堂 080-6189-8465

6/21(木) 出雲 「古志古民家塾」
            1部 磨き12時30分〜17時 ライヴ17時〜18時
            2部 ライヴ19時30分〜21時
            1部:4500円 2部:2000円
            2部では生音楽器持ち寄り大歓迎です
            ☆みんなで夏至の祈りを音にのせて出雲から地球宇宙へ☆
            島根県出雲市古志町下新宮2571
            お問い合わせ 古志古民家塾 0853-31-8211 なーや 090-5195-2396

6/22 (金) 出雲 玉作り湯神社
            クリスタルボウル奉納演奏 15時〜16時
            
6/24(日) 福岡市 「カーサロータス」
            磨き12時〜17時
            磨き:5250円
            福岡県福岡市東区
            お問い合わせ カーサロータス honeynuts_1973@cc.wakwak.com

6/25(月) 福岡福津市 「Landship cafe」
            磨き15時〜19時30分 ライヴ20時〜21時
            磨き&ライヴ:4200円(ディナー&1ドリンク付) ライヴのみ:1500円
            ベジご飯対応できます^^
            福岡県福津市宮司浜4-5-17 お問い合わせ Landship 0940-52-0381

6/27(水) 南阿蘇 「NARAYANA」
            ライヴ18時〜
            ライヴ:1500円
            熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陰羅漢5262-101
            お問い合わせ narayana関根 090-1089-5834

6/28(木) 阿蘇南小国 「TAI spiritual training center」
            磨き12時30分〜17時 ライヴ17時30分〜18時30分
            磨き&ライヴ:4000円 磨きのみ:3000円 ライヴのみ:1500円
            ライヴではTAIさんのピアニカコラボセッションもあります^^
            熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6338-157
            お問い合わせ タイ tst@tst-aso.com

7/1(日)鹿児島「光透葉」
            ライヴ午前 10時30分〜12時 午後15時〜16時30分 
            ライヴ:2500円
            お問い合わせ 光透葉 099-802-5225

7/4(水)鹿児島南九州市「釜蓋神社」
            奉納演奏11時〜12時
            野外での奉納演奏のため、雨天中止です。
            鹿児島県南九州市頴娃町別府6827 (南薩大川郵便局が目印)
            お問い合わせ 笑和 090-1517-3604

7/4(水)鹿児島南九州市 「池田湖マリーナ WARNA」
            磨き 14時〜18時
            磨き:3000円&1ドリンクオーダー
            指宿市池田5123-4
            お問い合わせ 笑和 090-1517-3604

7/7(土)屋久島平内 「月の港」
            13時〜16時
            七夕イベント ☆竜宮の約束*天使の奏と七夕瞑想会☆
            天使の絵を描いているere Mariaさんのイベントでのクリスタルボウルの演奏です。
            アメリカから指笛奏者のMEMIさんとのコラボセッション&誘導瞑想。
            

クリスタルボウルA5雛形挨拶文入りjpeg680


皆さんと会えるの楽しみにしています!!!

なーや

comment 6 trackback 3
05.06
Sun
長年構想していた、屋久杉共鳴香がついに完成しました!
共鳴香たて670


今までの屋久杉ふわふわ香にスパイスとなるパウダーを混ぜて焚く、天然ナチュラル100%香。
まずは第一弾です!!
屋久杉共鳴香


第一弾のスパイスは、
クリスタル、麻、琥珀、ゲットウ、シナモンです。
共鳴香よこ670
上段 左:シナモン  右:ゲットウ
下段 左:琥珀  中:麻  右:クリスタル



大量に作れるものではないので、在庫がなくなり次第他のパウダーを取り入れていきます。
今後は琥珀のような樹脂も数種類使っていく予定です。
屋久杉共鳴香jpeg


ふわふわ屋久杉香jpeg

屋久杉共鳴香:4000円
で販売を開始いたします。
販売数に限りがありますので、ご興味ある方は早めにお問い合わせくださいね。(限定20個)

田んぼ作り始まる&お香01
屋久杉共鳴香の制作にあたって、屋久島の調香師 美香ちゃんよりたくさんのサポートを頂きました。
美香ちゃんありがとう!!!

美香ちゃんは、屋久杉パウダーやゲットウを使った手びねりのお香を販売したり、お香作りのワークショップで、やくしま手づくり市への出店しています。
屋久島でクリスタルボウルの演奏をする時は、香りでコラボもしてもらっています!!
心のこもった手びねりのお香に興味ある方、お問い合わせください〜


追加投稿です^^

共鳴香のコーンの作り方を写真でご紹介します。

共鳴香焚き方1
まず、一つまみ屋久杉ふわふわ香を缶の裏蓋に入れます。

共鳴香焚き方2
その上に共鳴スパイスを少しづつ載せていきます。
写真はクリスタル(左)、ゲットウ(右)、麻(上)です。

共鳴香焚き方4
均一に混ざるようにミックスさせて、4本の指を使ってコーンを作ります。
やわらかいので縦に長くなります。

共鳴香焚き方3
縦に長すぎると倒れることもあるので、さらに上からきゅっと力を入れて圧をかけて、固くします。

共鳴香焚き方5
コーンが出来たら、手を離さずにそのまま炭の上に載せます。

共鳴香焚き方6
先っちょに、点火!
油が濃い〜のでそのまま火がつきます。
共鳴スパイスの量が多いと、火がつきにくくなります。

共鳴香焚き方7
ある程度火種ができたら炎を消します。
あとは自然と下まで燃えていってくれます。

共鳴香焚き方8
燃えた灰は植物や土に還してあげるといいですね。



なーや

comment 0 trackback 1
05.05
Sat
先日アメリカの聖地シャスタから、はるちゃんが初来島しました。
友達の友達という間柄でしたが、フェイスブックを通じて一気に近い関係になり、屋久島でクリスタルボウルとハルちゃんの絵とコラボしよう!ということになりました。


以前からハルちゃんの絵は見ていました。
クリスタルボウルを演奏するようになったきっかけを作ってくれた友人の繋がりで、札幌の仲間やっちゃんがハルちゃんの絵をプレゼントしてくれていたんです。
札幌のやっちゃんは年に何度もシャスタへ通っていて、ハルちゃんの友達でした。


はるちゃん1
まずは神社でお参り。
完成したばかりの屋久杉共鳴香を焚きました。
調合するスパイスはハルちゃんに選んでもらいます。


はるちゃん21
屋久島についてすぐに、水に入るはるちゃん^^
初日から3日間はカイホー屋に身を委ねたい、というハルちゃんと空港で待ち合わせ。
全身ピンクのハルちゃん!と出会った瞬間に、屋久島でハルちゃんがどう屋久島と共鳴していくのかが見えました。
飛行機に乗っている最中、ハルちゃんはずっと水がキーワードとして出てきていたようで、それをキャッチできていたので、迷わず沢へ。


ハルちゃんの日本ツアーは大阪〜札幌〜石川と回っていたので、はるちゃんの体調が気になっていたけど、
ぜんぜん大丈夫!!元気だよ!!ということで、夜の森へお邪魔することにしました。

今回の山登りは普段お客様と一緒に登る山とは全く違う感覚でした。
それは、屋久島滞在後半に控えている、音と絵のコラボがあったから。
初めて出会ったような気がしなかったけど、いかにこの3日間で二人でともに屋久島と共鳴するか。
その点を一番大事にしたかったんです。 
はるちゃん2
夜の森は、二人の鼓動が響いているのが分かるくらい、静寂の森。

普段カイホー屋でフルムーントレッキングをしていますが、新月に近い闇の森は久しぶりでした。
歩きながらたまにヘッドライトを消して見上げる空は、屋久杉や木々の葉っぱの隙間から満天の星空。
森のテントだね〜と、はるちゃん。


夜が明ける。
はるちゃん11


ハルちゃんは持ってきたインディアンフルートで森へご挨拶していました。
鳥たちも聞き入っているよう。
はるちゃん12


真っ暗な中登っていたので、帰りはコケの森を堪能。
はるちゃん14


子どもたちもハルちゃんが大好き!!
花風は絵描きなので、絵描きのはるちゃんが来るのをずっっと心待ちにしていたのです^^
田んぼで過ごす夕焼けの時間。
はるちゃん22


個展が始まりました。
ハルちゃんが昔からお気に入りのうさぎ。
かわいい〜〜
はるちゃん31

カフェ水照玉にハルちゃんの大きな絵がすごく大きな存在感。
はるちゃん32
この絵たちは、全てフリーハンドで描かれています。
定規などは一切使っていないんです。
ミラクル!!
その時々で降りてくるものを描き出すだけ。

はるちゃん33
自分の絵をわが子を見るようなまなざしで見つめるハルちゃんが素敵!!

今回展示していた絵の中で一番強烈に惹かれた絵の前で演奏させてもらいました。
はるちゃん34
その名も、タイトルはクリスタルエナジー!!

演奏してみて、これほど絵とだけ共鳴しながら演奏できたのは初めてでした。
絵のエネルギーとクリスタルボウルのエネルギーと、集ってくれたみんなとの共鳴ハーモニー^^
素敵な時間をありがとうございました!!!


この絵たちは、なんとブラックライトで光る使用になっているそうです^^
次回は夜ブラックライトでクリスタルナイトだね!!と盛り上がりました〜〜
年内もしくは来年にはハルちゃんと一緒にツアーに出よう!となりました。
全国に皆様、お楽しみに〜〜〜


最後に永田のみんなで前浜で夕日タイム。
はるちゃん永田全員
濃い〜〜時間をありがとう!!!はるちゃん^^

また近いうちに会えるね〜〜



なーや


comment 0 trackback 0
05.04
Fri
我が家では例え親が言っていることでも、納得できなければ、とことんそこを追求すること。
おかしいと思うことは、きちんとその旨伝え、とことん話し合おう!ということにしている。

「ダメ」を言うときは、なぜそれが「ダメ」なのかを伝える。

だから、「ダメ」という時に「何で?」って聞かれると、こちらも「何でダメなんだろう?」って考えてしまって、結局それは自分の思い込みに過ぎなかったことに気づくことも多い。

学校が始まって1ヶ月。
カフウは学校で先生にいろいろ言われることが、全く分らないことが多いようだ。

学校の様子はこちらから聞かないと言わないけれど、夕ご飯の時に「学校どうだった?」と聞くと、
「先生の話しは私に関係のない話しばかりで、聞いているのが大変なんだよ。どうして聞かなきゃいけないの?」と言う。
一体何の話しをしているんだろう?と思って、詳しく聞いてみると、先生がカフウに関係のない話しをしているわけではなく、こうしなさい、あーしなさいということが、なぜなのかをさっぱり理解できない様子だった。

先生が「カフウさんは私が話しをしている時に、本当に苦しそうな表情をするときがあるので、多分イヤなんだなと思います。」と言うので、「それはイヤだとかいう以前に、ルールや規則の意味が分からないんだと思います。ルールを説明する時に、出来るだけその理由も伝えて下さい。なぜそれを守らなければならないのか。ただ◯◯しなさい、と一方的に言うだけでは、カフウは納得できないかもしれません。」と伝えた。

今まで私が子どもたちに守って欲しいこととして言ってきたのは、「危ないことをしない」「ウソをつかない」「暴力はダメ」「食べ物を粗末にしない」等々。
後は私の機嫌にもよるけど、「邪魔しないで」とか「うるさくしないで」なんかもある。

特に、やってはいけないことに関しては、言葉で何度も説明し、時には激怒したり、泣いたりしながら、本当によろしくね、って感じで伝えてきた。

小学校入学前は家や幼児学級で、ほぼ自由に過ごしてきた。
それが小学校に入ったとたん、いきなりいろんな規則に縛られ始める。

例えば、「椅子の上に正座してはいけません」

カフウはなぜか家でも椅子に正座して机に向かってる。
私もそれを気にしたことなどなかった。
レストラン等へ行っても、椅子に正座すると言えば「じゃあ、靴脱いでね。」と言うくらい。

先生が「カフウさんに何度言っても椅子に正座するのですが。。」と言うので、「なぜ椅子に正座してはいけないのか伝えて下さい。」とお願いした。
先生は「それが、うまく説明できなくって、カフウさんに納得してもらえません。私も、何て言ったらいいのか分かりません。」と言う。

世の中にはたくさんの説明できないことがある。
いつの間にか「当たり前」になっていること。
それは本当にそのままでよいのか?

カフウがいろんなことに疑問を抱き、それをストレートに先生にぶつける。

学校で使わない教科書やノートをなぜ毎日持っていかなければいけないのか。
授業中に水をなぜ飲んではいけないのか?
授業中にトイレに行く時に、先生に断ってからじゃなきゃ、なぜ行ってはいけないのか。
赤ちゃんの時から一緒で、お互い呼び捨てで呼び合っている友達を、学校内ではなぜ「くん」「ちゃん」と付けて呼び合わなければいけないのか。
掃除の時間になぜ汚い所ではなく、先生に言われた場所を掃除しなければならないのか。
授業中なぜ座って聞いていなきゃいけないのか。

こういうことを、私は子どもの頃考えていただろうか?
多分、言われるがまま、何も考えずに従っていたように思う。

先生もカフウが「どうして〜?私はそんなのイヤなの!」と断固として言うことを聞かないから、説明しなければならない。
その都度先生はルールについて考えることになる。
なぜ、このルールが存在するのか?何のためのルールなのか?

一度先生に「もしよかったら、お母さんも私と同じラインに立って、カフウさんに口添えして頂けませんか?」とお願いされた。
私は「申し訳ないけれど、それはできません。」とお断りした。
そして正直に自分の気持ちを伝えた。

今の世の中に私自身が納得できないことがたくさんあること。

会社に入ると「おかしい」と思っても、会社の方針だから従うしかないとか、上司がおかしなことを言ったり、やったりしていても言えなかったり。
それは、どんなコミュニティーにも存在する問題。
仲良しグループ、親戚同士、地域社会、学校、政治。

原発を動かしている電力会社では、その辺どうだったんだろう?と思いを巡らせる。
お金の問題?
給料をもらってるから?
でも、そうじゃない。
原発は、生命に関わる問題を、経済的なことと比較して、どんどんおかしな方向に進んでしまった。
そして、そのおかしな方向がいつしか当たり前のことになり、それをベースとして今の社会も形成されている。

原発だけじゃない。
食、農業、医療、メディア等々。
「ちょっとだけならいいか」「自分一人が何か言ったって何も変わんないでしょ」が集って、大きな山になって、動かせなくなってしまっている。

自分を曲げて従うことも、時として必要なこと。
でも、絶対従ってはいけないこと、断固として反対を主張しなければいけないこともあると思う。

揺るぎない主張ができるかという点は、子どもの頃からの習慣も大きく関わっていると思う。

学校のルールは言ってみれば別に従ったところで、生命に関わる問題につながるわけじゃない。
でも、小学校はカフウが自分が信じることを相手が誰であろうと、どんなコミュニティーであろうと、今まで当たり前とされていたことに「?」を感じた時に、黙るのではなく、はっきり主張することができるという姿勢を身につける絶好の場所だと思う。

それからルールと向き合うこと。

ルールは何かしらの意味があって存在する。
でも、その意味を本質的な所で理解できなければ、形だけのルールに何の意味があるというのだろう。

例えば、学校ではみんな「ちゃん」「くん」を付けて呼び合うというルール。

これは相手を尊重する姿勢を身につけるためだそうだ。

先生は「形から入るのも大切」という。
でも私は、そういうことこそ、形よりも理解を促すためのサポートの方が大切だと思う。

相手を尊重するということを理解すれば、相手に対し決して乱暴な言葉遣いや、傷つけるような言葉を慎んだりするようになる。

だから、カフウには「いくら先生の言うことに納得できなくても、それと先生を傷つける言葉を発することはぜんぜん違うよ。もし、本当に先生に理解してもらいたかったら、先生に対して愛を持って接しないとね。先生はカフウのために一生懸命やってくれてる。だから、あなたもおかしいと思うことを、ただ泣きわめいて伝えるんじゃなくて、分かって欲しいという心からの願いを込めて、伝えなきゃ。先生だって、カフウと同じ、いろんなことに傷ついたり、うれしいって思ったりする心があるんだよ。だから、自分が言われたら悲しいと思うことは言わないようにすること。それが相手を尊重するってことだよ。」と伝えている。

それと同時に「でも、自分がおかしいって思うことは、相手がどんなに大好きな人であろうと、「私は違う考えをもっているよ。」って伝えることも、大きな愛なんだよ。」

自分と自分以外の人がいろいろ違うことは当たり前のことであって、違うことを恐れなくてもいい。
むしろ喜ぶべきことである。
だから、意見や考えの違いを伝え合うことはその違いを闇に葬り去ることではなく、光にあてること。
そうすれば、違いはもともと一つのものであることを理解すると思う。

そして先生が「私も全て納得して、学校教育に携わっているわけではないんですよ。」と言うので、「それを一つ一つ納得できるように、私も先生もカフウもみんなで努力するっていうのはどうですか?」と聞いてみた。

先生は笑顔だった。

本音と建前の世界はもうそろそろ終わり。

みんなが本音で生きる世界。
それは管理することや、されることからの卒業であって、調和の世界だと思う。

学校が始まって、カフウを通してこんなにも深く社会と関わるとは思ってもみなかった。
今まで苦手だと思っていた「先生」という立場の人。
先生との対話は私の思い込みをどんどん溶かしていっている。

そのことについてはまた次回。

子どもを通して社会と関わる
        子ども同士のおしゃべりタイム。泣くこともあるけど、それでも楽しいんだよね!


たかえ
comment 19 trackback 0
back-to-top