FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.22
Thu
12月16日に政府から福島原発事故収束宣言が出されたようですが、実際には放射能を出し続けている核燃料棒がどこにあるのか誰も把握していない状況です。
そして、事故そのものではなく、この事故がどれだけの人にどんな影響を与えているのでしょうか?

テレビ等のメディアから入ってくる情報は真実でしょうか?
ある方向から見れば真実でしょうが、それはあくまでも放送する側の視線からの真実でしかありません。

この事故がどのようなものなのかは、一人一人全く違う見解を持っているでしょう。

原発事故の影響で影響で、屋久島に引っ越してきた人たちがいます。
その一人一人から出てくる言葉は、メディアから聞く言葉とは全く違う重さを持っています。

「友達と別れてさびしい。写真を見る度に涙がこぼれてしまう。」
「家を建てたばかりなのに、それをそのままにして来なければならなかった。」
「これからのことを考えてワクワクしていたけれど、そういうもの全てを置いて、ただ子どもを守るためだけに引っ越すことにした。」
「今後の自分の夢のためにこつこつと貯めていたお金を、引っ越し、移動のため全て使い果たしてしまった。」
「屋久島に来て、子どもが土の上で過ごすことの素晴らしさを実感した。」
「引っ越し前は買い物に行く度に、何を買ったらいいのか迷いに迷い、でも結局何も買えずに帰ってきたりした。毎日同じメニューをただ空腹を満たすためだけに食べていた。でも、屋久島に来たら九州産のものがずらりと並んでいて、そういったストレスから一気に解消された。食事を作るのも食べるのも楽しい。」
等々。。。

これはほんの一部です。

屋久島よりももっと近い距離で福島原発事故を経験した方達の生の言葉。

この事故は遠いところの話しではなく、今、私たちの身近で起こっていることなのです。

屋久島に来たお母さんの会


私は実際2人の子どもを育てていて、感じることがあります。

目が離せない子どもがいたりすると、家事全般、全てにおいて時間がかかります。
子どもの相手をしながらの家事は、ともすると一日中家にいることになってしまいがちです。
子どもとの時間を楽しめる時もありますが、時に、狭い家の中にずっと子どもと閉じこもり、外の世界とは遮断された孤独感を感じてしまうこともあります。
夫が帰ってきても、夫の外の話しを聞いても、置いてきぼりをくっているような感覚になり、自分が惨めに感じてしまうことも。

それに気づき、家のことはさておき積極的に外に出られればいいのですが、引っ越してきたばかりだと、友達がいるわけでもなく、まして、赤ちゃんがいたりすると、ちょっと出かけようとしても、おむつや着替えや食べ物の用意等で、思い立ったらすぐというのも難しかったりします。

私も8年前に自ら望んで屋久島に移住したとはいえ、東京にいる沢山の友達、やりがいのあった仕事を辞めてきた現実、買い物一つ苦労する田舎暮らしに突然の寂しさを感じて、涙が出そうになることもありました。
東京から友達が遊びに来て、港で見送った後、猛烈に寂しくなってしまうこともよくありました。

そんな時に救ってくれたのは、身近にいる屋久島の友達でした。
なにかと声をかけてくれたり、一緒に何かをしたり、家に遊びに行ったり、遊びに来てくれたり。
そういうことがすごく支えになりました。

その頃のことを思い出すと、ずいぶんナイーブになっていたなと思います。
新天地で暮らすこと、環境の変化は、心にもすごく大きな影響を与えるのだろうと思います。

屋久島に避難してきたお母さんたちは、事が事だけにきっと私が感じてたであろう何倍もの不安や孤独を感じているのかもしれません。

そんな移住して来た方々が、お互いの情報交換、これから移住したい人への情報提供、サポート等をしていこうという団体がスタートするようです。
参加する方々が、私が移住してきた時にいろんな方に救われたように、この会へ参加する事により「孤独じゃない、助け合っていける。屋久島を楽しもう!」と感じられるような場になればいいなと思っています。

「第1回うみがめのたまご~屋久島に来たお母さんの会」
12月25日(日)10時~屋久島離島開発センター2階青少年研修室@宮之浦
屋久島に避難してきている人の把握や顔合わせ。今後はこれから避難を考えている人たちへの情報提供やサポート。避難してきた方へのサポート等。小さなイベント等

お母さんと会の名前に入っていますが、もちろん誰でもOKなようです。

また移住してきた人だけではなく、今回の震災で何かお手伝いをしたいけど、何をしていいのかわからない。ボランティアをしたいけれど、実際どこかに出かけて行くことは現実的に不可能だと感じている方。
ぜひこの会合へ参加してみて下さい。
一人一人に、その人にしか出来ないことが必ずあります。

私はこの団体の主催者の方とお会いしたことはありませんが、移住してきた友人にこの会の話しを聞きました。
そして私に出来ることがあればお手伝いしたいと思いました。まずは会いに行きたいと思います。

屋久島に来た時にたくさんの方に支えて頂いた感謝の気持ちを行動に移していきたいです。
全ては巡り。

そして改めて、今回の原発事故の影響を、テレビ等の一方的な情報ではなく、目の前にいる生身の人間の口から聞く良い機会だと思います。
それが真実を知る最も有効な手段だと思います。

屋久島に来たお母さんの会1
     私が忙しくしている時に、我が家に遊びに来て、カフウとハネイと一緒に春巻きを作ってくれた友達
     すごくありがたいサーポートでした

たかえ


☆カイホー屋2011~12年冬ツアー☆
屋久杉玉磨き&クリスタルボウルヒーリング演奏ツアー
↑詳細はこちらをクリック!新しくアップしている箇所や訂正箇所もありますのでチェック下さい~

『屋久島ヒーリング』クリスタルボウル&屋久島の映像DVDはツアーにて販売します。

今週はこちら。

12月23日(金・祝)『出雲くすのきプラーザ』島根県出雲市

来週は北海道に移動。
北海道はナオヤの故郷です。

人気ブログランキングへ
↑いつもクリック応援ありがとうございます
comment 17 trackback 0
12.21
Wed
昨日は幼児学級のクリスマス会でした。
カフウは12月に入ってから毎日毎日「あと何回寝たらクリスマス会?」と指折り数えて楽しみにしていました。

クリスマスは本来はキリストの生誕を祝って行われる行事。
日本のクリスマスはそういうこととはまるで関係なく行われています。

私の子どもの頃からクリスマスという行事がすでに根付いていました。

クリスマスの朝にはサンタさんからのプレゼントが枕もとに置いてあって、夜は家族でチキン料理やケーキを食べる。

我が家でも、毎年のクリスマスは盛大な行事として親戚一同集って行われていました。
祖父もクリスマスなんてばかばかしいと言いながらも、三角帽子を用意して子どもたちにかぶらせたりもしていました。
とても楽しい思い出です。

幼児学級のクリスマス会は朝から母親も参加して、一緒にサンドイッチとケーキを作りました。

永田幼児学級クリスマス会

子どもたちはみんな三角巾+エプロン姿で張り切っています。
お母さんたちもエプロン姿。

私は普段家でエプロンをしないので、こういう集まりがあってもいつもエプロンを忘れていってしまってましたが、さすがに2年も通っていると、こういう時はエプロン!と忘れないようになりました。
でも、使ってみると便利なものだなと思いました。
服が汚れないし、おっきなポケットがついていたりして、ちょっとした汚れ物をとりあえずそこに突っ込んでおくことも出来るし、手ふきも入るし、手ふきの代わりで拭いたり(こっそり!)。

パンにマーガリンを塗るように頼んだら、子どもたちの豪快な塗りっぷりは想像以上。
放っておくと、パンより厚く塗っちゃう勢いです。
「ぬったよ!」って渡されるパンが重い!

他のグループを見ると、適量を塗ってから子どもに渡していました。
なるほどね~

でも、最初に好きなようにやらせてしまったため、そうやって渡そうとすると、不満ぶーぶー。
私はマーガリン剥がし係をやらせていただきました。
体にもよくないしね。

それから、包丁を持っていても、場所の取り合いをしたりで、危なっかしくて目が離せません。

普段、先生は一人でこの12人全員を見ているのかと思うと本当に頭が下がります。

3グループに分かれてやりましたが、ケーキはそれぞれのグループで全く違う出来。
お母さんが丁寧に手を添えて指導してたグループ、程々に手を添えていたグループ。
私はケーキの出来にそれほど注意を払っていなかったので、かなりワイルドな姿になっていました。

永田幼児学級クリスマス会2

私が気にしていたのはみんなが「順番を守る」「平等である」ことだけ。
小学校の時と変わらない自分を見た思い。
結局そういうところが私にとって大事なんだな、出来映えの美しさよりも、そっちに行くんだな、これからも。。
でも、結局それが私にとっての美しさでもあるわけです。

あまりにも変わっていない自分自身を微笑ましく感じた瞬間でもありました。

昼には参加できるお父さんも参加して、一緒に食事。

その後サンタさんが登場して、みんなにプレゼントを配ってくれてました。

永田幼児学級クリスマス会1

カフウはすぐさま「サンタさんは校長先生だよ!」と見破っていましたが、ハネイはかなり驚いている様子で、何度も何度も「どっから ちたの?」と聞いていて、サンタさんが小学校の方へ帰っていくのを入り口の外まで出て見ていました。
年長組の子どもたちがいくら「校長先生だよ。」と言っても、ハネイにとってはサンタクロースはサンタクロースでしかなく、家に帰ってからも、ナオヤからの電話にもずっと「さんたくろーは、めがねだった。どっから ちたのかなぁ?」と言い続けていました。

さんたくろー(←ハネイ風呼び方)に会えてよかったね。

そしてその後子どもたちによるちょっとした出し物がありました。
子どもの踊りっていうのは独特のたどたどしさが可愛らしいですね。

その後は有志の親たちによる、人形劇。

永田幼児学級クリスマス会3

ピアノの生演奏の演出までついて、すばらしかったです。
子どもたちはお母さんたちの迫真の演技を夢中になって見ていました。

これをみんなで集ってこっそり練習していたのかと、それぞれのお母さんたちの時間の流れを想像して、本当にいろんな人生があるもんだなと思いました。

以前は屋久島のいろんな集落にこうした幼児学級があったようですが、年々閉鎖になり、今ではここ永田幼児学級だけが存続しているそう。
永田は最端の集落故に残っているのかもしれません。

この少人数制の、母親が中心となって運営されている幼児学級は、ここから何かをスタートさせるにはとても整備された組織であるかもしれません。
みんな同じ集落内に暮らし、短時間とはいえ、送り迎えの際必ず顔を合わせる。
自分が日常感じていることを子どもという共通項を通じ、シェアし合える組織です。

「父兄」という立場に、ものすごい苦手意識を持っている私ですが、ここは一つその苦手意識を克服して、もう一歩踏み込んでみたいなと感じました。

最後はみんなで片付けをして、全員で口を揃えてお帰りの挨拶です。

「おかえりの あいさつを しましょ!せんせい さようなら みなさん さようなら!うわーっ!!!!」

一斉に子どもたちが走って外に飛び出していきました。
見事に全員上着を忘れて!
ぽかぽか陽気の永田幼児学級のクリスマス会でした。

たかえ

☆カイホー屋2011~12年冬ツアー☆
屋久杉玉磨き&クリスタルボウルヒーリング演奏ツアー
↑詳細はこちらをクリック!新しくアップしている箇所や訂正箇所もありますのでチェック下さい~

『屋久島ヒーリング』クリスタルボウル&屋久島の映像DVDはツアーにて販売します。

今週はこちら。

12月21日(水)『EZ Riverside Cafe』北九州市小倉

12月23日(金・祝)『出雲くすのきプラーザ』島根県出雲市

いよいよ本州に上陸。出雲で神様にも挨拶してきます。

人気ブログランキングへ
↑いつもクリック応援ありがとうございます。
comment 0 trackback 0
12.20
Tue
昨日は朝からいきなりのハプニング。

起きてきて機嫌の悪いハネイが怒って頭をぶんぶん振って、その頭がパソコンデスクの上のコーヒーカップを直撃。
パソコンのキーボードへお茶がこぼれた。
すぐにふいたから、大丈夫だろうと思ってた。

昼過ぎにメールの返信をしようと思ったら、そのメールが全部消える!
パソコンの中をどこを探してもない。

そして、あきらめてまた別のメールへ返信しようとしたらキーボードが打てない。
全部がダメなわけじゃなく、「R」と「T」が打てない。
「R」と「T」なしでも、もしかしたらそれに気づいて解読してくれるかも?と思って打ってみたけど、暗号文みたいで絶対読めない。
却下!

キーボードを分解して水分を拭き取ろうと、キーボードのボタンを無理矢理外す。
部品は3つ。

外して拭いたはいいけど、この部品がどうやって入っていたか全く見ていなかったことに気づく。
おぼろげな記憶をもとに組み立ててみようと試みるも、全くわからない。

仕方ないので、別のところを外してそこを参考にすることにした。
何となくわかった。何となく。。。

早速組み立ててはめてみるが、なんだか蝶番のおかしくなったドアの様。

でも、打てればよしということにしようと気を取り直して早速試し打ちをすると。。。

「T」を押しているのに、永遠と55555555555555と続く。
手を離しても555555555555555・・・・・・・・・・・

きゃー!どうすればいいんだ~!!どこをいじっても止まらない。

キーボードの電池を抜いてみたらやっと止まった。
早く気づけばよかった。けど、時はすでに遅し。

焦ってあちこちいじってたから、ありとあらゆるフォルダやブックマークの名前がどこもかしこも「55555・・・・」になってることに気づき、がっくり。

555・・・・になっているところを一つ一つ開いて、フォルダや書類の中身を確認して、名前を入れ直そうと思うが、また55555555・・・・。
キーボードがおかしかったことをすっかり忘れてた。

今度は速攻で電池を抜いた。

ここでやっと、以前使っていたUSBで繋ぐタイプのキーボードの存在を思い出して、そっちを使うことにした。

2時間以上かかって、仕事は全く進んでいないどころか、さらに大変なことになってしまっている。
ヘトヘトになって、間抜けな感じにボタンのついてるキーボードを見たら、切ない気持ちなってしまった。

友達の家に遊びに行ってたカフウとハネイが送ってもらって帰ってきた。

あー、大変だ、すっかり風呂焚きの時間になっちゃった。

もうパソコンはやめにして風呂を焚こうとしたら、火吹き棒の先が燃えている!
がーん!!
火がつかないじゃないか~。

犯人は一人しかいない。

朝のお茶こぼしたところからはじまって、さんざん振り回された気がする。
けど、実際はほんのちょっとした事故がきっかけなのだ。
それに油を注いだのは私。
わかってるけど。と思いつつ、当然、雷は落とした。

これ以外にも今日はあれこれやらかして、何度目かの雷だったから、(数分だけだけど)かなりシュンとしてた。
いつも明るくて元気なハネイがそんなだから、カフウも私もちょっとシュンとしてしまう。

火がなかなかつかないから私はいつの間にか顔中がススだらけになってしまったようだ。
外に出てきた二人が私の顔を見てゲラゲラ笑う。
むっとした私は「母さんはぜーんぜん面白くないよ!」と言ったら、家の中に逃げていった。

予定してたことがほとんど出来ないという、踏んだりけったりの一日だ。

火がやっとついて、家の中にもどったら、カフウとハネイが洗濯物を畳んでくれていた。

もっともっと小さい頃のカフウが「ふんじゃりけっちゃり。ふんじゃりけっちゃり。。。」と言いながら、せっかく畳んだ洗濯物を踏みつぶしていたなぁ。と思い出した。
「ふんじゃりけっちゃりって、なあに?」って聞くカフウに「こら~!せっかく畳んだ洗濯物を踏んじゃダメ~!そういうことが踏んだり蹴ったりなんだってば」と答えた。

それが今では、「ママ、私とハネイががたたんであげるからね!」と、洗濯物たたんでくれる。おまけにしまってまでくれた。
踏んだり蹴ったりばかりじゃないな。

そして他にもいっぱいいこともあった。

カフウの幼児学級友達でもあるママが「たまにはゆっくりしてね」とカフウとハネイの面倒を見ててくれたり、
20年来の悪友との電話で自分の本質に立ち戻れたり、
母からの愛情ボックス、手作りおかずの冷凍詰め合わせが届いたり。

だから心は穏やかだ。
昨日はこういう分かりやすいバランスの日だったんだな。

沸騰寸前だった私をその都度その都度、救って下さった皆様、どうもありがとう!

踏んだり蹴ったり

踏んだり蹴ったり1

             こちらは日曜日の手づくり市での餅つき。子どもも一緒に「ついたりこねたり」
             おいしいお餅&お汁粉でした。ありがとう!


たかえ


☆カイホー屋2011~12年冬ツアー☆
屋久杉玉磨き&クリスタルボウルヒーリング演奏ツアー
↑詳細はこちらをクリック!新しくアップしている箇所や訂正箇所もありますのでチェック下さい~

『屋久島ヒーリング』クリスタルボウル&屋久島の映像DVDはツアーにて販売します。

今週はこちら。

12月21日(水)『EZ Riverside Cafe』北九州市小倉

12月23日(金・祝)『出雲くすのきプラーザ』島根県出雲市

いよいよ本州に上陸。出雲で神様にも挨拶してきます。

人気ブログランキングへ
↑いつもクリック応援ありがとうございます
comment 0 trackback 0
12.19
Mon
昨日の手づくり市でとても面白い話しを聞いた。

「屋久島リズム」に笛とともに何気なく置かれていたクリスタル。

重さは軽く1kgは超えそうな大物。
持ち主は屋久島出身の方。

その方は歩いているとクリスタルの声がするんだって。
そしてひょっとそこを見ると大きなクリスタルが!

そんな感じでクリスタルに出会いまくってるそう。

以前、屋久島のいろんな植物やサンゴを使って酵素を作っている方にどうやって作っているか聞いた。

庭の手入れをしているときや、ふらりと散歩をしている時に「私、私!」って植物が話しかけてくるの。
そうやっていろんな薬草を調合して酵素を作っているそう。

話しかけてくるのは人間だけだと思っていたけど、そうじゃないんだね。

私はそんな経験ないな。。。って思っていたけど、ふと思うことがあった。

オーラソーマのセッションをしている時、私の中に言葉が降ってくる。

沢山のキーワードがあるけれど、その中からただただ降ってくる言葉を口にする。

もちろん事前の膨大な勉強時間、何百回というセッションのベースもある。

時々そうならない時もある。
そんな時は雑念が一杯の自分だったりする。

今日は手づくり市の最中にそれに気づいて、今日はセッション中に「瞑想」を試みよう!と思った。
そしてそのことで頭がいっぱいになり、「よし、やるぞやるぞ!」と内心がつがつした感じで燃えていた。

そしたら、なんと、昨日はお客様がゼロ!
こんなことは初めてだ。

帰りの車の中で、やっぱり宇宙はすべてお見通しだ。と思った。
だって、それこそ雑念だもの。

次からはただただ流れに任せて、私のブループリントを生きようと胸に刻んだ。

大切なことに気づかせてもらったいい一日だった。

全てお見通し
                            全てお見通しですか?



たかえ



☆カイホー屋2011~12年冬ツアー☆
屋久杉玉磨き&クリスタルボウルヒーリング演奏ツアー
↑詳細はこちらをクリック!新しくアップしている箇所や訂正箇所もありますのでチェック下さい~

『屋久島ヒーリング』クリスタルボウル&屋久島の映像DVDはツアーにて販売します。

今週はこちら。

本日!12月19日(月) 『Casa Lotus』福岡県福岡市
   昼の部は定員になりました。ありがとうございます。18時~の夜の部はまだ受け付けています。


12月21日(水)『EZ Riverside Cafe』北九州市小倉

12月23日(金・祝)『出雲くすのきプラーザ』島根県出雲市

いよいよ本州に上陸。出雲で神様にも挨拶してきます。

人気ブログランキングへ
↑いつもクリック応援ありがとうございます。
comment 0 trackback 0
12.17
Sat
カイホー屋オーラソーマ&ヘンプオイル部門。
12月は色々なところで出店します。

もう今日になってしまいましたが、一つ目はこちら。
『X‘mas Beauty Cafe in 屋久島』

12月お知らせ

こちらの神門メソッゾ。

夏にちょっと軽めに体験しました。
耳をちょっと刺激してもらったのですが、その後「スプーンある?」と聞かれて、スプーンを渡すと、「これ簡単に曲がるからさ、やってみて!」と言われ、やってみると。。ぐにゃり
ま、ま、曲がりました。

この時はお茶しながらの、気楽な体験でしたので、じっくり取り組んで見たいと思っています。
神門をはじめ、耳のツボの話しも興味津々です。

他にもいろいろありますので、ぜひ遊びに来て下さいね。
なお、カイホー屋の出店は17日(土)のみですので、ご了承下さい。



そして翌日は毎月恒例の「やくしま手づくり市」

21回 手づくり市ちらしjpg

手づくり市初の南での開催ということで、新規出店者も多くって、どんな手づくり市になるのか楽しみです。
外での開催になりますので、遊びにこられる方は防寒対策をしてお越し下さいね。



そしてクリスマスイブ&クリスマスは『AZAMIチャリティーコンサートwith素敵な仲間たち』
@高平天然村

屋久島出身の歌姫・AZAMIの歌をメインにした、東日本大震災義援金チャリティー、ジングルベルコンサート

日時;12月24日(土)25日(日)①pm2:00-4:00/②pm7:00-9:00
料金;大人¥2000- 小中高校生¥500-

出演;AZAMI/ボーカル・太古の笛・銅鐸
   浦田恵司/シンセサイザー
   能神蒼龍/ゴング・民族楽器
Guest;藤條虫丸/Dance天然肉体詩
デフア・カプア・フラグループ/フラダンス(夜の部のみ)   岩川俊朗/ボーカル・ギター(25日 昼の部のみ)
   向井晶子/絵

Workshop;am11:30-pm9:00

主催;屋久島エコミュージック
問合せ;090-8143-7885(谷山)/090-4243-2174(東京ecomusic)

AZAMI さんのホームページ

こちらは室内での開催になります。
オーラソーマは別室でのコンサルテーションになりますので、この時はミニリーディングではなく、30分コースでやろうかなと考えているところです。
今年の終わりに、自分自身とじっくり向き合う時間をとるのもいいですね。

ヘンプオイル商品も各種取り揃えています。
お気軽に試せるリップバームも入荷しました。

オーラソーマもヘンプオイルも体験することによって素敵な気づきがもれなくついてきますよ~

たかえ



☆カイホー屋2011~12年冬ツアー☆
屋久杉玉磨き&クリスタルボウルヒーリング演奏ツアー
↑詳細はこちらをクリック!新しくアップしている箇所や訂正箇所もありますのでチェック下さい~

『屋久島ヒーリング』クリスタルボウル&屋久島の映像DVDはツアーにて販売します。

12月18日(日)福岡県福津市『LandShip Cafe』 こちらはベジ飯対応です。ご予約時にお申し出下さい。

12月19日(月) 福岡県福岡市『Casa Lotus』
   昼の部は定員になりました。ありがとうございます。18時~の夜の部はまだ受け付けています。

12月21日(水) 福岡県北九州市小倉『EZ Riverside Cafe』

12月23日(金・祝)島根県出雲市『出雲くすのきプラーザ』

来週は福岡からいよいよ本州上陸。
屋久島のエネルギーとそれぞれの場所のエネルギーの融合が生む新しい流れを楽しみましょう!

人気ブログランキングへ
↑クリック応援ありがとうございます


comment 0 trackback 0
12.16
Fri
私の実家は町の小さな電気屋さん。
今ではそういう小さな電気屋さんは、大型家電販売のお店がいっぱい出来て、閉店していっているところが多いと聞く。
そんな中でもがんばっている父と母。

お店は夏と冬に年に2回の大売り出しがあった。

家族経営の店なので、おじいちゃん、おばあちゃん、両親、おじさん、おばさん、いとこの子どもたちまで含めた子どもたちと、大売り出しに向けてファミリー総出で準備をした。
大売り出しの前は家中が活気づいていた。

まず、母親が手描きでチラシをつくる。
それをローラー式のの印刷機で何百枚と印刷する。
そのチラシは刷り上がり直後は湿り気があり、重ねておけない。
部屋中にチラシが置かれ、インクのにおいがぷーんと漂っていた。

子どもたちはローラーをまわす係をやったり、印刷されて、乾いたチラシを折る。

大人たちがどんな仕事をしていたかはよく覚えていないけど、一緒の部屋で沢山のチラシが山積みになっている中で大人も子どもも一緒にあれこれやっていた。

他に子どもたちに与えられた仕事は店名の入ったスタンプをカタログに押す仕事。
これは小さな子には難しいからと、大きな子だけができる仕事。
私はいとこの中では上から2番目だったので、この仕事をすることができた。

「真っすぐ押してね。」とスタンプとスタンプ台を渡され、カタログの山の前に座る優越感。
小さな子どもたちはうらやましそうに見ている。

スタンプ台にスタンプを乗せて、インクを付ける。
力を込めて押し付けるので、インクが付き過ぎてしまう。
横に置いてある捨て紙に軽く試し押しをしてから、本番のカタログへ。
今考えると、あり得ないぐらいの力、そして思いも込めてスタンプを押していた。

他にも、買ってくれたお客様へのプレゼントだとか、来店してくれたお客様にはもれなく全員にプレゼント等の景品の準備。
今年はどんな景品だろうと毎年の楽しみだった。

お店を飾る季節のあれこれを用意し、店内に飾り付けをする。販促グッズをあちこちに置く。大売り出し用に値段の付け替え。

拡声器を用意したり、マイクやスピーカーが備え付けられた。これでがんがん音を出して近所の方にも知らせるのだ。

それから、なぜかお母さんは手作りクッキーを沢山作ったり(オーブンとかの販促のため?)、金魚すくいがあったりと、ちょっとしたお祭りだった。

そんな感じで、大売り出し前はいつもと違う店内や、大人たちが張り切って動き回る様子にワクワクして、私も大喜びで準備を手伝った。

そのうち私の成長とともに、大型の家電販売のお店がどんどん出来てくるようになって、こういう大売り出しはいつの間にかやらなくなった。
時代が変わったのを肌で感じた。

今日は手づくり市の準備をカフウやハネイと一緒にしていて、ふと賑やかだった大売り出しのことを思い出した。

準備に関しては、カフウとハネイでは全く力にならないというか、逆に時間がかかったり、仕事の取り合いでけんかをしたりして、順調な進行の邪魔ばかりをしている。正直に言ってどこかに遊びに行っててくれた方が楽だったりもする。

それでも私は「すごく助かるね。一緒にやるとどんどん進むね~!」と二人に声をかける。
「一緒に手づくり市の準備をするよ~!やるぞー!!」って感じのノリが子どもの頃の大売り出しの時のようで、懐かしく感じる。

今日も、一人で十分できる仕事なのに、カフウは張り切って「私は◯◯をやるよ!ハネイはこれやって!」と、わざわざ仕事を二人分にわけ、「ハネイと二人でやるとどんどん出来るね~。力を合わせると、いっぱい仕事ができて、ママも助かるでしょ?」と得意げな感じ。
ハネイも、そのままでいい紙類をわざわざ並べ直し、「ハネイもたすかる?まま、はねいもね~できるからゆってね。だいじょうぶよ~」と張り切っている。

私が子どもの頃も、実は大人たちは子どもたちが邪魔なくらいだったけど、やらせてくれていたのかな?とぼんやり考えてみたりした。
でも、私の記憶の中では、役に立っている自分しかない。

待ちに待った大売り出しの日。
私は家と店との境目のドアのところから、賑やかに飾り付けられた店の方をうかがっている。

お客さんが一人店の前に姿を現われたとたん、うれしくてうれしくて、お客さんがドアを開けた瞬間に「いらっしゃいませー!」とお店に飛び出していく。
お客さんに「こんにちは。カタログが届いたから見に来たよ。」と言われると、「それねー、たかえちゃんが判子押したり、折ったりしたんだよ。」と得意げにお客さんに言ったものだ。

大抵のお客さんは「それはすごいね~。えらいな~!」という言葉で私を褒め、私はその言葉に大満足だった。

カフウとハネイと全く一緒だ!

家族で揃って準備して、その一大イベントに一緒に参加して、沢山の方に出会って、みんなに笑顔を向けられ、自分も笑顔になる。

扱っているものは違うけど、やっていることはほぼ一緒。

親の仕事は継がなかった私だけど、もっともっと根本的なものはしっかり受け継いでいるようだ。
そしてまたそれがカフウとハネイに受け継がれていっている。

あさってはいよいよやくしま手づくり市の日。
さあ、私の血がさわぐ。

大売り出し
               これは3月の手づくり市のもちつき。
               12月の手づくり市には餅つき屋さんが参加するかも?!
               正式に決まったら「やくしま手づくり市」ブログで報告します。


たかえ

☆カイホー屋2011~12年冬ツアー☆
屋久杉玉磨き&クリスタルボウルヒーリング演奏ツアー
↑詳細はこちらをクリック!新しくアップしている箇所や訂正箇所もありますのでチェック下さい~

『屋久島ヒーリング』クリスタルボウル&屋久島の映像DVDはツアーにて販売します。


本日!12月16日(金)佐賀『自得庵』 Happy Birthday なおや!

12月18日(日)福岡県福津市『LandShip Cafe』 こちらはベジ飯対応です。ご予約時にお申し出下さい。

来週は福岡、小倉、出雲での開催です。

屋久島のエネルギーとそれぞれの場所のエネルギーの融合が生む新しい流れを楽しみましょう!


こちらは明日!『X'masビューティーカフェ』12月17・18日11時~19時@田代別館
[スリムビズ][神門メソッドライブワーク・体験型スペシャルセミナー]開催。
17日はカイホー屋もオーラソーマとヘンプオイルコスメで参加します。
他にもタロットリーディング等の出店もあります。
主催/インディゴン株式会社

人気ブログランキングへ
↑いつもクリック応援ありがとうございます

comment 2 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。