--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.31
Mon
先日の新月にお客さんと一緒に、星空の撮影ツアーに行って来ました。

西の空に太陽が沈みます。
毎日規則的に回転する地球。
新月キャンプ1



沈んで2時間もすると、マンテンの星空。

新月キャンプ2
右下から左上に向かって天の川が見えています。
屋久島では一年中天の川を見ることができます。


左下から右上に向かって天の川。
新月キャンプ4




カメラのシャッタースピードを30秒ほどにすると、肉眼では見ることのできない星まで写り込んできます。
いったい宇宙にはどれだけ星があるのか?
写真で撮れる星は、太陽系の惑星を除いてどれも恒星や星団です。(恒星とは太陽のように自ら熱を出している星)
それぞれの恒星には、地球のように周りを回っている惑星がいるとしたら、、
数えきれないほどの星が存在している。

天の川が白い雲のように見えるのは、無数の小さな星が集って白く見えているそうです。。
新月キャンプ3



今年はよく夜の撮影に行きました。
満月の明かりに撮影する空と、新月の空は全く色が違います。
月が出ている空は青くなります。

新月は本当に空が黒。
森の中は完全な闇。

闇という字は、門構えに音。
まさに音しか聴こえない世界。。

神秘であるとともに、心の内面が浮き出てくるような感覚。

電気のない時代には、このような闇の世界が月に一日あったんだなあと思うと、
真っ暗な中で寝ることは、人間の進化の過程で体や心にとって必要なことなんだあと思います。



新月キャンプ5
左下に昴(プレアデス)、右の明るい星は木星です。
ちょうど木星にだけ雲がかかり、ぼんやりいい感じ。





撮影2日前の宵の明星。
夕焼けに輝く金星は神秘!!
新月キャンプ



次は冬至に向けて、真っ赤に染まりながら沈む満月を撮りたいです!


なーや

人気ブログランキングへ
↑クリック応援、ありがとうございます!

スポンサーサイト
comment 7 trackback 0
10.29
Sat
8年前屋久島に移住する時に、私より先に屋久島に引っ越して準備をしていたナオヤから、私たちの住む永田のことを電話で聞いていた。
東京に住んでいた私にとって、ナオヤのする話しはどれもこれもよく理解できなかった。

「全く意味が分かんないよ!」と電話口で言う私に、
「まぁ、来てみたら分るよ。実際来たら、あー、こーゆーことね!って分かるから。」とナオヤはいつも言うばかりだった。

その想像を超えることの一つがいつも着物を着ているスーパーウーマンひろみんだった。

何から何までいろいろ手作りしていて、料理はめっちゃおいしくて、生まれたばかりの赤ちゃんをあやしながら畑仕事をしていて、なおかつ着物をびしっと着こなしている?!

全く想像できなかったが、ナオヤからひろみんの話しを聞く度に会ってみたいという思いがぐんぐん膨らんだ。

そして、ついに屋久島上陸。

屋久島に上陸してすぐに目に入ったのが、着物姿の女の人。
周りの風景から切り取られたかの様に、港に立っていた。

「屋久島って、着物の人が結構いるんだな。」と思った。

そして、その後港から直行した郵便局。
そこでも着物の人が。
「あれ、また会った。。。」

そして、その後行ったスーパーでまた遭遇。

するとナオヤが突然その着物の女性に「ひろみさん!」と声をかけた。

あ、この人があのひろみさん/ひろみんなんだ。。。

後日、この日の話しをひろみんにすると
「みんな行動パターンが同じだからよ。よくあることでしょ?」とあっさり。
このあっさり感がひろみんらしい!

この春オープンした永田のCafe水照玉は、そんなひろみんのめっちゃおいしい料理を楽しめるカフェです。

水照玉の名前の由来がまた素敵。
ひろみんと虫丸さん(世界で活躍する舞踏家です)の3人の子どもたちの名前を一文字づつとってつけた名前。

水照玉のメニューは天然酵母のパン、ピッツア、自家製野菜のパスタ、カレー、いろんなお料理を楽しめるランチプレート、季節のフルーツ等を使った各種スイーツ、自家焙煎のコーヒー、ひろみんセレクトの紅茶、永田の自然農のハーブティー等。。。

どれもこれも美味しい!

一度、水照玉が閉店した時間にちょっと用事があって訪ねた時、ひろみんがパンの仕込み中をしていた。
着物にたすきがけをして、三角巾でぴしっと髪をまとめたひろみんがパン生地をこねる姿に見とれてしまった。
これは絶対おいしいパンができるはずだ、と思った。

食べ物が美味しくなるのは材料や手順だけじゃない、何かもっと別の精神的な要素も関係してるはずだ。

そういうことをひろみんの姿から感じた。

私がナオヤに言われたように、「まぁ、行ってみたら(食べてみたら)分るよ!」って感じでしょうか?!

ぜひ、お食事&お茶に行ってみてくださいね。

Cafe水照玉
10月28(金)・29(土) 通常通り営業します。11:00~17:00
10月30日(日)~11月13日(日)までお休みです。
11月18日より通常営業です。11月20日は屋久島手作り市に出店です。

屋久島で作られたハーブティー、ガジュツ、アクセサリー等の販売もしています。

電話番号 090-3668-5956

水照玉食べログ記事はこちら
写真もいっぱい載ってます。


水照玉
                            
田植え中の虫丸さん、ひろみん、照平をぱちり!



たかえ

人気ブログランキングへ
↑いつもクリック頂きありがとうございます!


comment 10 trackback 0
10.28
Fri
カイホー屋の軒先に月下美人がいます。

毎年梅雨前から秋にかけて、たくさんの花を咲かせます。

寒くなると花が咲かなくなるので、おそらく今回の開花が今年最後の花になりそうな予感。

ちょうど雨が降っていたので、室内に移して家族で月下美人鑑賞会!
月下美人1
雨の雫がついて、さらに艶やかな姿。


写真では伝わりませんが、この花は匂いが強烈。
なんとも派手な匂いで、媚薬系の匂い。
月下美人2
軒先で10個くらいの花が咲くと室内まで匂いが漂ってきます。
ずっとかいでいると、頭痛がするくらいの強さです。
これほど匂う花は他にダチュラくらいしかしりません。


月下美人は夜にしか花を咲かせません。
次の日の朝方には花がしぼんでしまい、一晩で花が終わります。
月下美人3
ここ屋久島の永田には他の家の軒先にも何件か月下美人を植えているところがあります。
すっごく不思議なのは、どの家の月下美人も全く同じ日に開花すること。
月下美人はだいたい1ヶ月くらいに一度だけ開花します。

開花するタイミングがどこの家の月下美人も同じなのです。
全く同じ日。

気温?月の満ち欠け?
注意して観察しているけど、未だにその規則性が見つけられず。。

いきもの、宇宙の神秘。


開花する前々日のつぼみ。
月下美人12

咲き終わったあとの朝、中を覗いてみるとバッタが花粉にまみれて心地良さそうにしていました。
月下美人11
ミクロ人間になって入ってみたいですね!


ファンタジー&サイケデリック。

また来年!!


なーや

人気ブログランキングへ
↑いつもクリック応援、ありがとうございます!!
comment 8 trackback 0
10.27
Thu
花風/かふうは平成生まれの娘の名前。
一宇/かずうは明治生まれの私のおじいちゃんの名前。

おじいちゃんは私が27歳の時に亡くなった。
88歳の大往生だった。

そのおじいちゃんが死ぬとき私に残していった言葉
「お前の一人の目の子は素晴らしい子になる。何があっても絶対産むんだぞ。」

私はその言葉をしっかり胸に刻みつつ
どうしてそんなこと言うんだろう?
私はそんな念を押されなくっても、もし子どもを授かるようなことがあれば、どんな状況であっても絶対産むよ。
私の性分を一番分ってるだろうに。。。と思った。

おじいちゃんは親戚、近所でもちょっと変わり者と思われていた。

勉強家だった。少しでも疑問を感じたら全て調べる。
人との関わりは全く融通が利かず、おかしいと思ったら相手が誰であっても議論した。
正しいと思うことは、周りがいくら迷惑しようが、かたくなにやり続けた。
近所の神社を守る活動は、みんな忙しいのに、あれこれやろうと言って迷惑だ!みたいな感じになって、おじいちゃんは毎日一人で神社のメンテナンスをしていた。
だから周りはちょっと手を焼いている様子だった。
間違っていると思うことに対しての余りの厳しさに、家族内でもブーイングの嵐だった。

私もかなりぶつかった。
でも、みんながちょっと距離を置いているのと違って、私はぐいぐい近づいて、毎日議論が耐えなかった。
家族からは「たかえとおじいさ(浜松弁)はそっくりだよ!似すぎて、よけいに対立するんだよ。」とよくあきれられた。

そんな感じだったから、一番けんかしたけれど、一番の理解者のような気持ちもあった。

おじいちゃんは酉年生まれの10月27日生まれ。

花風も酉年生まれ。

花風は10月7日が出産予定日だった。
なのに何をしても待てど暮らせど出てくる気配はなく、
最終的にはお医者さんに「これ以上お腹の中に入れておくのは危険ですよ。」と諭され、10月26日に帝王切開にて出産した。

この時、私は「花風は一宇おじいちゃんの生まれかわりなのでは?」と思った。

誕生日の干支が酉で一緒で、誕生日は1日違い。
おまけに一宇おじいちゃんとは会ったことがないナオヤが突然閃いた名前が「かふう」。
「かずう」と一文字違い。

おじいちゃんは私とナオヤが出会って、すぐに亡くなった。
ナオヤは私がおじいちゃんが亡くなったという知らせに、あわてて実家に帰ったのを記憶している。

かふうとかずう
                  サキシマフヨウ この花が咲き始めると、カフウを産んだ頃を思い出す。
                  毎日、「早く出てきて~」ってお腹に呼びかけ続けてたな。

先日、一宇おじいちゃんがよく言ってたことと、全く同じことを花風が言って、おどろいた。
それは鳥のこと。

永田はポンカンやタンカンの栽培が盛んな集落。
ポンカンの実が色付きはじめるこの時期になると、鳥除けの「バーン!」という音が山にこだまし始める。

その「バーン」という音をハネイが気にして「なに?」「バーンなに?」と聞いてくる。

「あの音は鳥除けで、鳥がポンカンやタンカンを食べにこないように、おどろかすために鳴らしているんだよ。」
「どうちて?」
「だって、鳥に食べられたら、売り物にならなくなるでしょ。みんなポンカンやタンカンを育てて、それを売ってるんだよ。鳥に食べられたら、売るものがなくなっちゃうでしょ。」
「ふーん。とりだめねぇ。たべたらダメ。バーンいうから、とりさんこわいね。」
と話しをしていた。

すると花風が
「でも、鳥はお金持ってないでしょ。鳥はお金が持ってないから欲しくても買えないよ。分けてあげないと。」
と言った。

一宇おじいちゃんもいつも同じことを言っていた。

実家の庭に柿の木があった。
毎年たくさんの実を付けていた。
おじいちゃんは柿が大好物で、毎年柿の実がなる季節を楽しみにしていた。

柿の木に鳥が来ると、みんな「こら!柿をとるんじゃないぞ!」と鳥を追い払っていた。

でも、一番の柿好きである一宇おじいちゃんは
「いいんだよ。鳥は人間と違って、お金持ってないんだから、欲しくても買えないだろ。だから、野生動物には分けてあげなきゃいけない。」と言って、鳥を追い払う私たちを諌めた。

私が「でも、鳥に全部食べられちゃったら、おじいちゃんもう食べれないんだからね。」と言うと、
「鳥だって分ってる。毎年来るけど、ちゃんと家族が食べる分は残ってるだろ。俺たちは柿ばかり食べて満腹になってるわけじゃないんだから、ちょっと楽しめる分が残ってればいいんだよ。」と言っていた。

時空を超えて、全く同じセリフが出てきて、それを耳にした時の驚き。

私は思わず花風に聞いた。
「カフウ。。。あなたカズウでしょ?」

カフウは
「えっ~?!カフウはカフウだよ。私は佐藤花風。花の風のカフウでーす。でもてんてんつけるとが・ぶ・うだよ~わはは!」
と元気に答えた。

おじいちゃんの死ぬ時のセリフは「何があっても絶対産むんだぞ。オレがそこに生まれ変わるから!」ってことだったのかもね。
あれこれトリックを残してくれたおかげで、想像するだけで楽しい気分になる。

今日はおじいちゃんの誕生日だった日だよ。

おじいちゃんありがとう!

たかえ

人気ブログランキングへ
↑応援クリック、いつもありがとうございます。


comment 2 trackback 0
10.26
Wed
花風の誕生日前祝いのトレッキングは、葉寧が歩き疲れて担いだところからペースがぐっと上がりました。
花風誕生日前祝い08
去年白谷に家族でお邪魔した時も会った、屋久杉。
花風は、きれいで中に天使が飛んでたと言ってました。


前回は歩いていると、靴が歩きにくい!と言って靴を脱いで裸足で歩いていましたが、今回はずっと靴を履いて歩いていました。
花風誕生日前祝い10




太陽越しに巨木がきれ~
花風誕生日前祝い11



森の中はじょじょに紅葉が始まり、大好きなミヤコダラの葉っぱが色づき落ちていました。
屋久島の標高の高いところには大きな葉っぱが少ないので、目立ちます~
花風誕生日前祝い12
ミヤコダラは秋に花が咲く数少ない木。
葉っぱが枯れて落ちている時に花が咲きます。
不思議な木。



たっくさんの木がみんなそれぞれのタイミングで花を咲かせたり、新緑に芽吹いたり、落葉したり。
受粉のスタイルもみんな個性的。
風にのって受粉、虫や鳥たちによって受粉、、
一様ではないところが、地球の大先輩って感じがします。

人間もこの先ずっと生き残っていけば、植物並みの個性的な枝分かれをしていくのかもしれないなあと思います。
花風誕生日前祝い09




次の休憩ポイント、辻峠まであと少し。
花風誕生日前祝い13


最後の湿原を抜けるとき、オスの群れが猛烈に駆け抜けていきました。
花風誕生日前祝い4
オスが4、5匹でかたまっていました。
緊張のバランスが崩れた瞬間、ボスらしいシカを一頭残して他のシカが駆けて来たのです。

花風はまさに、おそれおののいた様子で、尻餅をついてました。

後ろから見ていた私は大爆笑してしまいましたが、花風は服が鹿の角に破られるんじゃないか、とか
花風をくわえて森に連れて行かれるかと思って怖かったようです。

確かに子どもの大きさからするとオスのシカのサイズって結構でかいです。
大人にとっての馬くらいのサイズかも。

全力で駆けていく野生動物のエネルギーを感じつつ。。



太鼓岩に到着!!
花風誕生日前祝い14
念願かなってひとしきり大感動した後は、、

太鼓岩の上で、
早速いつも通りの、花風と葉寧のごっこ遊び。
さあ~、ばぶちゃんお休みの時間ですよ~~
こっちのお布団で寝なさいね。
は~い!

和ませてもらいました。
花風誕生日前祝い7
花風は太鼓岩の上は滑りやすいから裸足がいいと、靴を脱いでいました。



帰りは小屋に寄り遅いお昼ご飯。
ずっとお菓子ばかり食べていたから、子どもたちはお腹がすいていなかったのです。
花風誕生日前祝い9
カイホー屋定番のサバ節雑炊。
普段はたかえが家で料理してくれているので、
わ~い父ちゃん料理うれしい~と花風は言ってくれましたが、
葉寧は無言。やっぱりかあさん料理の方がうまかったようです。

小屋からの帰り道、花風が眠い~!と言い出したので、途中からしりとり。
気が紛れたようでなんなく下山。

森にみんなで「ありがとうございました!お邪魔しました!」

その後温泉に入って、すっきりして
永田へ帰りました。



きのうの10月25日は私たち夫婦の結婚記念日。
今日10月26日が花風の誕生日。

花風、誕生日おめでとね~~!


なーや
人気ブログランキングへ
↑いつもクリック頂き、ありがとうございます!!
comment 2 trackback 0
10.25
Tue
花風(かふう)の6歳の誕生日の前祝いに、家族で太鼓岩にお邪魔してきました。

4歳の頃、かつてもののけ姫の森と呼ばれていたコケの森まで歩きました。

その上の方にある太鼓岩の存在を私の写真で見て知っていたので、ずっと行きたい行きたいと言っていました。
満を持しての今回の山登り。


まずは、牛床詣所にて山の神様にごあいさつ。
花風誕生日前祝い1
屋久島香で煙りと灯りを灯して。


コケの朔を見てかわいい~~~
花風誕生日前祝い2
この中に、コケの赤ちゃんがたくさんいるんだね~~


出発前に花風は永田の水道水を持っていく!と言い水筒に入れていました。
花風誕生日前祝い01
山で川の水と飲み比べていました。

やっぱり山の水はおいしいんだね!



前回家族で登った時は、葉寧(はねい)はまだ2歳。
さつき吊り橋まではなんとか歩きましたが、泣いていました。。

今回は前回よりもかなり歩けるようになっていました。
花風誕生日前祝い3
前日子どもたちがバッグにパッキングしていたのは、山ほどのお菓子。

葉寧、もう少し歩いたらおかし食べようね!!
というとがんばります。

かなりの頻度でおかしタイム。
花風誕生日前祝い02
お昼ご飯が食べれないほど、食べまくっていました。

花風誕生日前祝い03
そしてまた、ちょっと歩く。


前々日まで降っていた雨がコケを湿らせていて、緑がキレ~
花風誕生日前祝い04


普段、幼児学級に履いていっている運動靴で登っていたのですが、途中からソールのゴムがペロリ。。
と向けてきました。
山のガイドの仕事中では、たまにあることです。
それようの応急処置をする道具もあるのですが、子供用のは持っていませんでした。
さいわいソールが2重になっている靴だったので、1枚はがれた状態で続行。
花風誕生日前祝い06





この沢は何度も渡っていますが、今回始めて奥の木に気がつきました。
右側から直角に伸びてきている木。
花風誕生日前祝い05





同じルートでも毎回違う景色を見せてくれる森。

この沢を渡って少しすると、葉寧がいよいよ歩けなくなりました。
子どもを背負う用の登山バッグでかついで歩き出しました。

葉寧はにっこにこ。

体重はそんなに重くないけど、荷物じゃないので神経を使います。
縄文杉の仕事よりはるかに疲れます。。


ちょうどこの日は、修学旅行で高校生がたくさん登っていました。
男の子も女の子も
やばい~!ちょーかわいい!がんばってね~すごいね~!
たくさん声を掛けてくれます。
ある女の子は、山ガールだ!と言っていました。
ガールというよりは山キッズですね。

声をかけてもらうとテンションが上がって歩くスピードが上がります。

仕事で登る山と、プライベートで家族で登る山。
それぞれ面白みが違って、新鮮。

この日のファッションは山に似合う服と言って、前日寝る前に自分で用意して枕元に置いていました。
かわいいですねえ~
花風誕生日前祝い07


この先の太鼓岩までは、また明日アップします~


なーや

人気ブログランキングへ
↑いつもクリック応援、ありがとうございます!!
comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。