--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03.25
Fri
作詞/作曲 かふう

こころ しっかり あわ~せて
たすけることが でき~る
できないことは むりして しなくても いい
できることを こころを かがやかせて やろ~う

ここ~ろを じゆうに 
わたしは かけ~る
できることを やれ~ば~ こころが かがやく~
こころが ひとつ あるから 
こころは ひとつだけ あるんだよ~

わた~しの ここ~ろは あいが いっぱいだから~
わたしたちの ここ~ろは かんしゃが あるんだよ
ここ~ろを こめて おりょうりすると
こころが かがやく おりょうりに なるんだよ~ 

5歳の娘、花風がつくった歌です。
基本的に即興なので、毎回微妙に変わってる。
歌詞は5番まであるそう。

とってもいい歌だと思いました。
宮浦小祈りのクリスタルボウル演奏4

先日益救神社でのご縁から宮之浦にある宮浦小学校で、小学校4年生と1年生を対象をとした音楽の授業でクリスタルボウルの演奏をさせて頂きました。

先生方は口々にとってもパワフルな子達だから大丈夫かな??
と心配されていましたが,率直でとってもピュアな子どもたちで、逆にとっても元気を頂きました。

ちょうど東北の震災の3日後でした。

ネットのニュースに釘付けになり、いたたまれない気持ちで一杯でしたが
子どもたちに元気を分けてもらいました。

みんなありがとう!

授業が始まり、まずはクリスタルボウルの説明をしました。
子どもたちは、事前にクリスタルボウルがどんなものなのか一切知らされておらずイメージを膨らませてのご対面でした。
まず、屋久島は水晶の島ということ、水晶は生きているということ、仏壇にあるオリンのこと、サイレンはハートに響く音。
さらに地球や宇宙のことに話が進むと、みんななるほど!と納得した様子。

演奏後に先生に頂いた子どもたちの感想文(これは生涯の宝物!)には、癒しの音色、みんなに聞いてもらいたい、病院でやって欲しい、心の中がぽかぽかしてきた、実は石が大好きでクリスタルを持っているなどなど。
子どもと思って演奏にのぞんでいたけど、実は大人以上に精神性がしっかりしていると思いました。

授業の最後にみんなで二重の輪を作り、今回の震災への思いをみんなで音とともに祈りの黙祷の時間を作りました。

私自身親戚が石巻に住んでいることや、今はみんな屋久島に生を受けて生きているけど遠い祖先が関わってきた人たちやその周りの人たちの一部が今きっと被災しているんだよと前置きをして、遠い場所で起こっていることだけどみんなご縁を感じて一緒に祈ろうね、と言いました。

感想文には心が穏やかになったと、ありました。


授業の後は給食タイム!
小学校に入ること自体もう何十年ぶりで、色々なことが思い出されます。
この日は奄美のごちそうケイハンでした。&クレープ。
ケイハンは人気メニューなようで、恵まれてますね!!と言われました。

給食の後はなんとサイン攻め。。自由帳に。
サインなんて書いたことないので、ふつうに佐藤直哉ビッグラヴ&ハグと書いたけど
みんなかなりのテンションで喜んでくれました。。。

かわいい!!

今回子どもたちと繋いでくれた先生、どうもありがとうございました!
また行かせて下さいね。

後日聞いたのですが、給食後の卒業式の練習は、みんな今までない程の集中力を見せてくれたそうです。

なーや
スポンサーサイト
comment 12 trackback 0
03.11
Fri
冬のツアー中に完成した新作達です。
ご縁を感じた方,お問い合わせくださいね!

最近は一つ一つの作品を自然の中で撮るのが好き。
本当に星のよう。

ピースボールDSC02912
『音』


ピースボールDSC02909
『ひとつ』


ピースボールDSC02946
同じ屋久杉ピースボールですが、角度で全く違って見えますね。(約4センチ)
ピースボールDSC02905



この二つの屋久杉ブレスレットはオーダー頂いたものですが、
一枚目のブレスレットはキャンセルになりましたので、ご注文可能になりました。
価格は44000円です。
ピースボールDSC02888
『屋久杉 木の叡智ブレスレット』
手づくりの屋久杉ビーズ、屋久ヒノキビーズ(黄色のビーズ)、琥珀、黒珊瑚(留め具)、クリスタルでできています。
ピースボール屋久杉ブレスレットDSC02943


ピースボールDSC02914
『かがみ』

ピースボールDSC02937
『雫』


ピースボールDSC02950
屋久島は里の春一番花ナンバンキブシが咲き誇っています。
この垂れる木の花、大好きなんです~

磨き始めてずっと自然なフォルムの曲線に取り憑かれていましたが,
自然界の中にも完璧な線や直線があることに気がつき、最近いくつかのまっすぐ作品を作っています。
次回はまっすぐを載せたいと思っています。

なーや

comment 6 trackback 0
03.10
Thu
2010年11月からスタートした『玉磨き&クリスタルボウルツアー』は阿蘇が最終地でした。

熊本1

阿蘇は私たちが屋久島へ移住するときに、転々と立ち寄った場所のひとつ。
春真っ盛りの新緑のまぶしい季節でした。

そして、その4年後の秋に、友人の結婚式の帰り道に2泊。
秋がだいぶ深まり、紅葉が美しかったです。

今回は3回目となる阿蘇。
季節は冬真っ盛り。
雪が積もっていました。

熊本26

いろんな季節の阿蘇を体験しましたが、どの季節も風情があって素敵でした。

2月9日
札幌から一気に阿蘇へ南下。

熊本空港へソウルメイトのマリオちゃんが迎えに来てくれました。
マリオちゃんは屋久島から阿蘇へ引っ越しました。
引っ越しが決まった時は寂しさも会ったけど、その後もいろんな場所で会っている。
東京でも阿蘇でも、さらに深い繋がりを感じたよ。
ありがとう!

翌日の会場となるマリオちゃんのパートナーが営む、手打ちそばの「日出や」に向かいました。

7年前の初阿蘇。
おいしい食事処が結構あるよ、なんて聞いて、たまには奮発しよう!と、いざ車を走らせてみたけど、どこもかしこも既に閉店。
都会暮らしにどっぷり浸かっていた私たちにとって、夜9時前に閉店なんて、考えてもいなかった。
そんな中、唯一ネオンが光ってる店を発見。
お店の方は、夜遅くの来店にも関わらず、おいしいハンバーガーを作ってくれ、おなかがすきまくっていた私たちはとってもおいしく頂いた。

「日出や」についてびっくり!
なんとそこは、私たちが初めて阿蘇に来たときに入った、その店の目の前。

その当時、そこに「日出や」はまだなかったけれど、こうして3回目の阿蘇でまたここへ来た。
運命の流れがニヤッと笑いながらウインクしてるのを感じました。

「日出や」は本格手打ちそばの店でありながら、店内にはドラムセットとボブマーリーの大きな写真があって、店主の「ひでぼう」のアツいスピリットが伝わってくる楽しいお店。
熊本2

阿蘇ひでや


そして高尾に住むソウルメイト∀kikoの絵が入り口で出迎えてくれます。
熊本7

朝一番で、今日のワークショップに参加される方のために、ひでぼうがそばを打ってくれました。
日出やは地元の久木野産のそばを使っています。
熊本4

熊本5

あっという間にこのように美しいそばが誕生。

ワークショップは昼過ぎからスタート

熊本3
寒波のせいで、日出やの入り口の小さな池に氷がはっていました。

阿蘇のワークショップに来てくれた方とも、またまた深い縁を感じました。
シンクロハーモニーの連続でした。

熊本6

ワークショップに来てくれたエージくん。
エージくんはNobuyaと∀kikoの元隣人。そして私たちは東京滞在中、エージくんが以前住んでいた部屋に泊めてもらっていたのです。

ワークショップの翌日、エージくんファミリーのお家へ遊びに行こうと思っていたら、お母さまを迎えに来ていたエージくんたちと駅でばったり出会い、そのまま一緒に行きました。

エージくんの家は心くすぐられるところいっぱいの素敵なお家でした。

そしてここでもまた、∀kikoの絵に会えました。
ここの家のために描かれたものである、と断言できるほどのぴったり収まっていました。

以前∀kikoに「魂込めて描いた絵が自分の手元を離れて行くときって、寂しくない?」と聞いたところ、
∀kikoは「全然寂しくないよ。むしろうれしいくらい。なんか、パズルのピースがひとつひとつ収まるべき場所に収まっていく感じ。わくわくする感じ。」と言っていました。
その言葉を体感しました。

阿蘇えいじ


まりこちゃんのおいしいお料理をごちそうになり、その後近くの十六羅漢に案内してもらいました。

十六羅漢は何も手が加わってない自然がそのまま残っていました。
昔、修行僧がこもって座禅を組んでいたかもしれない洞穴。
そこに座っていた方も、同じこの自然を眺めていたんだと思うと、感慨深いものがありました。

遥か彼方の時代に生きていた誰かと、同じものを見ている。。。

そして、エージくんを初めてここ十六羅漢に案内してくれたのはZouさん。
そのZouさんファミリーも参加してくれました。

私たちとZouさんファミリーは2回目の阿蘇で出会っていました。
2年ぶりくらいの再会。

二人は高森駅前で素敵な場所を作っています。
『りなぞう』で、いつかワークショップをやってみたいですね。

そして、まるの日圭さんファミリーも来て下さいました。
まるの日さんとナオヤは屋久島で出会い、今回、阿蘇でのコーディネートをして頂きました。

阿蘇日出やまるの日さんファミリー

まるの日さん&みーちゃんの娘さんとカフウはとっても仲良しになりました。
二人の会話に聞き耳を立ててみると、星や石の話をしていました。

東京からちょうど来ていたゆうじくんファミリーも遊びに来てくれました。

お待ちかねのそばタイムは、子ども達もおとなしく座って食事していました。
ハネイは1枚半も食べました!
そばがい~い香りで、とってもおいしかった。

クリスタルボウルは子どもたちがはしゃぎ回る中でスタートしました。

窓の外が暗くなって来て、深い青が窓の向こうに広がっていました。

阿蘇日出や夜

この日の演奏はかなりのロングプレイでした。

私は何度も深い眠りに落ちました。
最初はうろうろしていたハネイも、しばらくするとやって来て、私と同じタイミングでうとうとしたり、はっ!と起きたりを繰り返していました。

最終的にはどの子も寝たり、座ったりで、落ち着いてきました。

終わったと同時くらいに雪が降り始めました。

寒さの中、ワークショップに参加してくれた皆様、ありがとうございます。
そして、朝から準備してくれた、ひでぼう、マリオちゃん、ありがとう。

阿蘇日出やひでぼう

こうして繋がってくれている全ての存在に感謝です。

~阿蘇 後半編につづく

たかえ







comment 5 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。