FC2ブログ
01.10
Mon
10月26日は長女のカフウの誕生日。
そして、私が以前やっていたバンド『doughter』のギターでボーカルの「シホ」の誕生日でもある。

 ちなみにこの『doughter』、つづり間違いじゃありません。いわゆる造語なのであしからず。

昨年の10月26日の夕方、シホから電話がかかってきた。
私は携帯の液晶を見てすぐにシホの誕生日だということを思い出し『おめでとう!!』と言いながら電話に出た。
シホも『ありがとう。おめでとう』と返してくれた。

シホからの電話は、4月からまた『doughter』のベースだったアサコと一緒にバンドをはじめたという報告だった。
(長女のカフウの誕生日だけど!)すごいビッグなバースデープレゼントをもらった気分になった。

というのも、私はこの『doughter』をやっている頃、このバンドに全意識を傾けているぐらいの勢いで、バンドが残念ながら解散となった後も、常にアタマの片隅に『doughter』が存在していたから。

解散してから10年くらい経つけど、今でも1年に4、5回は夢に見るほど。
それも、なぜかいつも切ない内容で、私だけバンドに入れてもらえないとか、私はバンドをやりたいのに他の二人は私とはやりたくないとかで、他の人とバンドを組んでしまうとか・・・
たくさんの心残りがあった。

『doughter』は私が女子美術大学へ通っていた頃に結成したバンド。
大学生時代は、他のことが面白すぎて、大学にあまりにも足が向かない自分がいて、このままじゃよくないと思い、なんとか学校へ行く口実をつくろうと思い、何かサークルにでも入ろうと思い立った。
ワンゲル部にも興味があったけど、とにかくその頃は何でもいいから自己表現しなければ気が済まない自分がいて、結局、ステージに立って、自分の曲をみんなに披露するっていう派手な感じにひかれて、軽音部に入ることにした。
入ってすぐに新入生歓迎ライブみたいなのがあった(私は既に4年生になっていて、全く新入生ではなかったけれど・・・)。
そのライブで一人の女の子に衝撃を受けた。

その女の子は、真っ赤な口紅をつけて、金髪で、目をぱっちりと見開いてお人形さんみたいな外見なのに、アンニュイな雰囲気で、パンクな歌詞をかったるそうに、でもニヤニヤしながら不敵な感じで歌っていた。
ステージ上なのに力が抜けきっている。でも、その周りはぴりぴりとした緊張感に満ちている。
今まで見たことがないタイプのボーカリストで、その独特なオーラに圧倒された。

私はその子のステージが終わるとすぐにその子のところに行って、「一緒にバンドやろうよ!私とバンドをやって欲しい!そこで歌って!!」と、激しく誘った。
しつこく口説いて、ついに陥落。

それが『doughter』のベースでボーカルの「アサコ」との出会い。

アサコにどのパートがいいか聞くと、ベースをやってみたいとのこと。
「じゃ、アサコがベースね。」

そしてその年の新入生だった「シホ」がギターをやりたいというので、私はドラムを。

早速バンドを組んでみたけど、全くの初心者の3人の集まりで、コピーすら出来ない。
そして、じゃあ、自分たちで出来ることをやるしかないね。って感じで、いきなりそれぞれが出来ることでオリジナルの曲を作った。
初期の曲は、限られてるからこそって感じの、かなり前衛的。

そして日々練習を積み重ねた。

その頃の私は3人の中でとびきりの年上だったのもあって、かなりスパルタで、「さぁ、やるよ!」って燃えに燃えて、他の二人のお尻をバシバシしばきながらって感じで練習をしていた。
今、その当時を振り返ると、よく二人ともそんな私につきあってくれたと思う。今更ながらに、二人の深ーい愛を感じる。
天才二人を前にして、私が一番足を引っ張っていただろうに。。。

「シホ」は6つも年下だった。
私は当時25歳。
この時期の6つ下というのは、かなり下の感じだ。でも、そんな年の差を忘れさせるくらい、豊富な音の指向の引き出しを持っていた。
バンドを続けるほどに、シホの音のセンスのよさには驚かされた。
音のセンスだけじゃなくって、全てにおいてセンスがいい。
ある種、あこがれの存在だった。

そんな感じで始まった3人のバンド『doughter』。
結成後半年で初ライブ。
私は必死でドラムを叩いてから、あまり状況を把握していなかったけど、ライブ終了時は、観客はみんなボーゼン。
すごいパフォーマンスを繰り広げていた二人。
そんな初ライブが終わり、「やっぱりこの二人ただ者じゃない!」と思った。

その後は、どんどんライブを重ねた。
ひと月に2本くらいのライブ。
練習量もかなりだったと思う。

途中、「ミズノくん」という強力な助っ人がメンバーになったこともある。
ミズノくんはベーシスト。だからその時期のdoughterはツインベースだった。
男なのに、女3人の中でも全く違和感のない人。
かなりのベテランで、何でも知っているのに、よく分かってない私たちにいろいろ教えるとか意見するとか一切なし!

曲はどんどん洗練されていって、やりたいことがやりたいように表現できるようになってきた。

私たちは3人とも好きな音の方向性がバラバラだったけど、とてもリスペクトし合っていて、それぞれが持ってきた曲を各自が好きなようにアレンジを加えて作り上げていった。
ボーカルの二人が作った曲はそれぞれ作った人が歌うというビートルズスタイル。
私が作った曲は大抵ベースのアサコがメロディラインをつくって歌ってくれた。

歌詞は全て英語。もしくは造語!
それはあまりにもシャイな二人だったからと思う。

そして私もとってもシャイだった。

ドラムの立ち位置が私にはぴったりだった。
表現者として在りたい。けど、恥ずかしい。でも目立ちたい。
こんな複雑なものがあり、どうすりゃいいんだって感じだったけど、ドラムは音は目立つけど、ステージ上では一番後ろで、なおかつ、下を向いていても全然大丈夫。
いつもライブ前は相当緊張したけれど、そういうのが目立ちにくいのも、かっこつけたい私にはあっていた。
実は緊張のあまりいつも足が震えるほどだった。
ハイハットやバスドラのペダルの上でぷるぷるしている足を手でぐっと押さえたりすることもあった。

でもライブが始まるとそんな緊張している時ほど、解き放たれていく開放感を感じた。
自分のドラムの音と、ギターとベースの音の一体感の中で解けていく私の存在。

このライブの30分のためにいったいどれだけの練習を、日常を費やしたかな?

『doughter』がほとんど全てだった。

CDデビューが決まった時はホントにうれしかった。
あの時の喜びを表現する言葉はない。

シホからの久々の電話は、そのときに匹敵するほどの喜びがあった。

電話でいろいろ話すうちに、私たち家族が、12月に東京へ行くことを伝えたら、シホが「じゃあ、復活ライブをしようよ!」と提案してくれた。

私はもう、ほんのたまにジャンベを叩くくらいで、10年くらいドラムを叩いていない。
バンドやろうよ!と誘われても、スティックを持つとこまでなかなか辿り着けなかった。
今までは、屋久島のいろんなイベントでドラムを叩く機会があっても、絶対にやらなかった。
目の前にドラムセットが並んでいても、誰かに「たかえ、ドラムやってよ!」と言われても、「私はいいよ。」と断り続けた。
でも、この復活ライブの話の後は、ドラムが叩きたくってたまらなかった。

この電話の後日、友達の結婚式があり、そこの会場の片隅にドラムセットが置いてあった。
会場に入った時から、目はそこに釘付け状態。
式もいい感じに盛り上がってきて、歌う人とか、踊る人が出てきた。
隅に追いやられていたドラムをセッティングした。
椅子の高さやら、タムの角度やら、いろんな調整がほとんど出来なかったけど、そんなの全く関係なかった。

ギターやディジュ、ジャンベとのセッション。みんなで歌って踊る。

自由!気持ちいい!!

カフウもハネイも踊ってた。
そしてそばに寄ってきて、じーっと私のドラムを叩く姿を見ていた。
カフウは「母さん、ドラム上手だね。かっこいいね!」とニコニコしていた。

電話以来、ほぼ毎日『doughter』のCDを聴いている。

復活ライブは『東京 初台WALL』で12月8日(水)だった。

現在の『doughter』のドラマーはサッサン。
ドラム歴数十年の大ベテラン。
色んなバンドでたくさんの経験を積んでいる。

サッサンはここ何年か、ドラムが楽しくなくって、やめることばかり考えていたらしい。
そんな時、アサコとシホに『doughter』に誘われた。
『doughter』でドラムを叩くうちに、またサッサンはドラムが楽しくなってきた。
そして、ドラムをやめたいという気分は吹き飛んだ。

ライブ前に最終練習のためにみんなでスタジオに入った。
そこで笑顔でドラムを叩くサッサンがいた。

私はこの日のライブでドラムを叩きたい、と密かに願望を抱いていたが、楽しそうにドラムを叩くサッサンを見ていたら、今日のステージでドラムを叩きたいとは言えない感じになってきた。
今日は観客として、『doughter』を見ようと覚悟を決め、自分の欲求をおさえた。

久々のライブハウスはアングラなパワーに満ち溢れていた。
タバコの煙と、アルコール。
懐かしい雰囲気。

そして大爆音!

『doughter』のライブがはじまって、最初のフレーズを聴いた瞬間、現役の頃が走馬灯のように私の頭を駆け巡り、色んな感情が一気に押し寄せてきて、涙が溢れ出しそうだった。
胸がいっぱいになり、ライトが滲んで。。。

幸せ。今、幸せだ!とハネイを抱っこしながら感謝の気持ちでいっぱいでステージを見た。

新曲も3曲あった。
かっこいい!

そして、わぉ!ドラム叩きたい!と思った。

ポーカーフェイスでめちゃくちゃ綺麗なフレーズを弾くシホ。

客席無視!でブリブリなうねるベースを弾くアサコ。

相変わらずな二人。

サッサンはまりでキリストのようだった。

『doughter』復活ライブにたくさんの人が集まってきてくれていた。
『doughter』のアルバムのエンジニアをしてくれてた方も、復活の話を聞いて、わざわざ足を運んでくれた。
そして、「やっぱり『doughter』いいね~!!」と言ってくれた。

ノリノリで踊っていたNOBUYAと∀KIKO。

カフウを肩車して、見ていたしょうご。

ozzyと夕子&敏子ツインズは「なんかもっとめちゃくちゃな感じかと思っていたのに、いい曲やってるんだ!またライブあったら行くよ!」と言っていた。
ちなみに敏子さんは怒モホルンリンクルという、バンドのボーカリスト。
私はこのバンドの映像を見て、ぶったまげた経験アリ。

シホの息子のヨウスケにカフウとハネイ。次世代が育っている。
カフウはサンタさんに「ギターが欲しい!」とお願いした。
適当に弾いているけど、時々偶然にもシホの様なフレーズを弾くときがあって、なんだか嬉しい。
ハネイもギターに興味しんしんで、肩からかけてはかき鳴らしている。
ヨウスケも練習中とか。
Jr.バンド結成を夢見ちゃうな。

直哉とシホの旦那さんはしっかり撮影隊と化していた。

ほかにも、たくさんのお客様。
来てくれたみなさんどうもありがとう。

ライブ終了後、サッサンが「オリジナルメンバーのたかえちゃんが見てるかと思うと、すごく緊張したよ。」と言った。
私のドラムをリスペクトしてくれているサッサンの気持ちがとてもうれしかった。

そしてライブ翌日、私とシホとアサコは朝5時まで飲んで飲んで飲みまくった。
私もシホも子どもは預けて、レディース飲み会。
レディースというか、気分は完全にガールズだった。

みんなそれぞれの12年間があった。
解散から12年という、私の中のもやもやだった月日があっという間にキラキラに変わった。

シホ、アサコありがとう!
やっぱあんたたちはサイコー!!!!

リンクに『doughter』のマイスペースのページがあります。
そちらで曲も聴けます。
今後も『doughter』続きます。
どうぞよろしくお願いします。

そして私も、またドラム復活しようともくろみ中!
奈央ちゃん、一緒にバンドやろうね~




やくしま手づくり市のお知らせです。

1月16日(日)10時から15時 屋久島 宮之浦 益救神社にて
「やくしま手づくり市」が開催されます。

やくしま手づくり市は今年4月からスタートしました。
屋久島にアートを広めたいと思い、屋久島ファミリーの高田家奈央&健太と一緒にやっています。

今回、私たちが2ヶ月間、屋久島を離れツアーをしている間は、二人がやっていてくれています。
いつも二人には強力なサポートをしてもらっています。
ありがとう!!

「やくしま手づくり市」
アートと笑顔の市です。
皆さん、ぜひ遊びに来てくださいね。

出店者も募集中です。

くわしくは「やくしま手づくり市」のブログにて。





たかえ

comment 10 trackback 0
01.09
Sun
屋久杉を磨き始めて、8年目。

磨きの原点は今のような作品ではなく、手のひらサイズほどの流木の真ん中あたりを丸ノミでかんかんくりぬいて最後に紙やすりでシュッシュッと磨いていました。

屋久島に越してきた当初は何も仕事がなく、近くの横川渓谷に毎日通っていました。
今のように賑やかな観光地ではなかった頃なので、全く誰もいない清清として、神々しい雰囲気が漂っていましたね。

通っているうちに流木との出会いがあり、それで皿を作ろうと思ったのです。
当時の作品はすべて売れてしまい、写真が残っていないのが少し残念。。

初めは樹種など気にせずに、サイズ重視で作っていましたが、あるとき屋久杉と出会った!

その木目、匂い!!引き込まれました。

さらに、初めのステイ先のキャンプ場から引っ越した家の五右衛門風呂用の薪置き場に、小さな屋久杉がいくつか置いてありました。
大家さんに聞くと、これは紙が貴重な時代は風呂の焚き付けに使っていたんだ、と教えてくれました。
いわゆる油木(あぶらぎ)と呼ばれる黒~い屋久杉たちは、ナタで細かく割るとライターでそのまま火がついてしまうほどの油分が含まれています。

わ~~~!贅沢な風呂だ!

屋久島の昔の人たちの自然との付き合い方を学びました。



磨きにはまって7年。
今回はじめて個展を開きました。(ミニ)
2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+029_convert_20110103183641


場所は、東京神楽坂にある「Bar英」。2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+028_convert_20110103183517
屋久島で繋がった、たかえの友達ozzyがキュレーターをしているスペースです。

屋久島に越してまだほとんど仕事がなかった時期に、永田のいなか浜にある送陽邸という民宿でたかえが仕事をさせてもらっていました。
そこでお風呂に案内したたかえとozzyが15年ぶりに再会したのです。

ozzyとたかえは、10代の頃美大受験予備校時代の同級生だったのです!

ozzyは初めての屋久島でした。
その後すっかりはまり毎年屋久島へ。

ごひいきのイルマーレという屋久島空港近くのイタリアンのお店のホームページを作ったりして、どんどん屋久島との繋がりが強くなっていきました。
まだイルマーレが今の素敵な店構えになる前のコンテナで営業していた時代です。

そしてなんと、イルマーレの店長は私の大学の先輩でした!
いつもながら、屋久島のシンクロハーモニー!

その後ozzyにカイホー屋のホームページを作ってもらったり、去年はやくしま手づくり市でozzyのガラス作品も出店してくれました。

今、空港横のイルマーレに行くと、ozzyの大きな絵が飾られています。
ガラス作品とも通じるozzyの透明な世界観。
ぜひ足を運んでみてくださいね。



2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+030_convert_20110103184417
今回個展をやらせてもらって、意外な反応がありました。

それは男性の反応がよかったこと。
いつも屋久杉磨きのワークショップでは、参加者の80パーセントは女性です。
磨いて屋久杉アクセサリーにするのと、完成した作品。

そのプロセスの違いで興味を持ってくれる方も違うんですね。


2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+031_convert_20110103183318

2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+037_convert_20110103184825
無事に一ヶ月間の個展を終えました。

bar英そして手伝ってくれたみなさん、ありがとうございました!!

また今年も11月にミニ個展が決まっています。

展示方法など学ぶことが多かった、ミニ個展。
今年はもっとセンスよく、展示したいですね。
2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+033_convert_20110103184553




東京でのワークショップ第一弾は、三軒茶屋のcafe OHANA。

クリスタルファシリテーターかのこ(奥)とアクセサリー作家つかさちゃん(手前)とのコラボでした。

かのこちゃんともまた同じ大学の同級生。
在学中は顔見知り程度でしたが、卒業して何年か後にまた再会しました。

場所はドイツのvoovという野外フェスティバル。

ちょうど海外に目がいってた時期で、10年位前にヨーロッパのフェスティバルをはじごしていました。
何千人もいる中、歩いていたらそこにかのこちゃんがいたのです。

いつも感じますがこの広い地球、縁が深い人とはどこかで再会できるようになっていますね。
シンクロに感謝~
2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+049_convert_20110103190102


OHANAは去年浜松PAYAKAでワークショップを開いたときに参加してくれた、藤村佳子さんに紹介していただきました。ありがとうございました!
リコネクティブヒーリング養精鍼灸院を主宰されています。ご興味ある方覗いてみてくださいね。


2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+050_convert_20110103190213
流木をふんだんに使った店内は、異空間。

やくしまを出発する直前にお会いした、とみなが夢駆さんご一行様も来てくれました。
ムンクさんは「対外離脱するサラリーマン」という本を出版されている方で、ヘミシンクのメッセンジャーです。
ヘミシンクに興味ある方は覗いてみてください。

これはトイレ。素敵です!!
2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+051_convert_20110103190902

去年も参加してくれためりなちゃんが、また来てくれました。
去年参加してくれた後すぐに屋久島に呼ばれて来島したのですが、「この屋久杉を磨いたピースボールは、屋久島への片道切符だよ~」と言っていました。
確かにそうだね!

屋久杉は屋久島に存在する一つの波動。
それに惹かれて引き合わされ、さらなるハーモニーが生まれる。

ワークショップの醍醐味ですね~

今年もどうぞよろしくおねがいします!!

北海道は今日も大雪。
真っ白な世界です~


なーや


comment 6 trackback 0
01.08
Sat
明けましておめでとうございます
今年もよろしくおねがいします


2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+061_convert_20110103194112
昨年末のワークショップでお世話になった『高尾EARTH TRIBES』のDaiちゃん&えみかちゃんのお宅兼ギャラリーの玄関にいらっしゃった恵比寿様と大黒様です。

2011年がスタートしました。
皆様どんなお正月を過ごされましたか?

私たちは、直哉の実家の北海道で親族との楽しいお正月でした。
ここで直哉が育ってきて、そして今こうして、また次世代の家族を築いてきていることの神秘!

娘のカフウが「お母さんのお母さんのお母さんの・・・・・(永遠に続く)・・・・・お母さんってだあれ?お母さんのいちばんはじめのお母さんって・・・(少し考え込んで)地球?」
と、私たち大人に問いかけてきました。
私も子供の頃、そういうことに思いをめぐらせていたことを思い出しました。


昨年のワークショップの報告を続きをさせていただきます。

12月11日に『高尾EARTH TRIBES』で玉磨きのワークショップとクリスタルボウルのライブを行いました。
2010年6月の裏高尾ツリーハウスでのワークショップ同様、今回も『nico』のTABAがオーガナイズをしてくれました。
2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+060_convert_20110103194258

玄関に並べたピースボール
2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+067_convert_20110103195533
参加してくださるお客様をお迎えします。


2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+062_convert_20110103194421
廊下には磨く前のピースボールたち。
ここからお好きなものを選んでいただき、ワークショップスタートです。



2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+064_convert_20110103194547

ここは素敵な古民家。
この日は天気もよく、暖かな日差しが廊下に降り注いでいました。

Daiちゃんとえみかちゃんの愛娘、愛虹香ちゃんもおばあちゃんに抱っこされて日向ぼっこをしていました。
おばあちゃんも助っ人として来てくれていました。
家族で楽しみながら、いろんなことに取り組んでいる感じで、昔の日本ってきっとこんな感じだったんだろうなって思いました。

仕事も遊びも一緒ですね。そして家族みんな一緒に!


2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+070_convert_20110103194941

オーナーのDaiちゃんは元プロのキックボクサー。そして引退後、世界を旅し、カメラマンになった。
室内には、たくさんの写真が飾られていました。そしてその写真の枠は全てDaiちゃんのお兄さんの手づくり。
同じものは一つもない。
見ごたえありました。

ワークショップ終了後、キッチンの床にみんなで車座になって座り、そこで聞かせていただいたDaiちゃんの話し。
キックボクサーという、やるかやられるか、命を懸けた戦いの世界から、今のDaiちゃんの世界観。

視線をかえれば同じ世界が全く違って見える。
でも、やっぱり見ている私の本質は唯一のものである。

ふり幅の大きな人生体験者!
Daiちゃんの話し、とってもおもしろかったです。


2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+065_convert_20110103194643
大きな囲炉裏テーブル。
灰に描かれた模様が銀閣寺の庭のようでした。

炭火で焼いていただいたランチのお魚がおいしかったです。
この日のランチはDaiちゃんファミリーとTABAの手づくり。
かなりのボリュームでしたが、美味しくて全て平らげてしまいました。
ランチを召し上がったお客様たちも「おいし~!!」と皆さん笑顔。

美味しい料理は笑顔を作り出しますね。

今回はクリスタルビーズでかのこちゃんも参加してくれました。
屋久杉と、クリスタルのコラボ。
2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+071_convert_20110103195121
かのこちゃんはクリスタルファシリテーター。
それぞれの石について詳しく教えていただけました。
お客様も色や形だけでなく、その石の特別な力を聞いて、組み合わせをあれこれ楽しく悩んでいました。

新しい知識を得ると、また創作意欲が新たな広がりを見せ、刺激的ですね。

そしてワークショップの最後はこれまた6月の裏高尾のツリーハウスのときもセッションさせていただいた、ゆうきちゃんと、ふたたび、ここ高尾でのセッション。

2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+072_convert_20110103195221

ゆうきちゃんのクリスタルボウル、音も素晴らしいけれど、とにかくビジュアル的に吸い込まれてしまうのです。
優雅な蝶のような腕の動き、至福の表情。
見ているだけで幸せな気分になってしまいます。
女神のようでした。

至福の中で終了したワークショップでした。

参加してくれた
遠い千葉から参加していただいた方、ヘミシンクつながりの方、屋久島で出会い、ここまで繋がってくれた方、高尾在住のクリスタルカップル、友人夫婦。
みなさんどうもありがとうございます。

そしてスタッフの方々どうもありがとうございました。


東京では高尾のDJ NOBUYAと絵描き∀KIKOの家でお世話になっていました。

直哉のおばあちゃんは若い頃、色んなものを手づくりしていました。
その中の一つにとても素敵なベストがありました。
一目見てすごく気に入って、頂いて愛用してたベスト。
出産後、サイズ的にちょっと小さめになってしまって、あまり活用することがなくなり・・・でも、また着てみたくなりひっぱり出してきて、ツアーに持ってきていました。

2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+023_convert_20110103201049
そのベストは、∀KIKO用にあつらえたかのようにぴったり似合っていました。
そして、高尾の浴室に飾られてた、以前∀KIKOが描いたという一枚の絵のともとっても似ていました。

収まるべきところへ収まった。

写真はその絵の前に立つ、ベストを着た∀KIKOと子どもたち。

2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+027_convert_20110103204717

DJ NOBUYAはDr.NOBUYAでもありました。

というのも、高尾滞在中にハネイが熱を出して、結構大変だったのですが、NOBUYAが自然療法の様々な方法を駆使して、完璧に治してくれました。
豆腐パスタ、レンコンしょうが汁、ユキノシタの絞り汁・・・等々
台所にあるものや、裏山にあるものを次々と調合し、まるでシャーマンのよう。

最初のうちこそ、熱さましのための豆腐パスタをおでこに貼られると、嫌がっていたハネイでしたが、そのうちすっかりとりこになっていました。
熱が下がっても「ちー(気持ちいいの意味)」と、おでこに手をやって、豆腐パスタをねだっていました。

手間ひま、そして愛情ををかけた「手当て」ってすごい!って思いました。
夜中にも、何度も様子を見に来て、豆腐パスタを取り替えてくれた深い愛に感動でした。
ありがとう、のぶ兄、∀KIKO!!



明日1月9日大安は、今年初のクリスタルボウルの鳴らしはじめです。
テーマは「大きな愛の一部として、私たちは宇宙の全ての存在と繋がります」
直哉の今年のテーマでもあります。
場所は札幌の「あじとチキでき2」18時会場です。1ドリンク付き2500円。
屋久島でも演奏会を開いた、札幌在住のピアニスト桜木紫野さんとのコラボ演奏。
定員まであと4名空きがあります。
お近くの方でお時間ある方お越しください!!





1月16日(日)10時から15時 屋久島 宮之浦 益救神社にて
「やくしま手づくり市」が開催されます。


やくしま手づくり市は今年4月からスタートしました。
屋久島にアートを広めたいと思い、屋久島ファミリーの高田家奈央&健太と一緒にやっています。

今回、私たちが2ヶ月間、屋久島を離れツアーをしている間は、二人がやっていてくれています。
いつも二人には強力なサポートをしてもらっています。
ありがとう!!

「やくしま手づくり市」
アートと笑顔の市です。
皆さん、ぜひ遊びに来てくださいね。

出店者も募集中です。

くわしくは「やくしま手づくり市」のブログにて。





たかえ

comment 0 trackback 0
back-to-top