--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.31
Fri
11月25日に屋久島を出発し、一月ちょっとたちました。
皆さんお元気ですか?

いつもは直哉が一人で行っている、カイホー屋の玉磨き&クリスタルボウルツアーに、今回は私と娘二人も同行しています。
いろんなことの重なり、そしてたくさんの方との出会いから始まったこの島外でのカイホー屋ツアー。
初めて島外ツアーに同行して、全てのことは必然で、そして全ての出会いがギフトであるということを実感しています。

ツアー前日まで、あり得ない忙しさの中で、出発準備をしていました。
屋久島へ移住して以来、経験したことのないほどの、やらなきゃいけないことが山積みで、家の中で走ってるほど。
出発日が来れば、出発するしかないので、毎日毎日その日を夢見てました。

そしてついに出発の日、屋久島は晴天。
ちょっと余裕をもって家を出ることができました。
2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+009_convert_20101230221006

鹿児島での最初の宿は、鹿児島駅にあるリトルアジアというゲストハウス。
直哉もかふうも何度も行っているところなので、初めて行く私を、かふうが「かあさん、こっちこっち!」と案内してくれました。

約1年ぶりの島外の華々しい雰囲気に、浮かれまくっていました。

リトルアジアに2泊し、その間に鹿児島での用事を済ませ、いよいよ翌日からツアー開始です。

今回のツアーは鹿児島市下田町にある『ニッセイアートギャラリー稲音館』さんからスタートしました。

今回のツアーをコーディネートしてくれたさゆりちゃんと、天文館で待ち合わせ。

稲音館さんでのワークショップ前日は、鹿児島でのコーディネートやお手伝いをしてくれた友人たちがすごいご馳走を用意してくれてました。

温泉に入った後に、ツアーをお手伝いしてくれた皆吉さん宅へおじゃましました。
屋久島で出会ったともちゃんともここで再会。

実はちょっと風邪気味でしたが、ご馳走を前に、すっかり食欲を刺激され、ついつい食べ過ぎてしまいました。
とってもおいしく、そしてまた、笑いっぱなしの楽しい飲み会でした。

翌日は昼前に会場となる稲音館さんへ出発。

早めに着いたので、稲音館さんの近くの滝へ案内してもらいました。

2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+002_convert_20101230220744
滝へ向かう途中、突如現れた顔面岩。
サードアイから、にょっき!と木が生えていました。

2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+003_convert_20101230220422
水の音や、森の中独特の静けさ。。。
屋久島を出発して、妙に舞い上がっていた気持ちが徐々に落ち着いていくのを感じました。


稲音館は山や田んぼや畑に囲まれた、昔ながらの里の風景の中にあって、屋久島の永田の我が家を感じるロケーション。
駐車場の脇に、畑があって、その日のサラダに使う野菜を、スタッフの方が取りに来た。
駐車場にあるブランコで遊んでいたカフウもハネイはすぐさま畑のほうへ走って行き、スタッフの方が収穫するのを見ていた。
スタッフの方がニコニコと、二人に「やってみる?」と声を掛けてくれました。

2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+006_convert_20101230220823
「この辺、もうちょっと下かな・・・」
「ここ?」
「切っていいよ~。これを今からサラダに使うからね。ありがとう!!」
「やさいさん、ありがとう。」

とっても気持ちよく晴れていたので、ワークショップは田んぼに張り出して作られているデッキで行いました。
オーナの和江さんの猫ちゃんたちも時々姿を見せてくれます。
子どもたちもあっちこっちをウロウロ。
参加者の方たちとの話しもとっても面白くって。。。ついつい磨きを忘れて話しに夢中になったりの、とってもピースフルなワークショップでした。
集中して磨いていると、いろいろな音が聞こえます。

2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+012_convert_20101230221208

写真の左のほうに写っている、大振りな花が『皇帝ダリア』。
鹿児島市内のいたるところで見かけました。
ピンクっぽい花びらと真ん中の黄色がかわいい感じなのに、にせものの花のような妙な派手さ!
そして大きな株になると、まるで木。
下から見上げると。。。
2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+011_convert_20101230221125
こんな感じでした。

参加してくれた3人の方の作品です。
選ばれて磨かれた屋久杉たち。
2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+013_convert_20101230221300
選ぶというより、お互いが引き合っているんでしょうね。
三つのこのバランスがまた素敵でした。

夜になり、第2部が始まりました。

ライブ前には美味しいお料理がたくさん並ぶバイキング方式のお食事。
スイーツまで全て手作りです。
種類も豊富で、どれもおいしそうなため、結局全て少しずついただき、お腹は大満足。

鹿児島在住のギタリスト、中村てつろうさんとのライブ。

直哉のクリスタルボウルからスタート。
2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+014_convert_20101230221451
久々の直哉のライブに興奮した様子のハネイが直哉のそばに近づいて、クリスタルボウルを触りたがるため、私は娘二人を連れて早々に会場から退散。

なかなかゆっくり聴く機会がありません。

途中一人でライブ会場に行って聴いていたカフウですが、聴き出して5分もしないうちに眠りこけて、イスからずり落ちたそうです。
国生さんが抱っこして連れてきてくれました。国生さんもずっとツアーのお手伝いをしてくれました。
周りの方はびっくりしただろうな。

会場に戻ると、てつろうさんのライブが始まっていました。
カフウもハネイも最初はじーっと見ていたけど、気づいたらノリノリでリズムを取っていました。

最後はてつろうさんと直哉のセッション。
2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+015_convert_20101230221918
初めてのセッションとは思えないほどの気持ちよさでした。
直哉も楽しんだようで、「曲に合わせてクリスタルボウルを演奏するのもいいね~」と言っていました。

ハネイがてつろうさんのCDをとっても気に入って、購入しました。
鹿児島アースデイでのライブ録音のCDは、とってもハッピーな感じです。

帰り際には、和江さんから翌日の朝ごはん弁当いただきました。

全てが、幸せで、最高のツアー初日でした。

前日に引き続き、この日もさゆりちゃん宅でゆっくり休ませていただきました。

翌日は屋久島での坂井俊さんのライブで出会ったとしこさんのご親戚の方のお宅でクリスタルボウルのライブでした。

広々とした庭に紅葉した楓の木が一本立っていました。
そしてその横には、このご自宅のクスノキのご神木。
おじゃまします。
ちょっと寒い日でしたが、あまりにも素晴らしい色で、外で紅葉を見ていただきながらクリスタルボウルを聴いていただくことにしました。
2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+016_convert_20101230222243

クリスタルボウルに初めて出会った方も多く、最初は皆さん緊張した感じで聴いていましたが、しばらくするとお子さんが寝始め、だんだん皆さんリラックスムードになってきました。

外で聴くクリスタルボウルは穏やかな感じがします。
周りの空気が振動し、私自身も穏やかに振動している感じなので、周りの空気と自分が溶け合って、どこまでも広がっていく感じがしました。
大地にしっかり立っている自分の足の裏の感覚が気持ちよかった。

2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+017_convert_20101230225337

実際に自分でクリスタルボウルを鳴らすと、振動に驚かれる方が多いです。
小学生の男の子はすっかりはまってしまっていました。

2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+020_convert_20101230225526

庭にクリスマスツリーの飾りつけがしてある木がありました。
カフウは「かわいい!!」と大喜びでした。
そのうち自分も何かを飾りたいと言い、天使の絵を描いて、それを切って、オーナメントを作りました。
一緒に飾らせていただきました。
2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+021_convert_20101230225611

ライブ後はおうちの中でおしゃべりタイム。
暖かい栗ぜんざいをご用意してくれてあって、ライブで冷え切った体が一気に温まりました。
栗は近くの山の栗だそうです。
子どもたちは「おかわり~」の大合唱でした。

そして夜はとしこさんの娘さんのお宅へ。

としこさんの娘さんは直哉と同級生でした。
子どもたちもうちの二人の娘と歳が近く、最初は照れくさそうにしていましたが、すぐに打ち解けていました。

ハネイは一緒にお風呂に入ると言って駄々をこね、二人の男の子たちと楽しそうにお風呂に消えていきました。
ハネイがオムツを脱ぐと、お兄ちゃんが「ちんちんない!!」とびっくりしていました。
ずっと男の子と思って一緒に遊んでいたようです。大爆笑してしまいました。

翌日は、幼稚園に一緒についていくほどの仲良しになりました。
屋久島にも遊びに来てね~

そして鹿児島空港でとしこさんとお別れしました。
ちょっとウルっときてしまいました。

鹿児島でお世話してくださった皆様、ほんとうにありがとうございます。
今後のツアーがとっても楽しみになるような、最高のスタートになりました。

次は東京へ移動です。
久々の東京。想像もつきません。。。

東京編はまた後日。


私たちは年末年始は直哉の実家、北海道で過ごします。
昨日、今日と雪が降り、外は真っ白の世界です。
美しい。。。

たかえ

2010・・1蜀ャ繝・い繝シ+114_convert_20101230225704
2010年 どうもありがとうございます 
みなさま、よいお年を!

スポンサーサイト
comment 6 trackback 0
12.05
Sun
北海道でのツアーの詳細が決まりました。

ご報告です。
2011冬ツアー日程詳細札幌編jpeg
チラシの中で1/28(土)とありますが、正しくは1/29(土)です。
ご迷惑をおかけして申し訳ございません。よろしくお願いします。

1/9の桜木紫野さんピアノとのクリスタルボウルコラボレーションは参加費の中に1ドリンクついています!
1/16は通常の玉磨きワークショップ&クリスタルボウル演奏です。
両日ともに開催はあじと2。住所は札幌市中央区南9条西11 3-12です。

1/15は初めての小樽でのワークショップ!雑貨屋のdecember3さんのオーナーの妹さんがなんと屋久島にすんでいる作家の古居さんでした。最近出版の本
ご縁を頂き感謝です!

1/25は木のフルート作りをされている小野さん『Kocomatsu』での開催です。
今年完成したステンドグラスのある木の小屋は写真で見るだけでも、魅力的です!
当日のクリスタルボウルと木のラヴフルートとのセッションでは、屋久島の木でできたラブフルートの音色が聞けるかもしれません!

1/29は前回に引き続き円山のShuShuGarden。住所は札幌市中央区南1条西22丁目Zonビル内3階です。
またクリスタルボウル&クリスタルビーズアクセサリー アーティストの帆海さんがコラボレーションしてくれます。
磨いた屋久杉とあなたとの相性を見てくれて石を繋げてくれる帆海さんのセンスは、前回大好評でした。
今回はなんとこの日だけでなく、1/15、16、25、28とコラボーションしてくれます。
ビーズアクセサリーに忙しくないときは、クリスタルボウルも持ってきているのでダブルクリスタルボウルの演奏もあるかもしれません!
お楽しみに~

1/30の数秘術の五十嵐由家さんとのコラボーレンションもお楽しみに!
木工職人さんが作った木のお家で団欒しながらの一日。
おいしい手作りのお昼ご飯付きです。

2/5はニセコのドームハウスでの開催です。
雪に包まれてしんしんと磨きます。
またドームの中は不思議な反響音がアナタを包み込み、宇宙迷路の世界へご招待~

詳細はご連絡ください。












今回のワークショップではピースボール『玉』以外のピースウッドを沢山用意しました。

玉を磨く時はひたすら玉をイメージしながら磨いていくので、とても精神性が高く瞑想状態に近いものがあります。
玉以外のピースウッドは形の面白さや、不自然なんだけど自然のアートみたいな感じがして楽しく磨ける気がします。
玉磨きの方が修行っぽいノリなのかもしれません。。

今高尾の絵描き∀kikoの家にお邪魔しています。
今度の12月7日のイベントで∀kikoとは一緒にやらせてもらいます。
そのだんなノブヤが私達が泊まる部屋を用意してくれたんだけど、その部屋は暖房がなくて結構寒いんです。
けど屋久島の家でも普段はストーブ等つけずにただ、服を重ね着するだけで冬を乗り切っているというとノブヤは信じられん!!といって、なおやは修行好きなんだな~と言われました。
自分の中では修行の意味は全くなく、ただ着れば暖かいからな~みたいな感じだったのです。

みんなそれぞれ、楽しい事つらい事違うんだな~としみじみした瞬間でした。
荒削り1

荒削り2
comment 9 trackback 0
12.02
Thu
鹿児島でのワークショップを終え、無事に東京に上京して来ました。
鹿児島ではたくさんの暖かい接待を受け、本当にありがたい毎日でした。
この場をかりてお世話になった皆さん、どうもありがとうざいました!!!

札幌でのワークショップ&クリスタルボウルライヴのスケジュールが決まってました。

まずは新春第一弾
1/9 『チキでき あじと2』にち
即興ピアニストの桜木紫野さんとのクリスタルボウルコラボレーションです。

紫野さんのホームページも会わせてご覧下さいね。
銀河の海原から降りてくるメッセージをピアノの音にのせて。。

参加費には1ドリンクがついています。
素材にこだわったおいしい料理が食べられます。
ディナーのご注文は17時までにどうぞ!

2011/1/9紫野さんコラボ新jpeg

comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。