FC2ブログ
05.11
Tue
2010,5,21,永田OHANA CAFE『∀KIKO 屋久島個展vol2』にて、オープニングライブとしてクリスタルボウルの演奏をさせて頂きます。よかったら永田までサンセットライブにお越し下さい。入場料はもちろん無料です。
屋久島個展フライヤー
今回は東京高尾のDJ NOBUYAとのセッション。おととし東京へ玉磨き&クリスタルボウルのツアーに行った時にDJをやって頂きました。是非この機会にナイスセンス!の音を聞きにきて下さい。

∀KIKOさんは屋久島に引っ越す前に、東京で知り合った絵描きさん。
何だかご縁を感じて、屋久島に来てからもなんとなく繋がっていました。
ワークショップのツアーで東京に行った時に、自宅&アトリエのある高尾にお邪魔しました。
ちょうど夏至の頃。
富士山でワールドピース&プレイヤーズデイ『WPPD』という祈りのイベントに、∀KIKOさんとその友だちに連れて行ってもらいました。
みんなで手を繋ぎ、輪になって祈る。
輪の真ん中には火が焚かれ、みんなの祈りが火とともに宇宙に昇っていく。
一体感。。一丸。。共鳴。。愛。。

始めての感覚にとても感動して、屋久島に帰ってきてから友だちと屋久島レインボープレイヤーズを立ち上げました。屋久島でもみんなと祈りたい!
「上のフライヤーの写真はその時の写真」
屋久島レインボープレイヤーズは虹の祈り手という意味。
2009年の春分の日の開催。
屋久島で∀KIKOさんとNOBUYAと再会。
そしてこの時焚かれた火の灰を、∀KIKOさんはニューヨークのグラウンドゼロまで運んでくれたのです。

そして直後の4/20うちのよめさんたかえの誕生日に、∀KIKOさんの愛オオカミ犬が出産。
そのうちの一匹が永田のご近所さんの舞踏家虫丸さんのところに引き取られました。
今回の屋久島個展2にはこのオオカミ犬も一緒に来るので、久しぶりのオオカミ犬の親子の再会にワクワクしています。

∀KIKOさん&NOBUYAの出身は北海道の余市。
私も北海道。
話をしていたら意外というか『必然』なシンクロが発覚。
私の住む永田集落の新町に祭られている神社は天之御中主神社。「あめのみなかぬしジンジャ」
この神社のご神体は永田岳手前にあるローソク岩です。
そして、余市のシンボルは海にあるローソク岩だったのです。
ローソク岩繋がり。。
永田に移住してきたのは、この永田岳に強烈に惹かれたからでした。

そしてもう一つ。
私の父方のおばあちゃんも、昔余市に住んでいたことが最近発覚。
同じルーツでした。
そしておばあちゃんが余市から札幌に移り住んだある日、突然目が痛くなって日に日にその痛みが酷くなっていく。
医者に診てもらっても原因不明の一点張りで、このままいくと失明すると言われた。
知り合いの祈祷師の方にみてもらうと、余市から引っ越す時に一緒に連れてきた神様の掛け軸がどこかに粗末にされているから探し出してきちんと掛けなさいと。
そんな存在を忘れていたおばあちゃんは、はっとして急いで掛け軸を探し出し掛けた。
その後おばあちゃんは視力を取り戻し元気になった!
その掛け軸に描かれている神様はなんと『天之御中主の神』だった。。なんとなんとシンクロハーモニー!

古事記で一番最初に出てくる神様で宇宙神ともいわれ、目に関係する神様とも言われています。
屋久島にはたくさんの神社があるけど、天之御中主大神を祭っている神社はここだけ。
神様私たちをここに呼んでくれて、ありがとうございます!!!




前置きが長くなりました。。
この絵はレインボープレイヤーズの時に屋久島の絵描き、晶子、ひろこ、和歌子との4人でライブペインティングした作品です。
∀KIKO個展3

∀KIKO個展4


過去の原画作品です。
∀KIKO個展2


屋久島に来る前に出会った原画。
この精霊たちに惹かれました。
∀KIKO個展1


屋久島のここ永田に呼ばれた絵。
∀KIKO個展




永田のOHANA CAFEは海のロケーションが最高のカフェ。
オハナカフェのくみちゃんは、永田に来る前は湯泊のグリーシャワーでお店をやっていました。
くみちゃんの人柄や心意気が表れていて全ての料理が、とてもおいしいです!!!
∀KIKO個展5

サンセットのお食事タイム。
∀KIKO個展6


素敵な絵、素敵な食事に素敵な音楽。
是非遊びに来て下さい!!!
個展は5/21から5/25まで開催中です~
私も新作を見るのが今から楽しみです!!

なーや

comment 2 trackback 0
05.07
Fri
やっと田植えが終わりました~最後はオーラソーマのセッションを受けてくれた友だちとともに、田んぼの片隅に渦巻きに田植え。
2010年は4月20日に始めて約2週間かかりました。
田植え完8
田植え中は、この低さからいつも田んぼを眺めます。


なぜ、稲を田んぼに渦巻き型に植えるのか?
それは開国直後の明治時代の田んぼに渦巻きが写っている写真集を、昔どこかの本屋さんで見たからです。
それには渦巻きに植えるのには米農家の方々の感謝や、実りの祈りを表していると書いてありました。

中心があってそこからぐるぐる回っていくのか?
それとも円をたくさん作っていくのか?
だいぶ昔に見たので少し記憶があいまい。。
とりあえず今回は、陽エネルギー回転の右回りで植えてみました。
田植え完1
やす&かな、ありがとう!!


2週間前に一本植えした田んぼの稲。
たくましく太く育っています。
屋久島はだいぶ暖かいというか、暑い日が続いていて昼間田んぼの水は温泉状態に。
この昼間の暖かい温水プールと、夜流れてくる川の冷た~い水でおいしいお米ができます。
田植え完5


田んぼをよく見ると、あっっ枯れている。。
元々弱かった苗は自然と枯れていってしまいます。
田植え完4


そして、張られた水に苗が水没してしまうと光合成できなくてやはり枯れてしまいます。
田植え完7


田植えが終わったあとは、なくなったところに苗を植えなおします。
補植です。
そういう意味では、まだまだ田植えは終わっていません。。



植え付けが甘くて、泥から出てしまった苗もあります。
こういう苗はまだ生きているので、またそのまま植えなおします。
田植え完6


いろいろな生き物たちとも出会えます。
小ちゃいゲンゴロウ。かわいい~
田植え完3



ちょうどユキノシタの花の季節。
こないだは天ぷらを頂き、今は花を楽しませてくれる。
きれい。
田植え完


きれいな花を見つけると、カフウはフラワーエッセンス作りに夢中。
よく花摘みして子どもたち専用の神棚に花をいけています。
田植え完2


連休中全く雨が降らず、きもちのいい天気が続きました。
今日は久しぶりの雨、腰を休めます~~

なーや

comment 0 trackback 0
back-to-top